アクセスカウンタ

復活!そして終活

プロフィール

ブログ名
復活!そして終活
ブログ紹介
毎日、更新します。ご愛読ください。

zoom RSS

2018.11.14 マスクの着用効果

2018/11/14 22:39
画像


 私、秋の終わり頃から、マスクを着用することが多い。

 その理由は、
1)風邪やインフルエンザを防ぐ為、
2)顔を隠す為、変装の為、
3)マスクをするのが、何故か好き、
なのである。
 本当は、夏でもマスクをしていたいのだけど、夏にマスクをすると、口や鼻の周りが汗だらけになるから、我慢しているんだけどね。


 昔は、マスクと言えばガーゼ布地だったけど、今は、不織布のマスクが主流で、とても安く手に入るので有り難いねえ。

 さて、そのマスクをして、帽子を被り、ドラッグ&フード店に入ったら、通路で、小学生中学年の知り合いの女の子に出会った。
 すると、その女の子は、私を見てニヤッと笑って、その後、照れ臭かったのか、可笑しかったのか、身体をクニャクニャと動かしたのである。
 私だと、直ぐに分かったんだよね。


 ところが、次の通路で、その母親と妹に出会っても、母親は私と気付かず、私が近くに行って横に立ったら、
「何? この変なオヤジ!」
と言う目で睨み付けて、暫くして、やっとのことで気付いたんだよね。


 人間、顔をマスクで隠していても、体系とか全体の雰囲気とかで、結構分かるものなんだけど、
・この母親の識別能力が、
 普通の人よりも弱かったから分からなかったのか?
・子どもの方が、大人より人の特徴などを捉える、
 識別能力が強いからか?
だろうかね?


 ところで、話が変わるが、
・二重で、
・形も良く、
・白目の部分が濁ってなくて、
目が凄く綺麗な、マスク美人って居るよね。


 名前は出せないけど、或る施設で接客している女性が、凄いマスク美人で、何とかマスクを外した顔を見たくて仕方が無かったんだよね。
 その念願が叶って、この度、マスク無しの顔を見ることが出来たんだよね。


 中断
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.13 メールのトラブルと種類

2018/11/13 23:31
 手が離せない時に、かみさんから、
「貴方にメールを送りたいのに送れない。」
とのお怒りの電話が入った。
 忙しいのに、かなんなあ(かなわんなあ)。


 で、家に帰ってかみさんの携帯電話を調べたら、メールが送れなかった責任(理由)の、
・半分は私に有り、
・半分はかみさんに有る、
状態だった。


 と言うのも、私は、
・最近、メールソフトを使うのが邪魔臭くて、
・ついつい「SMS(ショートメッセージサービス)」で、
 かみさんに連絡することが続いていた。
のである。


 すると、
・かみさんの携帯電話のメールメニューの、
・受信履歴に、私の名前が表示されるのだが、
・普通のメールも、SMSも、一緒くたに表示されていて、
・かみさんは、私にメールを送る時に、
 受信履歴の私からのSMS履歴を選んで送ろうとして、
・SMSのアドレスは、メールアドレスではなくて電話番号なので、
 メールソフトでは、電話番号アドレスにメールが送れなかった。
・電話番号アドレスにメールを送れるのは、SMSメールだけ。
なのである。


 だから、今回のトラブルでも、しっかり受信履歴を見ると、私の名前の前に「SMS」のマークが入っているので、それを避けて、
・メールソフト用の受信履歴を選ぶか、
・受信履歴でなく送信履歴を選ぶか、
・アドレス帳(電話帳)から私のメールアドレスを選ぶか、
すれば、ちゃんとメールを送れたのである。


 それをかみさんに教えたら、
「だって、普段は眼鏡を掛けていないから、
 そんなSMSのマークなんて見えなかったし。」
といじけていた。
 いじけるのも若い女の子だと可愛いが、60歳を越えた婆さんがいじけてもねえ。


 上に書いたことを、具体的に書くと、私は、スマートフォンは「富士通」の「アローズ」と言う機種を使っているのだが、
・OS(基本ソフト)が「アンドロイド(Android)」なので、
・最初から、「Gmail」ソフトがプリインストールされていて、
 それで、パソコンやタブレットと同じメールアドレスで
 メールの送受信が出来るのだが、
・富士通の「NX!メール」と言うメールソフトがプリインストールされてて、
 それにも「Gmail」アドレスを登録したものだから、
・メールが入ると、「Gmail」も「NX!メール」も受信し、
 チャリン、チャリンと、2つのメールソフトから受診を知らせるアラームが五月蠅くて、
 最近、SMSを多用している
のである。


 ただ、今回のトラブルを踏まえ、「NX!メール」に登録した「Gmail」アカウントを削除したので、今後は、「Gmail」ソフトだけが動くから、静かになります。
 そして、メールアドレスを交換していない人とだけ、SMSでやり取りします。



 こんなトラブルが有ったので、参考までに、メールの種類を説明しておこうと思う。

 次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/mail/mail-syurui-181113.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.12 ゴボウ(牛蒡)掘り

2018/11/12 22:29
画像


 今日は、ゴボウの収穫を行なった。

 野菜の収穫の中で大変なのは、「ゴボウ掘り」だね。
 と言うのも、
・掘る土の深さが足りずに、無理矢理抜こうとすると、
 途中で千切れてしまう。
・スコップなどの刃先を入れる方向を間違えると、
 ゴボウを途中でちょん切ることになる。
・土を深く掘るのは、単純に重労働。
だからである。


 そこで、「ゴボウ掘り」をインターネットで検索したら、写真の「複式ショベル(シャベル)」が載っているではないか。
 私、これを買って持っているんだけど、まさか、これを「ゴボウ掘り」に使う発想は無かったから、ちょっと吃驚したね。


 で、早速、「複式ショベル」を使ってみた。
 確かに、深く穴を掘ることは、この「複式ショベル」で可能だ。

 しかし、
・差し込んで、
・締め付けて土を挟み、
・土を持ち上げる、
作業を繰り返すのは大変だし、能率が悪いので、1本のゴボウを掘るのに15分以上掛かる。
 使い物にならない。

 そんなわけで、結局は、毎年のごとく、普通のショベル(スコップ)を使って掘った。


 さて、結果だが、かみさんが、
「未熟堆肥などが有ると、黒くなったり腐ったりするけど、
 今年はそれが1本も無く、綺麗なゴボウが穫れて嬉しい。」
と言う。

 また、
「上手に、速く掘れましたねえ。
 私は、折れたり千切れたりせずに掘ることが出来ないし、
 1本掘るのに、15分ほど掛かるかも知れないから。」
と褒める。
 褒め殺しだ。


 夜、早速、「きんぴらごぼう」が食卓に出て来た。
 美味しかった。
 良かった。



 因みに、
・第二次世界大戦(太平洋戦争)中、
・日本で収容されていた外国人捕虜に、
 「ゴボウ」を食事に出したことが有ったのだが、
・戦争が終わって戦争犯罪裁判が行われた時、
 「ゴボウ」を木の根っこだと思われ、
 捕虜虐待でB級戦犯とされた。
ことが有るそうな。
 真偽の程は不明だが。


 ついでに、もう1つ。
 「ショベル(シャベル)」と「スコップ」の違いを書いておく。

1)語源の違いから
・「ショベル」は、英語の「shovel」から、
・「スコップ」は、オランダ語の「schop」から、
からだそうな。

2)JIS規格による形状の違いから
・「ショベル」は、上部が平らで、足を掛けて踏み込める物、
・「スコップ」は、上部が丸みを帯び、足を掛けられない物、
だそうな。

3)大きさの違いから
関東では
・「ショベル」は、小さい物、
・「スコップ」は、大きい物、
だそうで、
関西では、
・「ショベル」は、大きな物、
・「スコップ」は、小さな物、
だそうな。
 全く逆ではないか。

 以上、参考に。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.11 グラウンドゴルフ大会

2018/11/11 22:19
 我が町は、大雑把に言うと、
・山間部、
・中山間部、
・商業部、
・漁村部、
の4つの地域に別れているが、私は、中山間部に住んでいる。


 その中山間部地域の住人中心で編成している、グラウンドゴルフ同好会の事務局長が言い出しっぺで、同好会主催のグラウンドゴルフ大会を行なうことになった。

 経費や日程の調節などの関係で、会長や理事長などもあまり乗り気ではなかったが、日頃、同好会の運営は事務局長の尽力に負うことが多いので、事務局長の希望を尊重し、大会を開催することにした。


 そんなわけで、
・私は、大会要項や区長依頼文書などを作ったし、
・会長は、区長会に参加者募集呼び掛けのお願いに行ってくれたし、
・理事長は、運営の準備をしてくれたし、
・事務局長は、成績表や参加者の取り纏めをしてくれたし、
・会員たちも、参加賞などの買い出し、コース作りなどに協力、
してくれ、今日の大会は、とてもスムーズに完了した。
 みんなのボランティア精神に感謝と感心。

 また、最初は反対していた会長たちも、大会をやると決めたら献身的に動いてくれるので、その行動力にも感心した。


 大会は大成功だったし、参加者も楽しんでくれていたので、やって良かったのだけど、念願の大会が成功したので、事務局長が、安心と満足と達成感で、燃え尽き症候群になりはしないかと、数人で、密かに心配しているところだ。

 ちょっと心配になった私は、今日が、週一回の我が家の「コンビニおでんデー」だったので、ついでに事務局長の分も買って来て持って行って、様子を見てみた。
 すると、今日の大会の成績を纏めていて、とても元気だったので安心した。
 こんな言い方をすると失礼だが、この事務局長に元気でいてもらうには、グラウンドゴルフの仕事を、どんどん押し付ける方が良いみたいだね。


 その事務局長が、私の為に怒ってくれていた。
 と言うのも、私と同じ成績の人が、私を含めて5人居たそうだが、私はホールインワンを1回も達成していなくてその成績だが、残りの4人はホールインワンを達成して、総打数から3打数差し引いてその成績になっているそうで、順位を付けると、私が5人の中で、一番ビリになるからだ。

 事務局長は、この
「ホールインワンを1回する度に総打数から3打数引く。」
「同じ点数の時は、ホールインワンをした人を上位とする。」
と言う、グラウンドゴルフ特有のルールが大嫌いで、
「ホールインワンをしなくても63打だったあんたの内容が一番良いのに、
 順位を付けると、5人の中で、あんたが一番下になる。
 わしは、どうしても納得出来ん。」
と怒っているのだ。

 それに対して、私は、
「それがルールやから仕方無いやん。
 ホールインワンを出来ない私が悪いんやし。」
と言っておいた。

 まあ、怒る元気が有るから、コロリとは行かないだろう。(苦笑)


 それにしても吃驚(ビックリ)したのは、参加してくれた小学生中学年の2人とか、初めてグラウンドゴルフをやった女性2人とかが、何故かホールインワンを達成していること。
 未経験の4人がホールインワンを達成してしているのに、吃驚。
 欲を出さずに、無心で打ったのが良かったのかな?


 それに対して、経験豊富な私がホールインワンを出来ないのは、やっぱり短めにしかボールを打てない自分が悪いんだわ。
 「届かなければホールインワンを出来ないんだから、強く打とう。」
と思いながらクラブ(スティック)を振るんだけど、クラブがボールに当たる瞬間、力を緩めて距離を調整してしまうんだよね。
 それが、身体に染み付いているんだよね。
 だから、事務局長、自業自得ですって。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.10 外孫たちの活躍

2018/11/10 22:06
画像



 今日は、「ジャイアンツカップ」と言う野球大会の地区予選。

 中学校1年生なのに、打撃を買われて、新人大会でもレギュラーで出場していた外孫2号だが、
「来年の4月まで、公式戦は無いので寂しいなあ。」
と思ていたら、「ジャイアンツカップ」が有ると言う。
 それを聞いて、嬉しくて、一週間前から楽しみにしていた、私たち祖父さん祖母さんだ。


 で、外孫2号は、
・ランナー2塁の時に、バッターボックスに立ち、
・絶妙のバントを1塁側に転がしたら、
・ピッチャーがボールを捕って3塁に投げ、
 フィルダーチョイスエラーで、3塁も1塁もセーフ、
・次に3塁ランナーが3本間に挟まれた時、
 外孫2号は俊足を生かして3塁まで到達、
・そして、センター前のポテンヒットで、
 逆転のホームベースを踏んだ。
のである。
 外孫2号は、本当に野球センスが有るわあ。


 残念ながら、
「これが捕れていたら。」
と言うフライが2つ捕れなくて、逆転負けしてしまったが、それも勝負なので、仕方が無いよね。


 次は、外孫1号。
 「学力は高いけど、スポーツ面は今一。」
と思っていた外孫1号。


 しかし、中学校時代から続けて来た卓球で、県新人大会に出場。
 団体戦の選手には選ばれなかったが、
・個人戦ダブルスでは、3回戦まで進み、敗退。
・個人戦シングルスでは、2回戦を突破し、
 明日、3回戦に出場する。
らしい。


 これは、外孫1号には失礼だけど、思い掛けない嬉しいお知らせだったなあ。
 明日の健闘を祈ります。


 残念なのは、外孫1号のプレーする姿を、1回もちゃんと観たことが無いことだ。
 一度で良いから観てみたいなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.09 終活でモクレン伐採

2018/11/09 23:22
画像



 10月の終わりに、母屋の前に有った「蜂屋柿(角バチ柿)」を切り倒した。
 私たちが居なくなったら、管理に持て余すだろうと思い、切り倒してしまった。
 昔から有ったし、家の前を大改造する時も残した柿なのに。
 心が痛んだね。


 そして、今日、同じ理由で、「モクレン(木蓮)」を切り倒した。
 ピンクと白の大きな花弁で、とても鮮やかに綺麗に咲くので、集落内に住んでいた中国人の女の子たちが、入れ替わりに花の横にポーズを取って写真を撮り合っていた「モクレン」だ。
 これを切るのも、とても残念だった。


 しかし、
「放っておくと、凄い大木になって手に負えなくなるので、
 息子たちの為に、今の内に切っておきましょう。」
とかみさんが言うので、切ることに。
 仰るとおりだものね。


 で、今回も、チェンソーで切ったのだが、森林組合作業員さんみたいに、良い腕と馬力の有る良いチェンソーを持っていないので、今回も苦労した。
 結果、今回も、
・首の裏の筋、
・両肩の筋肉、
を痛め、頭痛が。
 そんなに弱い体ではないのだが、やっぱり老化の所為?


 おまけに、今日は、左腕の手首まで痛めてしまった。
 罰が当たったのかな?
 生きている物を切り倒すのだから、それも仕方が無いかもね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.08 サツマイモ掘り

2018/11/08 23:08
画像


 私や娘や息子の母校であり、今は、内孫2人が通っている小学校は、学校農園を持っていて、そこで、
・ジャガイモ、
・カボチャ、
・トウモロコシ、
・トマト、
・サツマイモ、
などを育てていて、今年最後の収穫になった「サツマイモ」の収穫が行なわれた。


 で、この小学校や保育園に、田んぼや畑を貸してやって、田植え体験や芋ほり体験をさせている、ボランティア精神旺盛な人から誘われて、私も、サツマイモ掘りのお手伝いに出掛けた。
 それまでに、子どもたちが畑に来易いように、周りの草刈りをしてやってたんだけど。


 昔のことを言っても仕方が無いが、私の子どもの頃は、1学年で60〜70人ほど居たのに、今は、全校生徒でその程度の人数なので、悲しいことだ。
 でも、今年は、新入生の数が多くて、19名居るそうで、それに合わせてか、今年は、サツマイモの収穫量も驚くほど多くて、吃驚。


 加えて、1本1本の大きくて太いこと。
 まあ、大き過ぎると、料理などで扱い難い面も有るのだが、子どもたちは、大きい芋だと大喜びするからね。
 良かったです。


 私も、一年間、草刈りなどのボランティアに頑張って、報われた気持ちになったね。
 来年も、お手伝いしようっと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.07 かみさんの不調(2)

2018/11/07 22:20
 一日に数回、動けなくなるほどの体調不良を起こすかみさん。
 Sドクターの経営されているクリニックを受診して、総合病院に紹介状を書いてもらった。

 そして、総合病院に行って、
・心電図、
・心エコー検査、
・レントゲン、
・血液検査、
などを受けて来た。


 結果、心臓には、何の異常も無かったそうな。
 何じゃ、そりゃー!
 てっきり、心臓に何らかの問題が有ると思っていたからね。


 でも、異常が無かったと言うことは、喜ばしいことなんだよね。
 だから、ホッとすべきことなんだよね。


 しかし、私は、ちょっと戸惑っている。
 と言うのも、身体的に問題が無いとなると、
「精神的なストレスが原因」、
と言うことになるではないか。
 それも困るんだよね。
 と言うのも、身体的な異常だと、それに対する処方も見付かるだろうけど、精神的なトラブルには、即効的な処方が無いからね。


 私も、出来るだけのサポートをするつもりだが、長期戦だね。

 ところで、昔、かみさんが受けた追突事故の後遺症で、骨髄液が漏れているなんて特殊なことはないだろうね。
 これは、テレビからの受け売りだけど。

 ああ、悩ましい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.06 カニ漁解禁セイコガニ

2018/11/06 23:06
画像


 今日は、日本海のズワイガニとセイコガニの漁解禁日。

 と言うことで、今年も、義弟(私の妹の夫)から、20杯のセイコガニを貰った。
 1杯1,000円はするだろうに、有り難いことだ。


 何で義弟がセイコガニをくれるかだが、義弟は漁業関係の会社を経営しており、漁師さんとの付き合いが有るので、
「所縁の有る人に旬の物を食べてもらおう。」
と、漁師さんから買ってプレゼントしてくれるのだが、付き合いが広いので物凄い数になり、出費も大きいと思う。


 それについて、義弟は、
「大変やけど、
  ”これが出来る間は、会社は大丈夫なんやな。”
 と思ってほしい。」
と笑っている。
 太っ腹だ。


 で、貰った20杯を、娘の嫁ぎ先や息子親子、親戚などにお裾分けしたら、3杯だけ残った。
 我が家は3人なので、3杯だけで充分なんだけど。
 或る親戚では、毎年、我が家からセイコガニが届くので、外に出ている息子が、この夜はセイコガニを食べに帰って来るとか。
 それも良いでしょう。


 その1杯を解体し、食べ易くして姉に食べさせた。
 だんだん上手になっている気がする。
 そして、私も頂くことに。
 やっぱり、内子(未成熟な卵・卵巣)が、本当に美味しい。
 感謝。


 なお、セイコガニのまとめのページを作っているので、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gourmet/kani/seikogani.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.05 かみさんの不調

2018/11/05 22:25
 かみさんが、一日に数回、動くことも出来ないほどのしんどさに襲われて、苦しんでいる。

 また、自分で作った食事の味がしないと言って、食べ残すことも多い。
 食べないので、体力が下がり、ますますしんどくなっている。
 悪循環だ。


 そこで、私の主治医になっていただいているSドクターの経営されているクリニックに、半強制的に連れて行った。
 私の素人見立てで、
「心臓が悪いのではないか?」
と思ってのことだ。

 実は、40歳前後の頃、私は狭心症を患い、指1本を動かすのもしんどい経験をして、ニトログリセリンを常時携帯していたことが有るので、その状況に似ていると思うのだ。


 で、Sドクターの診察を受け、
・レントゲン、
・心電図、
・血液検査、
・尿検査、
を受け、心電図の波形に気になるところが有ったので、紹介状を書いてもらい、明日、総合病院で循環器の検査を受けることになった。


 まあ、姉の世話などからのストレスも有るのかも知れないが、それは我慢してもらうしか無い。
 何せ、姉が女性なので、かみさんに頼らざるを得ないことが多いからね。
 その代わり、私も、出来るだけの手助けをしているつもりだし。


 それにしても、家の中に体調不良の人間が居ると言うことは、とてもしんどいことだねえ。
 やっぱり何よりも健康が一番だわ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.05 「がん消滅の罠」ネタバレ完成

2018/11/05 17:11

 見出しのネタバレを完成させたので、呼んでください。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/gan-syometu/gan-syoumetu-wana.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.04 がん消滅の罠

2018/11/04 23:02
 数ある文学賞の中に、「このミステリーがすごい大賞」と言うものが有る。

 この文学賞は、
・「宝島社」が主催し、
・大賞作品には、1,200万円、
 優秀賞作品には、200万円、
・「賞をとれなくても作品にしたい」と言う「隠し玉」の宝島社賞、
が与えられる。

 受賞作品の中には、映画化された物も多い。


 その「このミステリーがすごい」大賞や優秀賞を、全部読み切ってやろうと言う気持ちになって、折に触れて読んでいるが、今回は、
・第15回(2016年)大賞、
・岩木一麻氏著作、
・「がん消滅の罠」
を読んでみた。


 今回の小説は、かなり複雑で、単純に人を騙すだけの内容ではない。
 それを紹介しようと思う。


 では、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/gan-syometu/gan-syoumetu-wana.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.03 久し振りのランチデート

2018/11/03 22:31
 昨日の夜、かみさん公認のガールフレンドから、
「明日は、何も予定が無いので、
 ランチデートお願い出来ますか?」
とのLINEトークが入って来た。


 で、かみさんに、
「行っても良いかなあ?」
と聞いたら、
「どうぞ、お好きに。」
と言う。
 加えて、
「ピーマンと蕪(かぶ・かぶら)を持って行ってあげたら?」
と言う。
 心の広いことで。


 そんなわけで、今日の12時から、イタリアンレストランでランチした。
 店の人も、私たち不思議なカップルのことを良く知っているので、オーナーの奥さんが、
「いつもの席、空いてますからどうぞ。」
と言う。
 面映ゆい(照れ臭い)感じだ。


 結果、解散したのは、何と16時30分。
 ほぼ4時間30分もの間、話し続けていたことに。
 いつも長居して、ご免なさい。


 その間に飲食したのは、
・私だけは、ノンアルコールビール、
・二人共なのは、
  サラダ、
  パスタ、
  スウィーツ、
  コーヒー2杯、
と言うもの。


 で、何の話をするかと言うと、殆どが家族のことだ。
 ほぼ、それだけ。


 今日聞いてビックリしたのは、ガールフレンドの娘さん(高校2年生)が、
・中学2年生から、
・母親の実家で、
・エンジン式草刈機で田んぼの畝の草刈りをしていて、
・今の娘さんの願いは、
  「自分専用の新しい草刈機を買ってもらうこと」
なんだそうだ。


 因みに、この娘さん、ツアーや団体ではなく、たった一人で海外旅行に行ったりする行動力を持っている、スーパーガールで感心するねえ。

 今度は、その娘さんを交えて、ランチすることになった。
 楽しみだ。


 いっちゃんのお誘いも、待ってます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.02 インタネット小技集

2018/11/02 23:21
 ちょっと切っ掛けが有ったので、インターネットを楽に楽しめるようにする小技集を作ってみた。

 殆どが、基本中の基本なので、多くの人は知っているかも知れないが、初めて知る人が居たら、役立てて幸いである。

 では、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/ITAV/Internet-kowaza/Internet-kowaza-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.01 日本シリーズが凄い

2018/11/02 00:26
 私、プロ野球ファンには申し訳ないが、一年間のリーグ戦は、全くテレビ観戦をしない。ましてや、球場に行くことも無い。
 娯楽が少なく、スポーツの選択肢も少なかった子どもの頃や青年の頃は、熱心なプロ野球ファンだったけど。


 とは言っても、野球ファンであることには間違いない。
 外孫2号の野球での活躍も、孫が出場するからでもあるが、野球だから熱心に応援すると言う面も有る。
 高校野球は、県内の大会なら球場へも行くし、甲子園には何度も行ったほどだ。


 では何で、日本のプロ野球はテレビ観戦しないかだが、テレビの前に、座りっ放しで観たくなるほどの魅力を、試合の中で感じないからである。
 ただ、アメリカのメジャーリーグなら観るかと言うとそうでもなく、「大谷翔平」選手が出て来る場面のつまみ食いで観るが、一試合全部を見続けることは無いから、プロの野球そのものに、一試合全部を見続けるほどの魅力を感じないからだろう。


 そんな私が、今年の日本シリーズは、一所懸命に観続けている。
 面白いのである。
 野球と言うスポーツの魅力を、こんなにも見事に伝えてくれる試合は、なかなか無いものだが、それが、今日までの5試合で続いている。


 面白くさせているのは、如何にもプロ選手らしい力量で、
・出て来るピッチャーが、素晴らしい。
 先発、中継ぎ、抑え、と役割は違えど、必死のピッチングを見せてくれる。
・それに対して、バッターも、素晴らしい。
 自分の持てる技術を駆使して、打ち返す。
 一年間のリーグ戦で4本しかホームランを打っていない選手が、
 この日本シリーズで、既に2本もホームランを打っている。
 アドレナリンの分泌物が高まるからかな。
・守りも良い。
 素晴らしいバックホームや連係プレーで、ホーム寸前のランナーを刺す。思わず声が出る。
 キャッチャの送球も見事で、2塁への盗塁を許さない強肩は、感動ものだ。
 難しいヒット性の打球を、ギリギリで捌いてアウトにする。凄い。
・両チームの監督の采配も面白い。
 投手交代の成功や失敗に、監督業の大変さを思う。
などなどなどなど。


 リーグ戦は、一年間に143試合も行なうので、時には負けが大きくて捨てる試合も有るだろう。
 しかし、日本シリーズでは、一試合一試合が大切で、どの試合も疎かに出来ない必死さが、素晴らしいプレーを生み出すんだろうね。


 先に4勝した方が日本一となるのだが、今日の試合で、
広島カープ1勝−福岡ソフトバンク3勝
となり、ソフトバンクが日本一に王手を掛けた。
 が、出来れば、今度の土日の試合で広島カープが2連勝し、3勝−3勝同士になって、とことん楽しませてほしいものだ。


 そんなわけで、久し振りに、
「プロ野球も面白いなあ。」
と感じた私で、思わず、こんな日記(ブログ)になりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.31 後頭部の痛み

2018/10/31 22:18
画像


 後頭部が、重く痛い。
 風邪の最悪期でも、頭痛はしなかったのに。


 私、若い頃は、頭の中心や前頭部で、
「死ぬんじゃないか?」
と思うほどの頭痛が多かったのに、今は、一年に1度も頭痛を感じない年が有るほど、嬉しい体質になってしまった。
 また、片頭痛の持ち主だったのに、それも無くなった。

 これは、凄く楽だ。
 頭痛は辛いからね。


 そんな私が、昨日から、鈍痛に襲われている。
 頭の中ではなく、後頭部の、頭蓋骨を支える筋肉の付け根が、重く痛いのである。


 原因だが、自分で考えると、
・昨日の、角バチ(蜂屋)柿を切る時に、
・チェンソーで切り倒したのだが、
・とても硬かったので、
・チェンソーを操るのに、凄く力が必要で、
・腕と肩の筋肉を酷使した、
ことではないか、と思う。

 で、
・軽ければ、単なる肩凝り。
・重ければ、力を入れ過ぎて血管が破れ、
 脳内出血を起こした。
と言うことになる。


 この状態を、かみさんに伝えたいけど、伝えられない。
 その理由は、私が必死に柿の木をチェンソーで切っているのを傍で観てて、
「こんなに大変なら、森林組合作業員さんに頼めば良かった。」
を繰り返すので、
「人が一所懸命に頑張っているのに、
 それを否定するようなことを言うな。このアホが!」
と怒鳴ったことが有ったからである。


 かみさんとすれば、
「貴方が、チェンソーで大怪我しないか、心配だし、
 すごく大変そうで、気の毒だから。」
と言うことらしいが。


 それ以外の原因が有るとすれば、
「昔から有った柿の木を切り倒したので、その祟り」
と言うことになる。


 風邪の延長とは考えられない。
 と言うのも、この鈍痛は、昨日から始まったからね。


 多分、肩凝りなんだろう。
 とは思っているのだが、はてさて?
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2018.10.30 終活で果樹伐採

2018/10/30 23:20
画像


 昔から有った物や、かみさんの趣味で植えた物など、母屋の周りや、果樹園や、息子親子の住む離れなどの周りには、果樹がいっぱい有る。
 かみさんも、若い頃は、考え無しに増やしていったと言っても過言ではないほど、色々な果樹を育てて喜んでいた。


 しかし、お互い、歳を取ると、
「私たちが管理出来なくなったり、死んだりすると、
 息子たちでは管理出来ないのではないか?」
との不安が出て来る。


 そこで、今は、どんどん、果樹を伐採しつつある。
 特に、ここ数日は、
・果樹園の大四郎柿を1本、
・母屋前の角バチ(蜂屋)柿を1本、
・キーウィフルーツの木を4本、
と切り倒した。


 「大四郎柿」や「角バチ柿」のような熟させたり干したりして食べるのは、亡くなった「たー爺さん」が大好きだったけど、私は、果物の実が柔らかくなったのが気持ち悪く大嫌いで、とりわけ、大四郎柿のように、熟してポチャポチャに柔らかくなった物を食べるなんて出来ないので、切るのは惜しくもなかった。
 ただ、母屋の前に昔から有った「角バチ」柿を切り倒すのは、かなり気が引けたものだ。


 キーウィフルーツは、かみさん曰く、
「昔、貴方が好きだと言うから、どんどん増やしたのに、
 貴方がちっとも食べないので、ガッカリですわ。」
と言う。
 そんなこと言ったかなあ?

 ただ、最近、サルの団体がやって来て喰い荒らすので、切るのも決断し易かったなあ。


 そんなわけで、どんどん果樹の伐採をしているんだが、1本切るごとに、死が近付いている気がする。
 まあ、切らなくても、死は近付いているので、何を今更、かも知れないけどね。(苦笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.29 夏の終わりと秋の収穫

2018/10/29 23:23
画像


<トマトの片付け>

 10月も終わる頃になって、ようやくトマトを片付けることになった。
 ハウスではなく、露地栽培なのに、夏が終わって随分と経つ今も実を着ける健気さに、なかなか片付けられなかったんだよね。


 しかし、そんなに広くはない畑なので、遊ばせておくわけにはいかない。
 と言うことで、トマトの片付けを。
 長い間、ご苦労様でした。


 で、トマトとウリとスイカの床も、マルチだけになったので、マルチを捲(めく)り、ミニ耕運機の「プチな」で起こして、玉ねぎの移植床に作り替えた。
 こんな時、「プチな」って、本当に役立つ働き者だ。


 そんなわけで、トマトの片付けをしていて、
「何だか、やっと夏が終わった感じ。」
と思った私だ。



画像


<サツマイモ>

 畑の端っこの、槙の木の生垣の裏の日陰で、毎年、サツマイモを作っている。
 こんな条件の悪い場所で、ご免なさい。


 でも、そんな悪条件に負けず、今年も、それなりの収穫を与えてくれた。
 歴史的にも、干ばつで野菜が育たなかった時に、サツマイモだけは育って、人々を飢えから救ってくれたので、「お助け芋」と呼ばれるほど、悪条件でも育つ芋だが。
 感謝。


 なお、今年は、
1)ベニハルカ、
2)ベニアズマ、
の2種類の苗を植えてみた。

 結果、
1)ベニハルカは、数が多かったし、
2)ベニアズマは、数は少なかったが、大きいのが多かった、
と言うことに。


 今晩、食卓に出て来たが、美味しかったね。
 秋の収穫に感謝。



 因みに、「ベニハルカ」と「ベニアズマ」の特徴などをインターネットで調べてみると、
1)「ベニハルカ」は、
・九州沖縄農業研究センターで、
・外観が優れる「九州121号」と食味が優れる「春こがね」を交配させ、
・2010年3月に品種登録された新しい品種で、
・果肉の色は黄白色で、
・焼き芋や蒸しいもにした時の糖度が高く、
 安納芋とも比較されるほど、非常に甘く美味しい。
2)「ベニアズマ」は、
・九州農業試験場(鹿児島県指宿市)で、
 「関東859」と「コガネセンガン」を交配させ、
 農業研究センター(千葉県四街道市)で育成された固定品種で、
・1985年に品種登録され、育成権は2000年に消滅している、
 古くから栽培されているサツマイモで、
・少し紫がかった濃い赤色で、
・果肉の色は黄色く粉質で、繊維質が少なく、
・蒸したり焼いたりすると、ホクホクとネットリの中間の食感で、
 見た目も美味しそうで、甘味もあり、人気が有る。
とのことだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.28 景観形成3話題

2018/10/28 23:35
画像


画像


 私が、会長を務めている「集落環境保全活動委員会」の、景観形成の取り組みの一環として、今年は、
1)子ども会との連携による、プランターでのペチュニア植栽、
2)遊休畑を借りてのヒマワリ育成、
3)小学生の通学路沿いにコスモス育成、
に取り組んだ。


<ペチュニア>
 1)のペチュニアプランターは、子どもたちに体験させるだけでなく、町のイベント会場を飾るのに協力し、良かったと思っている。

 イベントが終わったので、今は、各家の玄関を飾っている。

<ヒマワリ>
 2)のヒマワリは、
・大輪の1本咲きヒマワリは、
 2mを超える成長を見せ、集落の人たちに感心してもらったが、
 台風の被害を受けて、折れたり倒れたりして、早めに終わった。
・分岐性の高い小輪のヒマワリは、
 次々と咲き続け、最近まで花を着けていたが、ほぼ終わった。


 そこで、今日、片付けることにした。
 で、草刈機で、根っ子近くから切り倒し、
持ち山に捨てに行った。

 もう10月の下旬だけど、私の気分としては、「やっと夏が終わった」と言う気持ちだ。


<コスモス>
 3)のコスモスだが、
小学生の通学路となっている川の堤防法面を、
コスモスで飾ろうと言う趣旨で取り組んだのだが、
・7月1日に、草刈りと、除草剤散布、
・8月11日に、2回目の除草剤散布、
・除草剤から2週間於いて、8月25日に種まき、
・10月8日に、大葉ルコウソウの始末、
と、小まめな世話をして、ようやく開花となった。


 なお、事情が有って、種をまいた時期が通常よりも一ヶ月ほど遅れたので、樹高は高くならずに、小さいまま花を着けている。
 でも、それはそれで可愛いし、あまり背が高くないので強風でも寝ないのが、「怪我の功名」だ。



 私、花が大好きと言うわけではなくて、「何かに取り組む」と言うのが好きなんだよね。
 ましてや、今年の3つの取り組みがそれなりの成果を挙げてくれたので、とても気分が良い。

 この活動の会長は、もう10年ほど続けているので、来年度は引退するけど、この花いっぱい運動は、何とか続けたいと思う私だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.27 電気ゴタツを出して

2018/10/27 22:58
画像


 月日はそそくさと流れるし、季節の移り変わりも速いねえ。

 と言うのも、
・7月の31日に、
 2階の屋根が太陽光で焼けて暑いので、
 避暑の為に、私だけ1階に降りて、寝始め、
・二ヶ月後の9月23日に、
 私も二階に戻り、家庭内別居を終え、
・10月の下旬に入り、
 朝夕の冷え込みが厳しくなって来たので、
 電気ゴタツを出して来た、
からである。


 コタツは良いねえ。

 昔から、
「頭寒足熱」
と言って、
・足を温めれば、
 温まった血液が心臓に戻り、また全身に送り出されるので、
 効率的に温まるし、
・頭は、室内温の中なので、のぼせることは無いし、
とても理論的な暖房だからね。


 しかし、ちょっと困ることも。
 と言うのも、我が家は、2階居間と私の部屋を、お掃除ロボットの「ルーロ」に毎日お掃除させているのだが、電気ゴタツを出すと、下にカーペットを敷くので、「ルーロ」のゴミ収集回転ブラシがカーペットに引っ掛かり、カーペットを捲り上げたり、動けなくなったりするからだ。


 そこで、日用雑貨量販店で板と金具を買って来て、木枠を作成し、カーペットの周りに置き、「ルーロ」がカーペットに接近出来ないようにした。

 結果、「ルーロ」は、電気ゴタツスペースを避けながら、部屋の中を走り回って、掃除してくれている。
 ご苦労様。

 また、カーペットの上も掃除してほしいので、その時は、「ルーロ」を木枠の中で動かしている。
 回転ブラシがカーペットの下に入り込まなければ、問題は無いからね。

 勿論、掃除が終われば、木枠は、片付けて、明日の為に待機だ。


 それにしても、中から、外から、毎日、文句も言わずに、ご苦労様です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2018.10.26 本場の「富有柿」頂いた

2018/10/26 23:11
画像


 集落の女性から、
「今まで不通に印刷出来てたのに、出来なくなった。
 助けてください。」
とのお願いが来たので、家まで出掛けた。


 朝に電話を頂いたのだが、体調不良とかで、夕方になってしまった。
 すると、その女性が、
「首を長くして待ってたんですよ。」
と言う。
 これが、若い女性だと激しくドキドキするんだけど、私よりも5歳ほど年上の人なので、ドキドキはチョッピリ。


 行ってみたら、
・パソコンは、ソニーの「VAIO(バイオ)」で、
・プリンターは、キャノンのインクジェットのWi-Fi付き、
と、それなりの構成。


 でも、印刷が出来ないと言う。
 確認したら、そのパソコンを中心とした無線LANが構築されていない。

 で、状況を聞いたら、定かではないが、
・パソコンとプリンターは、線(ケーブル)で繋いでいない。
・今までは、普通に印刷出来ていた。
・光ファイバーの線を交換しに来てから、
 プリンターは使っていなくて、
 今日、久し振りに印刷しようとしたら出来なかった。
・インターネットはしていない。
と言うことのようだ。


 姑さんが困っていると言うので、息子の嫁さんが、パソコンとプリンターを繋ぐUSB接続のケーブルを持って来てくれたが、印刷出来なかったそうな。
 で、
「こんな時に頼れるのは、交々さんしか居ない。」
と、私に電話したのだそうな。
 光栄です。


 折角、信頼して呼んでくださったので、無線LANの再構築からしてあげたかったけど、
・風邪を引いているし、
・夕食前で、かみさんも待っているし、
・5歳年上の高齢者と言えども、
 ベッドの有る部屋で、二人切りだし、
早く帰りたかったので、USBケーブルでの接続を成功させ、趣味のクラブの忘年会案内文書も直して上げ、印刷もしてあげて帰って来た。


 で、そのお礼に、「富有柿」を頂いた。
 私の住む地域の、柿の木に生っている「富有柿」と違い、
・岐阜産で、
・大きくて、
・1つ1つが、ロゴ入りの紙で包まれている、
上物だった。


 因みに、「岐阜県」は、
・「富有柿」の原産地で、
・「富有柿」の出荷量は、
  1位:奈良県、2位:福岡県、3位:岐阜県、
と、柿の本場なんだよね。

 それを頂いたのだから、柿好きな私としては、充分過ぎるお礼だったね。
 感謝。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.25 私、乱視だった

2018/10/25 23:53
画像


 昨日の日記(ブログ)に、光学式照準器の「ダットサイト(ドットサイト)」のことを書いたが、それを買って「ゼロイン」と言う照準を合わせる調整をしている内に、
「私って、乱視やったんや。」
と気付いてしまったのである。
 この高齢者になってだよ。


 因みに、「乱視」とは、
・光を通して、集めて、網膜に届ける役のレンズが、
・カメラのレンズのように綺麗な形をしていなくて、
 歪んで、場所によって厚さが変わる所為で、
・入って来る光が歪められるので、
 観える風景や物が歪んで観えたり、ぼやけて観えたり、
するものである。

 で、「ダットサイト」は、
・電池でLEDの画像「レティクル(指標)」を作り、
・その画像を、半分透明で半分鏡の「ハーフミラー」に投影し、
・標的(ターゲット)と「レティクル」を、ハーフミラー上で重ねると、
 照準が合ったことになる、
光学式照準器の1つなのだが、その「レティクル」を「乱視」の人が観ると、ぼやけたり滲んだりして観えるのだそうな。


 で、私が、その「レティクル」を観たら、何とまあ、丸い「レティクル」が、二重三重に観えるし、滲んでも観えるではないか。
 私は、「乱視」だったのか!
 知らなかったなあ。

 私は、元々が「近視」だから、見え難いのは当たり前と思い、何も気にしていなかったので、「乱視」の意識は無かった。
 見え難いのは、近視の所為だと思っていたからね。


 しかし、今回、「レティクル」を観たことによって、「レティクル」がダブったり滲んだりぼやけたりして観えたことで、生まれて初めて、自分が「乱視」であることに気付かされたのである。

 目に関する話なので、
「目から鱗が落ちる」
感じ?


 とは言っても、今更、乱視矯正用の眼鏡やコンタクトレンズを買ったりする気にもなれず、このまま死を待つことにした。
 後、何年かは、神のみぞ知る。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.24 「ダットサイト」購入

2018/10/25 00:38
 昨日の日記(ブログ)にも書いたように、この度購入した「ガス式ブローバックハンドガン」に、光学式照準器の「ダットサイト(ドットサイト)」を着ける決心をし、Amazonで注文した。
 注文したのは昨日の夕方と遅かったのに、こんな田舎でも、24時間以内に届いた。
 ビックリ。
 そして、有り難いよね。
 こんなことを言ったらいけないかも知れないけど、地元の店で頼んだら、品切れの場合、何日掛かることやら。
 だから、インターネット通販は止められないんだよね。


 で、早速装着し、
・実際の飛んで行くBB弾の当たる場所と、
・「ダットサイト」の示すポイントを一致させる、
作業を済ませた。


 そして、かみさんに打たせてみたら、20m離れた場所に有った標的に、完璧に命中。
 かみさんも、
「これなら、私にも当てられますわ。」
と言う。
 いえいえ、貴女は、今までもライフルで、サルに命中させておられましたやん。


 そんなわけで、
・誰でも、
・簡単に
・素早く、
・標的に照準を合わせられる、
「ダットサイト」を買って、大正解だったようだ。



 では、「ダットサイト」紹介のページを、次のURLで読んでください。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/air-gun2/dot-sight/d0t-sight-01.htm


 なお、「ガス式ブローバックハンドガン」の総合フレームページは、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/air-gun2/air-gun-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.23 ガス式ハンドガンマウント購入

2018/10/24 00:23
 風邪を引いて寝ているばかりで、退屈の余り、ガス式ハンドガンにサイト(照準器)を着けて遊ぶことを思い付き、先ず、サイトを着けられるようにする為に、「マウント」を購入した。

「もう高齢者なのに、アホかいな?」
と思う人もいるかも知れないが、
「何時まで経っても、子どもみたいで可愛いねえ。」
と、笑ってもらえませんかね?


 そんなわけで、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/air-gun2/muont/muont-01.htm

 なお、ガス式ブローバックハンドガンの総合ページは、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/air-gun2/air-gun-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.22 風邪引いて6日目

2018/10/22 23:44
 風邪が治らない。
 風邪を引いたかも知れないと感じてから6日間経つが、良くならない。
 まあ、風邪は、最低一週間は覚悟しなきゃならないと分かっているが。
 辛い。


 で、午後3時までは布団の中で過ごしたが、その後、外出着に着替えて出掛けることに。

 と言うのも、インターネット管理の契約をしている地方銀行から、
「12万円の、自動車保険掛け金の引き落としが近付いている」
とメールが入ったが、指定口座にはそれだけの残高が無い。
 だから、何とかしないと、引き落としが失敗して、ややこしいことになる。


 同じ地方銀行の別の支店で作ったお小遣い口座には、一応、対応出来る金額が残っている。
 で、インターネットバンキングで、口座から口座へお金を動かそうかと思ったが、
私が会長を務める、集落環境保全活動の会計処理もJAでしたかったので、
数十メートルで店が並んでいることも有り、思い切って出掛けることにしたのである。


 すると、外に出て人に会ったりするのが刺激になるのか、
「病は気から」
ではないが、気持ちがシャキッとして、体調が良くなった気がするではないか。

 で、
・地方銀行支店で、小遣い口座から引き落とし口座にお金を移動させ、
・JAで、会計処理を済ませ、
まだ余力が有ったので、足を延ばして買い物をし、帰って来た。
 良い気分転換にもなった。


 しかし、無理が祟ったのか、集落環境保全活動の会計処理をパソコンでしてたのが負担になったのか、首の裏の筋が張って、痛くて堪らない。
 激痛だ。

 これが、肩凝りの一種なら良いのだが、風邪の菌が悪い所に入って、髄膜炎を起こしている所為での肩や首筋の硬直だと、ちょっと難儀だねえ。
 どうぞ、そんなことになってませんように。


 嬉しかったのは、地方銀行の支店で、
「ひょっとして、と思ったら、やっぱり交々さんでしたー!(笑)」
と、隣の集落の知り合いの若妻さんが、赤ちゃんを抱いて寄って来てくれたこと。
 マスクをし、帽子を目深に被っているのに、よくぞまあ気付いてくれ、しかも、向こうから声を掛けてくれたものだ。


 その若妻さんの明るい性格もあるけど、わざわざ声を掛けて来てくれたことが嬉しいよね。
 これが、
「あっ、交々さんだ。
 気付かれないように帰ろう。」
なんて思われてたら嫌だもの。
 私は全く気付いてなかったので、向こうから声を掛けてくれなかったら、楽しい会話も無かっただろうからね。


 ただ、風邪を引いているので、若妻さんと赤ちゃんの方を向かないようにして喋っていたけど、大丈夫だろうね?
 感染したら申し訳ないからね。
 まあ、赤ちゃんはまだ母乳を飲んでいるそうなので、母体からの免疫力で暫くは大丈夫だろうけど、お母さんに感染させたら申し訳無いからね。

 子育て、頑張ってください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.21 外孫2号の新人戦

2018/10/21 23:02
画像


 一昨日から顕著になった風邪の症状が回復せず、しんどくて仕方が無い。
 症状としては、
・熱は自覚していないのだが、
・倦怠感が酷くて、
・鼻水が出て、
・時々、血管が切れそうな激しい咳(せき)が出る、
と言うもの。
 辛い。


 しかし、今日は、布団の中で過ごしてはいられない。
 と言うのも、
・午前8時30分からは、獣害防止金網柵の点検活動、
・午前11時30分からは、外孫2号の中体連野球新人戦、
が行なわれるからだ。


 獣害防止金網柵点検は、不肖私が会長を務めているので、出席しないわけにはいかない。
 で、気怠さを我慢しながら、何とか2時間の活動を終えられた。


 次は、外孫2号が中学校に進学し、野球部に入った時から楽しみにしていた公式試合だ。
 これは、義務なんかではなく、何が何でも応援に行かなきゃならない。
 私たち夫婦にとって、この外孫2号の野球での活躍が、今、一番の楽しみだからだ。


 因みに、外孫2号は、学童野球時代も、監督やコーチから、
「チーム一番の野球のセンスの持ち主」
と言われる子だった。

 が、ボーイズ野球か中学校の部活動野球かの選択を強いられた時、野球をやっているけど、何よりも野球が好きと言うわけでもないので、ボーイズ野球を選ばず、部活動野球を選んだと言う経緯が有る。
 まあ、ボーイズ野球を選んでいたら、全国各地での練習試合や大会参加で、本人以上に親が大変だっただろうから、良かったんだけどね。


 さて、その外孫2号が、1年生ながら、新人大会にレギュラーに選ばれ、先発出場すると言う。
 小学生時代の学童野球ではセカンドを守っていたのだが、中学校ではセカンドは2年生の先輩が守っているので、ライトで出場すると言う。
 その理由は、外孫2号は、バッティングが凄く良いからだ。

 素人の私が観ていても、
・癖の無い素直なバットの出と、
・フラットな綺麗なスイングと、
・最後までしっかり振り切る、
バッティングだし、空振り三振の少ない、ミートの上手さを持っているからだ。
 だから、監督は、外孫2号を使いたいので、1年生ながらライトで使ったようだ。


 で、監督の思惑は、当たったのか、外れたのか?
 何と、外孫2号は、
・第1打席で、先制のタイムリーヒット、
・第2打席は、見逃しの三振、
・第3打席で、決勝のタイムリーヒット、
だったんだよね。
 見事、監督の期待と抜擢に答えたわけだ。
 流石、外孫2号!


 なお、第2打席目の「見逃し三振」は、評価が分かれるところだ。
 と言うのも、
「2ストライクだから、臭いボールには手を出すべき。」
と言う考えも有るからだ。

 しかし、私は、
「プロ選手なら、それも必要だろうが、
 小中学生は、打ち難い球を打ちに行って、
 悪い癖が着き、バッティングフォームを崩すよりも、
 良い球だけを打ち、良いバッティングを身に着ける。」
ことが大切だと思っているので、見逃し三振は、気にならない。
 ただ、勝敗の分かれ目の時は別だけど。


 ロサンゼルス・エンゼルスで活躍している「「大谷翔平」選手も、
見逃し三振がとても多い。
 多分、ボールと思った球には手を出さない、断固とした信念が有るからだろう。
 それに、野球の球審(主審)も人間なので、ストライクゾーンに癖が有って、
A審判とB審判のストライクが同じとは言えないからだ。
 だから、打者がボールと判断し打たなくても仕方が無い。
 日本の野球は細かいから、臭い球に手を出せと言うだろうが、
テレビで観戦する限り、大リーグでは、見逃し三振を誰も責めないように見える。


 などと書いたが、兎に角、第1試合は、
・外孫2号のタイムリーヒットで、1点リード、
・同点に追い付かれ、
・外孫2号のタイムリーヒットで、1点勝ち越し、
2−1で勝利したんだよね。
 良かった。


 で、予選リーグの第2試合が、午後1時50分から開始。
 勿論、観戦。

 しかし、私の体力が持たなかった。
 どんどんしんどくなって来て、スタンドでの観戦も辛い。
 そこで、スコアボードが観える場所に車を留め、運転席のシートで体を休めながら、
ウィンドウを少し開け、場内放送の打者コールを聞いて、
外孫2号の出番になると、球場のスタンドに入って観戦するようにした。


 それが悪かったと言えば、自分自身を買いかぶり過ぎだが、
第2試合は、外孫2号のチームの方がヒット数は多かったのに、
フォアボールとエラーが続き、アラアラと呆れる内に5点を取られ、
負けてしまった。

 また、外孫2号も、
・まずまずのバッティングのショートゴロ、
・カーブにやられたピッチャーゴロ、
と、ヒットを打てなかった。

 そんなわけで、明日の決勝戦を楽しみにしてたけど、今日で野球応援は終わってしまった。


 でも、外孫2号が中学校野球部に入ってから、ひたすら楽しみに待ってた公式戦で、
外孫2号が活躍する姿を観ることが出来て、嬉しかったね。


 ちょっと残念なのは、小学生の学童野球だったら練習試合でも観戦出来るんだけど、
中学校の部活動はそんなわけにはいかないことだね。
 次の公式戦は、来年の春か?
 先が長いなあ。(涙)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.19 風邪治らず

2018/10/20 20:34
 一昨日から表面化した風邪が、良くならない。
 悪化するほどでもないが、回復に向かっているわけでもない。
 と言うことで、今日も、一日中、布団の中で過ごした。


 グラウンドゴルフ同好会の事務局長から、
「大会のことについて、会って話したい。」
とのメールが来たが、断った。
 これが、可愛い女の人だったら、話は別だけどね。


 ところで、私は、知識的なことに関しての記憶力には、かなりの自信が有るのだが、興味の無いことや生活面での記憶には、全く自信が無い。
 逆に、かみさんは、生活的なことの記憶力は物凄く、
「そんなこと、覚えているん?」
「そんなこと、有ったん?」
と言うような、何十年も前のことでも覚えている。
 怖い。

 今回も、かみさんが、
「貴方は、去年も、
 同じ時期に、同じ原因で、風邪を引き、
 一か月間グズグズ言ってたんですよ。」
「それなのに、何で、今年も同じことをするんでしょうね?」
と言う。
「記憶に有りません。」


 まあ、言葉はきついし、風邪を引いた私には、何もさせずに、ひたすら寝ることを強要する。
 これが、かみさん流の優しさの表現だろう。
 逆に、かみさんが風邪を引いても、体調不良を押して、料理を作ってくれたり、姉の世話をしてくれたりするんだから、感謝するしかない。


 そんな私だが、
・今晩は、なかなか難しい議題の集落内会議が有るし、
・明日の朝から、獣害防止金網柵点検が有るし、
・お昼前からは、外孫2号の中体連新人大会が有るし、
動かなければならない。

 どうか、今日の一晩で回復しますように。(願)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.19 風邪を引いて叱られて

2018/10/19 21:37
 集落の奥に有る、2畝(2a=200u)ほどの山間の田んぼ。
 昔は、米を作っていたけど、日当たりが悪いので、良い米が作れない。
 でも、たー爺さんが、どうしても米を作るんだと譲らなかったので、結構長い間、米作りに頑張ってた思い出が有る。


 米作りを止めてからは、
・水張田んぼにして、ビオトープ化し、
 カモの夫婦が来たことも有ったし、
・何も作らず、雑草だけ刈っていたことも有った、
けど、今年は、ヒマワリを育ててみた。

 日当たりが悪いのと、たー爺さんが動ける頃は、草刈りが邪魔臭くて、除草剤をまきまくってたので、土が痩せてて、ヒマワリもあまり育たなかったけどね。


 そのヒマワリも終わり、雑草も蔓延って来たので、草刈りをすることに。
 それは、エンジンの自走式草刈機で刈るので、そんなに大変なことではない。
 問題は、その後だった。

 と言うのも、とても暖かかったので、汗をかいてしまい、Tシャツもドボドボになってしまったのである。
 で、直ぐに着替えれば良かったのに、どうしてもパソコンでやりたいことが有ったので、着替えること無く、ズルズルと時間を過ごしてしまったのである。

 その時、かみさんが、五月蠅く、
「着替えないと、風邪引きますよ。」
「早く着替えなさい。」
と、口うるさく言うのに、無視してパソコンに向かっていたら、風邪を引いてしまったのである。


 そんなわけで、今日は、一日中、布団の中で過ごし、お客が来ても出なかった。
 たまたま、かみさんが、パッチワーク展の見学に出掛け、居なかったら、そんな時に限って、頻繁にお客が来て、チャイムを押すんだよな。
 でも、一切出ずに、無礼をしてしまった。
 ご免なさい。
 
 で、今日初めて、この日記(ブログ)を打ち込む為に、起きてパソコンに向かっている次第だ。


 そんな私に対して、かみさんが、
「だから、着替えなさいと言ったでしょう!」
「何で言うことを聞かなかったんですか?」
と叱りまくる。

 それに対して、私は、
「普通、風邪を引いて苦しんでいるのだから、
 優しく、なぐさめてくれるんじゃないのか?」
と言うと、
「同情してますやん。
 でも、私の言うことを素直に聞いてれば、
 風邪を引かなかったんやから、
 言われても仕方無いですやん。」
と言う。
 返す言葉も無い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.18 姉の足親指の巻き爪

2018/10/18 22:34
画像


 姉は、今まで、自分で何とか動いていた。
 ご飯を食べにキッチンにも来るし、お風呂にも自分で歩いて入ってたし、トイレにも自分んで歩いて行っていた。
 動きは遅いけど、何とか自分で出来ていた。


 だから、爪も、爪切りを持たせ、自分で切らせていた。
 で、切っていた。
 と、思ってた。
 手の指の爪は、長くなかったから。


 それが、かみさんがお風呂に入れてやるようになって、吃驚するようなことが分かった。
 と言うのも、足の、
・薬指や小指の爪が、殆ど無くなっている、
・親指の爪が、思いっ切り、巻き爪になっている、
ではないか。
 夏でも靴下を履いているので、気付かなかったんだよね。


 午前と午後に1回ずつ、集落内を、押し車を押しながら歩かせているが、それ以外は、殆ど歩くことが無く、自分の部屋で一日を過ごしている。
 私たちは勿論、ドクターも、集落の人たちも、
「歩かなきゃ体力が落ちる。」
と言い続けているが、気力が無いので、あまり歩かない。


 それが災いし、足に体重が掛かることが少ないので、踏ん張ることも無くなり、
「使わない物は退化する。」
の原理で、
・足は、細く、小さくなるし、
・爪も、無くなってしまった。
のだろう。


 それも吃驚したが、一番吃驚したのは、足の親指の爪が、つま先から腹の方まで曲がって伸びてたこと。
 私たちは、姉が爪を切っていると信じていたし、姉も、親指の爪が変なことになっていると言わないし、全く気付かなかったんだよな。
 これが子どもなら気を付けてやるんだけど、相手は大人だからね。

 そんなわけで、家庭用爪切りで切ってやろうとしたが、爪の中に刃先が入らないし、下手をすると足の皮膚を傷付けてしまいそうで、怖い。
 そこで、今日、私の行き付けの皮膚科クリニックに連れて行った。


 で、ドクターが厳しい言葉を言うかも知れないと思い、覚悟してたんだけど、ドクターは、こんな物には慣れているんだろう。
 淡々と、
・巻き爪になると、硬くなるから、家庭用爪切りでは無理、
・歩かないと血行が悪くなるから、爪も退化する、
などと説明してくれながら、プロ仕様の爪切りで、「パチン」「パチン」と大きな音を立てて、爪を飛ばしながら、切ってくれた。

 そして、
「これで、2〜3か月は大丈夫でしょう。」
と言ってくれた。
 良かったー!


 因みに、怖がりのかみさんは、
「メスで、爪と皮膚を切り離すだろう。
 そんな怖い物は見たくない。」
と言って、診察室には入って来なかったかったので、あっさりと終わり、吃驚していた。
 私も、ホッとしたよ。


 そんなわけで、これからも「老老介護」は続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.17 リモコンスタンド手直し

2018/10/17 23:05
画像



 私の部屋のテーブルの上に、写真の小物が散乱していた。
 そこで、100円ショップで「リモコンスタンド」を買って、整理整頓することにした。


 それにしても、こんなしっかりした物が108円で買えるんだから、有り難いよね。
 昔だったら、数百円はしてたから。
 その頃は、中間卸業者が、暴利を貪っていたんだろうね。


 さて、「リモコンスタンド」を買って来て、小物を入れてみたら、仕切り幅が広くて、リモコンなどは真っ直ぐ立たずに斜めになって重なり合うし、小物は中で倒れて探し難いし、大変。

 そこで、段ボール箱の蓋の部分を切り取って、簡易的に仕切りを作ってみた。
 お陰で、リモコンも直立するようになったし、小物も、小部屋に入っているので見付け易いし、言うことなしだ。
 もう少し良い材料で、作り直そうかな?


 ちょっとした工夫で、物事は便利になるってことだね。
 その気持ちを、生活の中で持ち続けよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.16 「ダストフー(ゴミ袋)」自立支援

2018/10/16 23:24
画像


 英語では「ダストフー」と言うらしい大き目の「ゴミ袋」。
 化繊で作られている。


 もう10年以上前にかみさんが買ったので、詳しいことは分からないが、多分、少しでも安い物を買おうとして、これにしたのだろう。
 と言うのも、「自立」しないのである。
 だから、刈った芝や剪定した枝木などを入れる時に、フニャッとしているのを持ち上げながら入れなきゃならないので、邪魔臭くて。
 そんなわけで、今までは、野菜にビニールカバーを掛ける時に支えにする半円形支柱で自立させていた。


 しかし、その支柱を入れるのも邪魔臭くて、
「簡単に自立させられて、簡単に取り外せる補助具を作ろう。」
と決意し、工作に取り掛かった。


 材料は、お金を掛けたくないので、
・古くなった木杭、
・余り物の杉板、
などの余り物を使うことにした。


 で、
1)杭を、4本、同じ長さに切り揃え、
2)杉板も、従兄弟に借りた電動ノコギリで、
   ちょっと長め、
   短め、
 と、ダストフーの縦横に合わせ、4枚、切り揃え、
3)或る程度ゴミが溜まって、ダストフーが自立したら、
   簡単に抜けるように考えて、
   4本の足が、内側に向くように、
   インパクトドライバーで、板に杭を固定。
と言う作業過程で完成させた。


 お陰で、ダストフーは立ってゴミを入れ易いし、或る程度ゴミが溜まって自立すれば、簡単に抜けるし、満足!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.15 ガス式エアハンドガン購入

2018/10/15 23:19
画像


 私、サルを追っ払う為、圧縮された空気でBB弾を飛ばす「エアライフル」を、10年以上前に購入して持っている。
 命中率を高める為に、スコープ(照準器望遠鏡)まで購入して。


 それは、
・銃身が長いライフルなので、
 狙った所に、正確に飛んで行くが、

・1発のBB弾を飛ばす為に、
 コッキングと言うバネを縮める動作を、
 毎回、しなきゃいけない邪魔臭さが有る、

ので、連射出来ないのである。

 そこで、W氏が持っていたのを試し打ちさせてもらい、続けざまに打ち続けることが出来ることに惹かれて、「ガス式エアハンドガン」を購入してしまったのである。

 因みに、ガス式エアハンドガンとは、
・圧縮された空気の力でBB弾を飛ばすのではなく、
・ガスの力でBB弾を飛ばす、
仕組みのガン(銃)である。


 その「ガス式エアハンドガン」についてのレポートのページを作ったので、是非とも読んでください。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/air-gun2/air-gun-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.14 初柿

2018/10/14 23:32
画像


 私、果物が大好きで、秋は、
・梨(なし)、
・マスカット、
・栗(くり)、
・柿(かき)、
と、秋が深まる順に、果物を味わえると、楽しみにしていたのである。


 ところが、我が家の柿は、
・家の近くに有る果樹園の富有柿も、太秋柿も、
・山間に有る果樹田の富有柿も、太秋柿も、
まだ青い内から、サルに、全部食べられてしまったんだよね。

 そんなわけで、集落内のあちこちに有る柿を見て、涎(よだれ)を垂らしている日々だった。


 そんな私が、今日、集落内の防草シートの張り具合を見て回ってたところに、老夫婦が居られ、ちょうど柿をもいでおられたんだが、私に、
「今年は、この柿の生り年で、鈴生りや。
 今、もいだ分を、全部上げるわ。」
と言ってくださるではないか。
 本当に鈴生り状態だ。

 そんなわけで、全部は貰い難かったので、それでも12個も貰って帰って来た。
 嬉しいねえ。
 だって、柿を食べるのは、今年、初めてだからね。


 加えて、
「ここに通りかかったら、好きなだけ持って帰って。」
と言ってくださった。

 ただ、集落のみんなは、この約束を知らないから、私が、この柿をもいでいると、
「あれまあ、他所の家の柿を、勝手に取ってるわ。」
と疑われるよね。
 だから、貰い難いなあ。


 因みに、今日頂いたのは、「次郎柿」で、特徴は、
・果肉が硬めで、歯応えが有る。
 果汁は少なめ。
・比較的小振り。
・四角い形をしていて、
 表面は、起伏が有り、窪みが出来易い。
と言う物だ。

 果肉が硬いので嫌いと言う人もいるかと思うが、私は、果物の柔らかくなったのが嫌いなので、この硬めの「次郎柿」は好きだなあ。

 そんなわけで、本当に有り難うございました。
 富有柿も、お願いしますね。(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.13 字幕放送録画

2018/10/14 00:23
 私、歳を取って来て、段々と耳が遠くなって来た。

 そんなわけで、テレビや映画DVDを観ていても、会話がしっかり聴き取れない。
 だから、字幕が欲しいんだよね。


 ところで、日本語って面白いね。
「聴こえ難くなること」
を、
「耳が遠くなる」
って表現するんだからね。

 映画DVDは、洋画だと、必ず、日本語の字幕と音声が記録されているが、邦画(日本映画)だと、字幕が記録されていない場合が有って、聴き取るのに辛いけど、繰り返して聴き取ることが有るが、何とか工夫している。

 問題は、テレビ番組だ。
 因みに、私が持っているブルーレイレコーダーは、ソニーのBDZ-ZW550であるが、テレビ番組を、このブルーレイレコーダーで録画しようとすると、機種として古いので、録画モードを指定しないと、字幕が同時録画出来ないのである。

 と言うのも、このブルーレイレコーダーでテレビ番組などを録画する時、
・録画サイズ小さくして、長時間録画出来るようにしたり、
・良い映像で録画して残せるようにしたり、
する為に、DRモード、XRモード、XSRモード、SRモード、LSRモード、LRモード、ERモード、を選べるのだが、このブルーレイレコーダーでは、「DRモード」で録画した時以外は、字幕が記録されないのである。


 だから、どうしても字幕が欲しいテレビ番組は、「DRモード」を選んで録画している。
 このモードで録画すると、記録容量をいっぱい取られるので困るんだけど、仕方が無い。


 なお、現在販売されているブルーレイレコーダーでは、どのモードでも字幕も記録されるそうだけどね。

 歳を取ると、色々な弊害が出て来て、困るんだよね。
 やれやれ、昔から言う、
「歳は取りたくないもんだわ。」
だわだわ。



 参考に書いておくと、
・DRモードは、デジタル放送画質、
・XRモードは、高画質 AVC 16M
・XSRモードは、高画質 AVC 11M
・SRモードは、標準 AVC 8M
・LSRモードは、長時間 AVC 4M
・LRモードは、長時間 AVC 3M
・ERモードは、長時間 AVC 2M
となっている。


 なお、「AVC録画」とは、MPEG-4 AVC技術(H.264とも呼ばれる)を使ったHD(ハイビジョン)画質の長時間録画方法のこと。

 従来のレコーダーは、HD画質を保持したまま、長時間録画する機能を持っていなかった。
 そして、デジタル放送をそのままの画質・音質で記録する「DRモード(TSモード)」にしか対応してなくて、長時間録画するためには、画質の下がる「SD(標準)画質」を選ぶしかなかった。

 が、2007年冬モデルから登場した「AVC録画」方式のお陰で、デジタル放送のレベルを持った複数の画質モードで、長時間録画が可能となった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.12 ネット通販と実店舗の比較

2018/10/12 23:59
画像



 我が家は、エアコンや冷蔵庫、洗濯機などは、「町のお店」で買っている。
 故障した時、直ぐに来てくれるからだ。
 ネット通販で大物家電を買って故障したら、大変なことになるし、「町のお店」の人は、夜でも来てくれるからね。


 逆に、小物は、ほぼ100%、ネット通販で、それもAmazon(アマゾン)で買っている。

 と言うと、Amazonの宣伝をするみたいだけど、Amazonは、ネット通販の中では、決して安い方ではない。
 例えば、SONY(ソニー)の4K超高機能テレビ「BRAVIA KJ-55A8F 55インチ」を買うとすると、
・某ネット通販会社では、27万5千円だけど、
・Amazonだと、35万6千円、
と、8万円も高いからね。


 それなのに、私がAmazonを利用するのは、
・3,800円の年会費を払って「プライム会員」になっているので、
 年間、何回買い物をしても送料が無料で、
 映画(動画)も観放題なのと、
・Amazonでの買い物に慣れてしまったことと、
・他のネット通販会社に登録するのが邪魔臭いのと、
 あちこちに登録して個人情報の拡散をさせたくないこと、
などから、Amazonオンリーになってしまったんだよね。
 まあ、Amazonの戦略に取り込まれた一人と言うことだ。



 前置きが長くなったが、今日の本題を。

 私、ブラウン社のシリーズ3と言う型のシェーバー(髭剃り器)を使っているが、「350cc-5」と言う型式だ。
 けど、もう製造販売をしていなくて、ネットで検索したら、Amazonで9,800円で売ってるけど、安いとは言え、今では製造販売していない製品を、買う人が居るのかな?
 それから、或るネット通販会社では、こんなに古い物を15,420円でアップしてたけど、皆さん、うっかり買ってはいけませんぞ!


 さて、そんな古い型式のシェーバーだけど、本体は、問題無くしっかりと動いている。
 が、問題は、替え刃だ。
 交換するのが邪魔臭くて、ついつい長く使い続けていたら、先日、表刃に穴が空いてしまった。
 このまま使ってたら、肌を傷付けてしまう。


 そこで、替え刃を買うことにした。
 しかし、困ったことに、このシェーバーに対応しそうな替え刃が、
・F/C21:安い、
・F/C32:高い、
の2種類有って、どっちを買えば良いか、悩んでしまったのである。
 どうやら、「F/C21」と「F/C32」は、3枚刃の真ん中の形状が違うようだ。

 で、色々悩んだが、
「ジジイの髭を剃るのに、安いのでも大丈夫だろう。」
と考え、「F/C21」を買うことにした。


 そして、調べてみたら、私の住んでいる地域の家電量販店では、
・〇's電気も、ヤ〇ダ電機も、100萬〇ルトも、
 税込みで3,218円なのに、
・Amazonでは、
 税込み送料無料で2,237円、
と大きく違い、約1千円もの違いが有るではないか。


 となったら、わざわざ高い地域の家電量販店で買う必要が無いよね。
 そんなわけで、速攻で、Amazonで注文し、翌日の今日、届いた。
 わざわざ店まで車で行かなくても良いし、家まで届けてくれるし、こんな楽なことは無い。
 地域のお店が廃れるはずだわ。


 なお、「F/C32」を選んでいたら、実店舗では、
・100萬〇ルトは、税込み5,702円、
・〇's電気は、6,458円、
と差が有り、
「ポイントは付けない分、現金で安くする」
と言う謳い文句の〇's電気は、ちっとも安くないんですけど、どうなっているの?
 因みに、Amazonでは、3,284円と半額近かったので、またまたその違いに吃驚。


 「小物は、絶対にネット通販で買うぞ!」
と、決意を新たにした私である。


 こんなことをあからさまに書いて、地域のお店の人、ご免なさいね。
 でも、事実だもんね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.11 自然の恵みと脅威

2018/10/11 22:02
画像



 先月下旬頃から生り始めた、我が家自慢の大栗。
 「クリタマバチ」が、栗の木全体に卵を産み付けたので、大伐採をして退治して、その所為で昨年は収穫が無かったんだけど、今年は立派に収穫出来たので、感涙。


 その大栗の実が落ちるので、かみさんが、毎朝、一所懸命、栗拾いをしている。
 と言うのも、サルがやって来て、落ちた栗を喰い荒らすからだ。
 いつも感心するのは、痛い殻に入っている栗の実を、上手に取り出して食べること。
 まあ、生存力、自然への適応力は、何倍も人間よりも持っているから、当たり前なんだろうけどね。


 そんなわけで、穫れた大栗を、かみさんが茹でてくれるので、
・ナイフで半分に割り、
・スプーンで実をすくって食べている、
のだが、超美味である。
 ホクホクして、とても美味しい。
 いくらでも食べられる感じだ。


 ところが、とんでもないことが発生。
 かみさんが、
「背中が痒い。
 かさぶたみたいな物が出来ている。
 診てください。」
と言うので見てみたら、写真の物が。

 最初は、
「イボが出来たのか?」
「皮膚ガンではないのか?」
と、ドキッとした。

 しかし、良く観てみると、細い細い足が有るではないか。
 ダニだ!!!
 どうも、栗を拾いに行っている間に、体に取り付いたみたいだ。


 そこで、毛抜きで、ゆっくりと、ダニと綱引きをしている感じで、取り除いてやった。
 強く引っ張り過ぎると、ダニの口が皮膚に残り、化膿したりするから、ダニが諦めてからだから離れるのを待つ感じで引っ張らなければならないんだよね。

 これに関しては、私は上手だ。
 今までも、取ってやったことが有るから。


 と言うのも、その後、またダニに取り付かれた時、
「マダニに刺されて死んだ人が居た」
ことがテレビで話題になってたから、念の為に町の診療所に行ったんだけど、あまり言えないんだけど、その頃、診療所に来ていた若い医者は、上手く取れずに、最後は、
「メスで切りましょうか?」
と言うので、かみさんは、診療所に来たことを後悔したそうな。
 そんなわけで、医者に頼らずに、私に頼むようになったんだよね。


 で、ダニをヨーグルトの空パックに入れて観察してたんだけど、
・俯せに置いてやると、カップの中を歩き回るので、
・仰向けに置いてやると、
 かみさんの血を吸って大きくなってるので、起き上がれず、
 諦めて、ジーッとしているんだけど、
 息を吹き掛けてやると、呼気の温度と二酸化炭素に反応して、
 8本の足をモゾモゾ動かす。
んだよね。
 面白い。
 でも、これって、いじめか?


 そんなわけで、自然からの恵みと脅威の話でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.10 横山秀夫「影踏み」 第7話「行方(ゆくえ)」

2018/10/10 20:52
 「横山秀夫」氏の小説「影踏み」の最終章 第7話「行方」をアップするので、読んでください。
 長期に渡ったけど、今日で終わりです。


 お義姉さん(かみさんの兄貴の奥さん)は読書家で、「横山秀夫」氏の作品のことも良く知っていて、
「ちょっと暗い作品が多いね。」
と言っていた。

 確かにそうかも知れない。
 辛い人生を歩む人のことが多く書かれているからね。


 この「影踏み」もそうだけど、しかし、それでも、前を向いて歩こうとする姿に、共感を覚えて、また読みたくなる作者である。


 では、第7話「行方」だけの粗筋とネタバレは、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-07-yukue.htm

 なお、「影踏み」全体の話のフレーム(構成)は、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.09 老々介護

2018/10/09 21:52
 今年の誕生日で、姉は、後期高齢者の仲間入りをした。

 その姉が、大変なことになって来た。
 すっかり足腰が弱くなって、立てられなくなってきたのである。


 ベッドから降りて歩き出せば、室内にも玄関にも手摺が着いているし、外に出れば、外壁にも手摺を着けて、犬走りの降り口には、手押し車を置いてるので、何とか移動は出来る。

 しかし、床に座った状態から立とうとすると、足が突っ張れず滑るので、立てないのである。
 いよいよ、困ったことになってしまった。


 そんなわけで、今まで何とか自分一人で入っていたお風呂も、入ることが難しくなった。
 そこで、かみさんが付き添うことになったのである。


 かみさんは、整理箱の奥に仕舞ってあった、たー爺さんの介護の時に着ていたジャージーの上下を出して来て、姉をお風呂に入れてくれた。
 感謝。
 かみさんも60歳を越えたので、老々介護だけど、かみさんに頼るしか無い。
 感謝。


 ただ、良いことも。
 と言うのも、姉は、歳を取るにつれてドンドン「ずぼら」になって来て、お風呂に入っても、しっかりと体や頭を洗わないので、凄く体が臭くなって来てたんだけど、かみさんが洗ってくれるので、随分と体の臭いが減ったんだよね。
 感謝。

 これからも、よろしくお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.08 半鐘行方不明事件

2018/10/08 23:20
画像



 今、副区長を務めているW氏から、
「大変なことが起きた。公民館に来て。」
との電話。

 それを聞いて、私は、
「姉が、散歩中、倒れたのか?」
と焦った。
 しかし、姉の手押し車は玄関前に有る。
「何だろう?」


 行ってみてビックリ。
 と言うのも、我が集落の真ん中に「集落公民館(集落センター)」が有り、その横に、
・集落用に置かれている消防ポンプの
 消火ホースを吊り上げて乾かす為の、
 10mを超えるコンクリート製の柱が立っており、
・その途中に、火事の時などに打ち鳴らす、
 半鐘が吊るして有ったんだけど、
・その半鐘が、無くなっていた。
のである。


 落ちたことも考えられるので、区の三役(区長、副区長、農家組合長)と私の4人が、
「何処かに落ちていないか?」
と探したりしていたんだが、見付からなかったんだよね。


 そこで、
「金属類泥棒」
のことが頭をよぎった私だ。
 と言うのも、マンホールの蓋やガードレール、グレーチングなどを盗んで、悪質な金属類回収業者に売って、金儲けをする輩が居るからねえ。


 その時、私は、かみさんに、電話して、事情を説明しておいた。
 と言うのも、かみさんは、私の行動を把握していないと不安になるらしく、なるべく居場所や行動を連絡することにしているからだ。
 直ぐに何処かに行ってしまう子ども扱いか?


 でも、それが、事件の解決につながることに。
 と言うのも、集落公民館から50mほど離れた我が家の傍を、夫婦でウオーキングに出掛けた老夫婦の旦那さんが、かみさんに、
「公民館横で、たくさんの人が集まって、
 何が有ったんですやろね?」
と聞いて来たので、かみさんが、
「半鐘が無くなったそうですわ。」
と答えたら、旦那さんが、
「そう言えば、ちょっと前に、公民館横を通ったら、
 半鐘が釣り下がっている屋根が傾いていたので、
   ”落ちんと良いのになあ。”
 と思ってたんです。」
言ったんだよね。


 そこで、かみさんが私に電話して来たので、改めて探したところ、何と何と、コンクリート柱の横に有る「ツツジの生垣」の中に、スッポリ隠れ落ちてたではないか。
 多分、台風の強風で揺れて、耐えられなくなった落ちたんだよね。


 不思議なのは、
・その生垣の落下地点は、
 半鐘が吊り下がっていた場所から少し離れているので、
 斜めに落ちなければ、そこに落ちないし、
・そんなに幅が有る生垣でもないのに、
 生垣の幅に沿って、縦に、わざと隠れるように落ちてたし、
などなど、人間が隠したみたいなんだよね。
 自然の起こす不思議さだ。


 そんなわけで、何はともあれ、犯罪でなかったのが良かったなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.07 LEDシーリングライト購入

2018/10/07 22:25
画像



 先ずは、解説だが、「シーリング」とは、
・「天井」の意味で使われる場合は、
  「天井灯」、「天井ライト」などの意味で使われ、
・「上限」の意味で使われる場合は、
  予算要求の上限(最高限度額)などに使われる、
のである。

 だから、今日の話題の場合は、「天井照明(電灯)・天井ライト」と言うことになる。


 夏の間、強烈な日光で2階の屋根が焼けて、2階の部屋は暑くて寝られない。
 エアコンを掛けて寝る方法も有るのだが、我が家は、エアコンの風があまり好きではなく、それをしない方針なので、汗まみれになって寝るしかない。


 かみさんは、痩せている所為か暑さに負けず2階で寝てるのだが、私は耐え切れない。
 そこで、1階に降りて、夏をやり過ごした。
 我が家は、南に山と川が有るので、夜は涼しい風が入って来るんだよね。


 が、かみさんが、
「夏も終わったのだから、2階に帰って来なさいよ。」
と言うので、2階に戻った。
 1階での生活は、階段を上がり降りしなくて良いので、とても楽だったから、2階に戻るのは、ちょっと残念だったんだよね。
 かみさんには言わないけどさ。


 で、折角2階に戻って生活するので、少しでも良い環境にしたいと考え、色々と工夫したが、その1つが、「シーリングライト」の購入である。

 と言うのも、私が、読書したり、テレビやDVDを観たり、パソコンを使ったりする部屋は、元々が畳を敷いた和風の部屋だったので、照明も、
・吊り下げ式の、
・和風の、
・蛍光灯、
の物だった。

 蛍光灯なので、下はそんなに暗くはないのだが、吊り下げ式だと、光は傘の横から下を照らすので、どうしても天井板などは暗くなるんだよね。


 それに対して、天井密着式である「シーリングライト」は、天井も照らすので、部屋全体が明るくなる。
 加えて、光源がLEDなので、とても明るくなる。


 因みに、買ったのは、
・アイリスオオヤマの、
・6畳用で、
・光源はLEDで、寿命は4万時間、
・消費電力は33wで、
・光の色合い変更(調色)は不可で、昼光色タイプのみ、
・明るさ(調光)のみ、10段階で変更可能、
・常夜灯有り、
・アマゾンで、3,803円と言う安さ、
の物である。


 我が家の客間などに着けてあるLEDシーリングライトは、光の色合いを変えられる物で値段も高かったが、今回買った物は、調色出来ないが、何の問題も無い。
 逆に、調色可能な高い物を買う必要は無い。
 調色が必要な生活をしていないからね。


 そんなわけで、あまり費用も掛けず、明るい部屋になったので、とても快適だ。
 皆さんにも、お勧めします。



 なお、調色について書いておくと、
1)昼光色は、
 ・一番普通の光色で、
 ・読み書きや裁縫などに向いている。
2)昼白色は、
 ・屋外の明かりに近い色で、
  洋服の色がそのまま確認出来たりする。
 ・お化粧にも最適の光色。
3)電球色は、
 ・寝室などリラックスしたい場所に向いている。
 ・料理も美味しく見えので、食卓にも向いている。
と言うことになるのだそうな。
 参考に。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.06 横山秀夫「影踏み」 第6話「遺言(ゆいごん)」

2018/10/06 23:06
 「横山秀夫」氏の小説「影踏み」の、第6話「遺言」をアップするので、読んでください。

 早く7話まで進み、他のネタで日記(ブログ)を書きたいんだけど、後ちょっとお付き合いください。


 では、次のURLで、第6話「遺言」の粗筋とネタバレをどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-06-yuigon.htm

 なお、「影踏み」全体の話のフレーム(構成)は、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.05 横山秀夫「影踏み」 第5話「使徒(しと)」

2018/10/05 12:49
 「横山秀夫」氏の小説「影踏み」の粗筋を書き続けていて、今日は、第5話「使徒」をアップするので、読んでください。

 最後は、女の子の手紙に、思わず瞼(まぶた)に、涙が溜まります。
 だから、「横山秀夫」氏の書く小説が好きなんです。


 では、次のURLで、第5話「使徒」の粗筋とネタバレをどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-05-sito.htm

 なお、「影踏み」全体の話のフレーム(構成)は、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.04 防草シート張り(2)

2018/10/04 22:55
画像


 我が集落では、町道、農道、河川護岸などの「官地法面」に、防草シートを張ることになり、
・10月1日には、河川護岸法面に、
・今日10月4日は、反対側の町道法面(土手)に、
防草シートを張る作業を行なった。

 なお、我が家が持っている、「コメ作り」が出来る唯一の田んぼで、今回防草シートを張るのは、
・縦  100m、
・横   10m、
・面積1000u(10a=1反)
の田んぼである。


 河川護岸の法面は、張る高さが2mちょっとだったので楽だったし、時間もそれほど掛からなかったが、今日張った町道法面は、3.5mを超える高さが有り、シートを2段に重ねて張らなければならなかったので、大変だった。

 2枚のシートを重ねた場合、隙間から強風が入ると、一気にシートを捲り上げて剥がすので、2枚のシートの重なり部分に補修テープを張って隙間をふさいだ。
 それだけでは弱いので、知人が、揚水ポンプ用のビニールホースを持っていて、それを気前良くプレゼントしてくれたので、補強用に張った。


 また、シートの一番下も、強風の侵入を防ぐ為に、30cmのU字型ピンを特急で買いに行き、それで留めたのだが、そこも、貰ったビニールホースを補強用に張った。

 なお、太いクギならハンマーで打ち込めるのだが、U字型ピンは細くて弱いので、ハンマーで叩いてビニールホースに突き刺そうとすると、曲がってしまうんだよね。
 そこで、インパクトドライバーの先にドリル刃を装着し、先にビニールホースに穴を空けて、U字型ピンを挿してから、ハンマーで打ち込んだ。


 そんなこんなで手間が掛かり、大変だった。
 たくさんの田んぼを持っている人は、4ヶ所も5ヶ所も防草シートを張っているが、その根気は凄いね。
 まあ、草刈りをしなければならない場所を減らしたい一心なんだろうが、ご苦労様です。


 我が家は、これで終了なので、ほっと一息と言うところだが、息子の負担を減らす為、山間の田んぼにも張ろうかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.02 横山秀夫「影踏み」 第4話「業火(ごうか)」

2018/10/03 23:06
 「横山秀夫」氏の小説「影踏み」の粗筋を書き続けているが、
「楽しみにしている。」
と言ってくださる方がいらっしゃる。
 有り難うございます。


 と言うことで、他にも日記ネタは有るんだけど、今日も、「影踏み」の粗筋をアップするので、読んでやってください。
 まあ、小説そのものを読まれる方が良いんだけどね。



 では、第4話「業火」の粗筋とネタバレだけのページは、次のURLでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-04-gouka.htm

「影踏み」全体のフレームへのリンクは、次のURLです。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.02 横山秀夫「影踏み」 第3話「抱擁」

2018/10/03 08:46
 「横山秀夫」氏の書く小説は、本当に好きだ。
 人間の美しさが描かれており、思わず共感してしまう。


 例えば、必死になって出世しようとしていた警察官が、周りの冷たい視線を浴びながらも、目の前の出世を捨てて、人間として、警察官として正しいと思う道を選んでしまう。

 この「影踏み」のヒロイン「安西久子」も、いくらでも普通の生活と幸せを手に入れられるのに、「真壁修一」との縁を切れず、苦しみながらも、「修一」を待ち続ける。
 その健気さと儚さに、何とか幸せになってほしいと、感情移入してしまう。



 そんな「久子」のいじらしさが描かれた第3話「抱擁」を追加したので、読んでください。

http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.10.01 防草シート張り

2018/10/01 23:27
画像


 我が家は、
・山際の田んぼは、コメ作りを止め、果樹田にしているが、
・集落よりも低い平たい場所に有る田んぼは、農業会社に預けている。
のである。

 因みに、我が家が持っているコメ作りの出来る田んぼは、この農業会社に預けている、
・縦100m、
・横 10m、
の、1000u(10a=1反)の田んぼ1枚だけである。
 貧農である。


 とは言っても、
・会社が請け負っているのは、
 水張り面積と言う、コメなどを育てる範囲で、
・畦畔(けいはん=畔や土手)は、
 元々の田んぼの持ち主(私たちのこと)が管理する、
契約になっている。

 そんなわけで、
・作ったコメなどは農業会社の物になるし、
・畦畔の草刈りは私がしなきゃならないし、
で、良いことは何も無い。


 では、
「それが嫌なら、自分でコメ作りとかすれば良いやんか。」
と言われると、それの方がもっと辛い。

 と言うのも、
・田んぼを耕すには、耕運機かトラクターが必要、
・稲の苗を植えるには、田植え機が必要、
・春から稲の刈り取りまで、水の管理が必要、
・肥料播き、除草剤や農薬の散布が必要、
・稲の刈り取りにはコンバインが必要、
・モミを乾燥させる乾燥機が必要、
と、高額の農機具代や肥料代、農薬代が、掛かるからである。
 それに、労力も掛かるしねえ。

 だから、田んぼを農業会社に預けるのが、次善の策なのである。

 田んぼの管理は、本当に大変なんだよね。
 昔は、田んぼは値打ちの有る財産だっただろうが、今は、中途半端に田んぼを持ってると、「負の財産」なんだからね。


 他所に住んでいる知人で、数反の田んぼを持っている人が、
・自分でコメ作りをやった時の経費(農機具、農薬、肥料代など)
  ただし、自分の農作業での労賃は無しとする、
・穫れたコメを金額に換算、
・損得を計算してみたら、
  米代−経費=マイナス9万円
だったそうな。

 そして、
「コメ作りや田んぼの草刈りなどに費やす時間と労力を考えたら、
 とてもじゃないが割に合わないので、農業会社に預けることにした。
 マイナスが9万円にもなるなら、
 田んぼを止めて、コメを買った方がましや。」
と言ってた。

 そんなわけで、1町(10反=1ヘクタール)以上の田んぼでコメ作りをするなら値打ちも有るだろうが、僅かな田んぼなら、年に数日しか使わない高価な高価な農機具を買うなんて、割の合わないことだからね。

 長々と書いたが、兎に角、畦畔の草刈りをしなきゃならない。
 しかし、私も、どんどん老化の階段を昇っているし、草刈りなどの農作業がしんどくなるので、官地(町有地)の分に防草シートを張ることにしたのである。
 官地は町が管理すべき土地なんだけど、昔から、田んぼに隣接する官地は、田んぼの地権者が草刈りをしてきた歴史が有るから、仕方が無いわな。


 そして、一応の完成が、写真の物だ。
 この急斜面の土手の草を刈らなくて良くなるのは、助かる。


 次は、この田んぼの100m反対側の土手にも、防草シートを張る予定だ。
 やれやれ、ほっこり。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.09.30 横山秀夫「影踏み」 第2話「刻印」

2018/09/30 10:47
 早速、第2話「刻印」を追加したので、読んでください。

http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.09.30 横山秀夫「影踏み」再構成

2018/09/30 08:27

 台風で暇なのと、折角の作品紹介を徹底しようと思い、横山秀夫氏の「影踏み」を、フレーム構成にしてみた。

 順次、2〜7話も紹介するので、読んでやってください。

 では、「影踏み」のフレームページへ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.09.29 横山秀夫「影踏み」

2018/09/29 23:05
 台風の接近で、一日中雨が降っていて、外作業が出来ない。
 と言うことで、「横山秀夫」氏著作の「影踏み」を読んだ。


 横山秀夫氏の小説には、警察物や犯罪物が多いが、警察官や刑事の華々しい活躍を描くのではなく、警察官や警察組織の中で、人間として苦しみながら、それが自分の出世に繋がらなくても、自分の信じた道を歩こうとする姿を描いていることが多く、そこに惹かれるのである。

 さて、今日、読んだ「影踏み」だが、
・7つの短編集だが、
・その7話が、大きな物語の流れを作っていて、
・最後の謎を明かしていく、
と言うもので、双子の、強い結び付きや、災いとなる束縛、恋人を巡る苦悩、そして謎解き、などなど読み応えの有る作品だった。


 それを紹介したいので、次のページでどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/kagehumi/kagehumi-fre.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.09.28 草刈機ボルト騒動

2018/09/28 23:11
画像



 手で持つ草刈機で、とても入り込んだ騒動が有ったので、記録しておこう。

 なお、触りを書いておくと、私の住んでいる所が「中山間地」なので、周りは田んぼだらけで、「イセキ」や「クボタ」、「ヤンマー」などの従業員が、会社のマーク入りの軽トラックで走り回っているが、その会社を取り違えたのが原因である。

1)ボルトの頭の摩耗
 回転刃を固定しているのは、左ネジのボルトなのだが、
そのボルトの頭が、土や草などとの摩擦で丸まってしまい、
丸まった頭がレンチに引っ掛からないので、
ボルトを外そうとしても外せなくなったのである。

2)新品のボルトを注文
 いつも親切にしてくれる「イセキ」の営業&修理マンに、
「メーカーが違うけど、基準が同じなら、ボルトを探して。」
と頼んだ。
 しかし、いつも誠実に対応してくれる営業&修理マンが、
かなり経っても来ないし、電話も無い。

 そこで、メーカーにボルトの新品を注文しようとして、
草刈機に張ってあったシールが「コマツゼノア」だったので、
電話帳に出ていた「コマツ」に電話して注文。

 その時、電話に出た女の子が、
「取り寄せになりますね。」
と言った時に、
「おかしいなあ。そんな物、在庫が有るやろ?」
と、ちょっと疑問を持ったが、
「まあ、草刈機が凄く古い物なので、合うのが無いのか?」
と自分なりに結論を出したのが間違いの元。

3)「コマツ」からの電話
「ボルトが届きましたので、来てください。」
との電話が有ったので、
「JRの裏に有る支所やね?」
と言ったら、
「いいえ、ラーメン店の近くです。」
と、女の子が言うではないか。
「なにー?」

 そこで、自分の大きな勘違いに気付いた。
 と言うのも、私は、以前、チェンソーなどを買ったことの有る
「クボタ」を「コマツ」と勘違いして注文したんだよね。

4)高い買い物
 そんなわけで、仕方無く「コマツ」の営業所に行った。
 すると、送料も貰いたいと言う。
 たった1本のボルトが、高い物に付いてしまった。

 しかし、そこでキャンセルも出来ないので、
仕方無くお金を払った。

 すると、窓口の女の子が、
「高い買い物になって済みませんでした。」
と詫びて来る。
 それに対して、
「いやいや、貴女が悪いわけでなく、
 勘違いした私が悪いんで、仕方が無いわ。
 それに、別嬪さんの顔を見られたので、良しとするわ。」
と言うと、その女の子は、
「あらあー、そんな。済みません。」
と、可愛い笑顔を見せてくれた。
 本当に可愛かったのである。

 そして、車に乗り「コマツ」の駐車場を出ようとしたら、
その女の子が、何度も何度もお辞儀をして見送りしてくれた。
 良い子だねえ。

5)「イセキ」の営業&修理マン来たる
 そんなわけで、高い高いボルトを使っていたのだが、
「イセキ」の営業&修理マンが我が家に来て、
「遅くなり申し訳ございませんでした。」
と謝る。

 そして、
「実は、電話を貰って次の日に倒れて、
 病院に担ぎ込まれたんです。」
と言う。
 原因は、「尿管結石」と言って、
腎臓と膀胱を繋いでいる「尿管」に結石が出来て、
激痛に立っていられなくなって、病院に担ぎ込まれたそうな。

 しかし、仕事は休めないので、痛み止めを貰い、
仕事に復帰していると言う。
 と言うのも、稲刈りの真っ最中で、
コンバインが不調になると呼ばれるので、
毎日、お昼ご飯も食べないで走り回っていると言う。
 今日も、軽トラックの助手席に食べてない弁当が。

 で、気になってたけど、我が家に来れなかったそうな。
 そんなこととは知らず、ちょっと不信感を持っててご免ね。

6)嬉しい終わり方
 営業&修理マンが新しいボルトを持って来てくれたんだけど、
私が「コマツ」から買った物を見て、
「まだ、これは使えるので、持って来た物は要りませんね。」
と確認。

 しかし、回転刃を抑える「ボルトガード」も摩擦で減って、
ボルトの頭がかなり飛び出しているのを見て、
「僕の個人的に持っている物なので、差し上げます。」
と、擦り減った「ボルトガード」を外し、
自分の持ってた、中古だけどまだ使える「ボルトガード」を、
無料でプレゼントしてくれた。
 有り難う。


 そんなわけで、私の思い込み違いから、高い買い物をしたりの失敗も有ったけど、最後は、善意を貰って、有り難い終わり方になった。
 感謝!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

復活!そして終活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる