2021.11.29 新型コロナウィルス事情


 今、
日本の新型コロナウィルス感染者数は、
世界中から驚かれるほど、
少ない状態を保っている。
 奇蹟的だ。

 と言うのも、
最近一週間の、新規感染者数を
世界の各国と比較をすると、
211129a.png
となって、
日本の感染者数の少なさが、
実感出来る。


 で、
今の状態になったのは、
「菅義偉」前首相のお陰だと、
私は、評価している。

 と言うことで、
新型コロナウィルス対策
に限っての、
歴代の首相への、
私の評価を書いておく。

 あくまでも、
新型コロナウィルス対策に付いてで、
私の、偏見と独断での評価なので、
気に入らない人は、
無視してください。


「安倍晋三」元首相は、
経済対策「アベノミクス」推進が、
何よりも重要と考えていて、
大企業ベッタリの政策を採り、
人流や物流を制限すれば、
経済の発展を損なう、
と言うことを基本に置いた、
新型コロナウィルス対策を
採った。

 だから、
大企業や、取り巻きや、
保守的な人たちには、
良い首相だったことだろう。

 なお、
首相個人としては、
・アベノマスク、
・学校の、全国一斉閉鎖、
などの、
意味の無いパフォーマンスが、
多かった。

 アベノマスクに付いては、
布マスクのウィルス防御効果は、
非常に低い、
と言われているのに、
国民の税金を、2000億円も
遣ってだ。

 また、学校の一斉閉鎖も、
保育園や幼稚園、放課後教室、
などはそのままで、
矛盾する施策を、
如何にも、良い施策と、
主張するだけだった。


 次の、「菅義偉」前首相は、
発信力が低過ぎて、
一般的には評価されなかった、
気の毒な面が有る。

 また、
オリンピックの強行も、
イメージを悪くしたようだ。

 そして、
「安倍」前首相の
経済政策を継承した故に、
経済の停滞を避ける施策から、
抜け出せなかった。


 しかし、
「菅」内閣の、施策評価は、
50%をはるかに超えていて、
これと言う、失敗も無かった。

 そして、何よりも、
コロナワクチンの接種を、
全国規模で推進し、
それまでは、
世界から遅れを取っていた
ワクチン接種率を、
大いに高めたのは、
素晴らしい成果だったと思う。

 そのお陰で、
多くの人の命が救われたのは、
事実だろう。


 そして、今、
「岸田文雄」首相の、
コロナ対策のリーダーシップが
求められ、評価されようとしている。

 「岸田」首相は、
運の良い人だと思う。

 一時期は、
「終わった人」
と言われていたのに、
「菅」前首相の
不人気を受けての総裁選になり、
権力闘争の結果、
首相の座が、転がり込んで来た。

 おまけに、
オリンピックは終わっているし、
新型コロナウィルスも
落ち着いているし。

 そんな中、
新たな変異株「オミクロン」が、
南アフリカ共和国から、
世界に広がりつつある。

 それに対して、各国が、
入国禁止などの対策を採る中、
「岸田」首相は、
・外国人の入国については、
  11月30日午前0時より、
   全世界を対象に禁止する。
・日本人等については、
  南アフリカなど9カ国、および、
   感染が確認された
    14の国と地域から
     帰国する場合には、
  リスクに応じて、
   指定施設における
    厳格な隔離措置を実施する。
・この緊急措置は、一ヶ月間とする。
と、素早く、対策を発表した。

 この措置で、
経済の停滞、
外国人労働者の確保不足、
などの弊害も起きるだろうが、
第6波が来るのを、
抑えなきゃならない。

 だから、
これからも、
迅速、かつ、徹底した対策を、
お願いしたいものだ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント