復活!そして終活

アクセスカウンタ

zoom RSS <気になるニュース 「敵に塩を送る行為の是非」>

<<   作成日時 : 2008/08/18 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<気になるニュース 「敵に塩を送る行為の是非」>
 皆さんも、「敵に塩を送る」と言う言葉をお聞きになったことがあるだろう。
 この言葉が産まれた事例を紹介すると、
・戦国時代に、
・今川義元と同盟を結んでいた武田信玄は、
・今川氏を裏切り、東海地方へ進出しようとするが、
・怒った今川氏は、北条氏と協力し、武田領内へ塩を送らないようにし、
・甲斐(現在の山梨県)や信濃(長野県)が領土だった武田氏は、
 海が無かった為に塩を手に入れることが出来ず、武士も領民も困り果てたところ、
・武田信玄のライバルだった越後(新潟県)の上杉謙信が、
・越後から信濃へ塩を送り、武田氏とその領民を助けたのだそうで、
・このことから、「敵に塩を送る」の意味は、
 「敵対関係にある相手でも、苦しい立場にある時には助けてあげる」
 ことを言うようになった。
そうである。

 さて、今日のニュースの内容は、決して「敵に塩を送る」ような立派な行為ではなく、「塩を送って砂糖を貰った」ような行為である。
 と言うのも
・オーストラリア競泳チームコーチのケン・ウッド氏(78)は、
・コーチ歴40年のベテラン指導者であり、大変有能なコーチだったそうで、
・女子200mバタフライで世界記録を持つジェシカ・シッパー選手を育てるなどしたが、
・ストローク技術、ウエートトレーニング、食事法など極秘ノウハウを記したマニュアルを、
・友人である中国のコーチに高額で売り渡した為に、
・その指導法を取り入れた中国人選手の劉子歌選手(19)が世界記録を出して金メダルを穫り、
・ジェシカ・シッパー選手は銅メダルに終わった為に、
・オーストラリアでは、「裏切り行為」だと非難がわき起こっている。
そうな。


 それに対して、同コーチは、
・「大勢の他国選手も指導しているし、彼女を裏切ったつもりはない。
  国家チームコーチの給与は安いし、私にも生活がある」
・「彼ら(中国)は金に糸目を付けない。ビッグ・マネーだ。」
・「ジェシカに金を取ってほしかった。ほろ苦い思いだ」
と言っているそうな。


 この行為について、皆さんは、どう思われますか?
 私は、許されない行為だと思う。

 何故なら、選手を直接指導したのではなく、金儲けをしたからである。
 と言うのも、日本女子シンクロコーチだった井村雅代さんが中国チームのコーチに招聘され行ってしまった時も「裏切り行為」との声が挙がったが、これは許されるべき行為だと思う。何故なら、自分の生まれた国以外の選手を指導することは色々なスポーツで行われており、例えばフィギアスケートで金メダルを穫った荒川静香選手や浅田真央を指導したのはロシア人コーチで、それに対しては日本人もクレームを付けたりはしないからね。
 そうそう。日本人ペアに勝つスペインにも日本人コーチが付いていて力を上げさせているそうな。


 それにしても、色々なことが有るオリンピックだわさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<気になるニュース 「敵に塩を送る行為の是非」> 復活!そして終活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる