アクセスカウンタ

復活!そして終活

プロフィール

ブログ名
復活!そして終活
ブログ紹介
毎日、更新します。ご愛読ください。

zoom RSS

2019.01.18 トマトラーメン(ヌードル)

2019/01/18 22:07
画像


 先ず蘊蓄(うんちく=知識)を書くと、「におい」の書き表し方だが、
・「臭い」は、下水などの嫌な「におい」、
・「匂い」は、香水などの良い「におい」、
だそうな。

 私、トマトが大好きである。
 だから、
「トマトは臭いから嫌。」
と言う人の気持ちが分からない。


 私は、臭いに敏感なので、トマトの匂いは分かっている。
 未熟な時の青臭い匂いも、熟した時の匂いも、分かっている。
 しかし、嫌な臭いと思ったことは無い。


 そんなわけで、
・ランチデートでパスタを食べる時も、
 トマトソース味しか食べない。
・ラーメン屋で、普段、とんこつラーメンを食べるけど、
 夏の限定メニュー「トマトラーメン」は食べたい。
・居酒屋に行くと、お酒の肴に、スライストマトを頼む。
のである。


 こんなにもトマトが好きな私なので、普段もトマトラーメンを食べたくて、インターネットでトマトラーメンを探してみた。

 そこで見つけたのが、
・日清食品の、
・カップヌードル「チリトマトヌードル」ビッグ、
 容量107g、
・12個入りが2,288円で、1個当たり191円、
と言うもの。
 ついつい、勢いで買ってしまった。


 で、それが届いたので、早速、食べてみた。
 結論。
 チリトマトと言うだけ有って、とてもピリピリしている。
 トマトの美味しさよりも、トウガラシのピリ辛がきつくて、ちょっと不満。

 ただ、そのピリ辛が後を引いて、また食べたくなるのも事実だけどね。


 もっと美味しいトマトラーメン、何処かにないかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.17 「川瀬巴水」木版画作品集

2019/01/17 23:52
画像



 かみさんは、「何でも鑑定団」と言うテレビ番組が好きだ。

 家に伝わる家宝や、のめり込んで大金を叩いて買った骨董品などを、鑑定のプロが鑑定し、値段を付ける番組だ。
 で、鑑定の結果、数千万円の値が付くことも有れば、1千円ほどで終わることも有り、出品者の歓喜や落胆の表情が面白い。


 かみさんがその番組を観たがるので、ついつい私も一緒に観ることが多い。
 で、先日の放送で、木版画作家の「川瀬巴水」の作品が鑑定されていて、その作品を観た時、あまりもの素晴らしさに、衝撃を受けてしまった。


 で、インターネットで作品集を探し、Amazonで見付けたので、迷わず買ってしまった。
 因みに、この作品集は、
・縦が30cm、横が21cmの大判本で、
・370点ほどの作品が収録されていて、
・3,240円、
と、私にとっては、超お得本だった。


 載っている作品も素晴らしいが、木版画が、どのように刷られていくのかを例示したページが有り、それに感心してしまった。

 と言うのも、多色刷りの木版画は、
・風景や人物の輪郭となる線を、黒色で刷り、
・その後、色毎に、何回か分けて刷って行くのだが、
・「葛飾北斎」の有名な「凱風快晴(赤富士)」は7色刷りなのに、
 「川瀬巴水」の作品は、平均30色刷り、
なのだそうで、1色ずつ重ねて刷られて行く、その過程の説明に、凄く感動してしまったのである。


 そんなわけで、この作品集は、本棚に入れずに、こたつの上に置き、折に触れて眺めている。
 何度観ても、感心してしまう、素晴らしい作品集である。


 皆さんも、作品集は買わなくても良いですけど、一度、インターネットで「川瀬巴水」を検索し、作品を観てみてください。
 感心すると思いますよ。



 さて、江戸時代に大きく成長した木版画は、「葛飾北斎」や「安藤広重」などの有名版画絵師が生まれ隆盛したが、明治時代に入り、西洋から金属印刷、写真などが伝わって来て、手間が掛かり、大量印刷が不向きな木版画は廃れて行く。

 しかし、木版画を復興させようとした「渡辺庄三郎」は、「川瀬巴水」を重用し、次々と素晴らしい作品を発表させ、木版画が、再び注目されるようになる。
 また、外国でも、日本独特の木版画は、芸術的にも高い評価を受けるようになる。

 これからも残して行きたい、日本の誇る芸術の1つである。
 皆さんも、忘れないでください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.16 仏法始め

2019/01/16 21:50
 幸せの神様に来ていただけるよう、目印にしているのが「門松」。
 そして、門松を立てている期間を、「松の内」と言う。

 因みに、「松の内」の期間だが、
・関西は、1月15日までが多く、
・関東は、1月7日までが多く、
・忙しい現代では、1月3日でお正月は終わり、
 と言う感じが強い。
ということだ。

 なお、昔は、
・1月15日は「骨正月」と言って、
・「お正月のご馳走も骨まで食べ尽くし、正月も終り」
と言われていたそうな。
------------------------------------

 さて、「松の内」の間は神事期間なので、仏事を避けるようにしていたらしい。
 で、「松の内」が明けたので、仏事も解禁になると言う意味か、我が集落では、毎年1月16日に「仏法始め」を行なうのである。


 その内容だが、
・般若心経、
・西国三十三箇所の御詠歌(ごえいか=念仏)、
・舎利礼文(しゃりらいもん)、
などを唱えるのである。


 ところで、この「仏法始め」、昔は女の人が殆どで男は少なかったのに、最近は、男と女の割合が逆転し、今日は、
・男が9人、
・女が6人、
と言う結果に。

 どうなっているんだい?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.15 電動エアハンドガン購入

2019/01/15 22:31
画像



 電動エアハンドガンを購入してしまった。

---------------------------------------
 因みに、エアガンとは、
・「エア(ガスや圧縮空気)」の力で、
・鉛で作られた金属の弾や、
 プラスチックや自然分解物質で作られた
 BB弾と呼ばれる弾を、
飛ばす銃である。

 「ソフト」ガンと呼ぶのは、
・鉛などの金属の弾でなく、
・柔らかいBB弾を飛ばす。
ので、「ソフト」ガンと呼ぶ。

 また、「ハンド」ガンとは「拳銃・ピストル」のことである。
----------------------------------------

 さて、私は、既に、
・フロンガスの力でBB弾を飛ばす、
 ガス式エアソフトハンドガン、
・コッキング式エアライフル、
を持っている。

 特に、ガス式のハンドガンは、威力も凄く、畑を荒らしに来るサルを脅すのに最適である。


 それなのに、何でまた、エアソフトガンを買ったかと言うと、ガス式は、
・冬の気温の低い時は、ガスの気化が悪いので、
 BB弾を飛ばす力が弱いので、
・撃つ前に、
 ポケットに入れるか、電気ゴタツに入れるか、
 使い捨てカイロにくっ付けるかして温める、
など、手間が掛かるからである。


 それに比べて、電動式は、充電式のバッテリーで空気を圧縮して飛ばすので、冬でも威力が落ちずに使えるからである。

 因みに、値段だが、Amazonで、
・ハンドガン本体は、11,142円、
・ニッケル水素バッテリーは、2,130円、
・バッテリー充電器は、2,594円、
で、合計15,866円だった。

 この値段だが、
「オモチャみたいな物に1万6千円近くも出して。」
と思う人も居るだろうね。


 ただ、私は、
「残りの人生はそんなに長くもないだろうから、
 不必要な我慢をするのではなくて、
 自分の小遣いの範囲で、無駄を省きながら、
 買いたい物は買って、食べたい物は食べて、
 やりたいことはやって、死ぬ。」
と決めているので、
「今度の買い物で満足感が満たされた。」
から、良かったと思っている。


 なお、今回買った「グロック18」は、
・オーストリアの軍事工業会社の拳銃を模した物で、
・実物同様に、連射機能を持っていて、
 引き金を引いている間、弾が続く限り、
 打ち続けることが出来る。
製品なので、サルも、バババババババッと集中して飛んで来る弾には、吃驚するだろうね。


 ただ、最近は、BB弾で脅かされたサルが、我が家の近くには来なくなったので、電動エアハンドガンを使う機会が無くなったねえ。
 サルが来ないのは、良いことだけどね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.14 「大家さんと僕」

2019/01/14 23:34
 お笑い芸人コンビ「カラテカ」のボケ担当である「矢部太郎」をご存じだろうか?
 あまり売れてないので、有名なテレビ番組には出て来ることが少ないので、知名度は低いと思う。

 加えて、
・身長は160cm弱、体重は40kgと小柄で、
・とても気が弱くオドオドしているし、
・緊張すると、おチンチンを掴むチックの持ち主で、
とてもじゃないが、メジャーな存在にはなれないだろう人物だ。


 しかし、この人は、
・学費が払えず東京芸術大学を中退したけど、
・気象予報士の資格を持っているし、
・テレビ番組の企画が切っ掛けではあるが、
 5か国語を習得しているし、
・テレビの雑学大会で優勝したりもしている、
本当はかなりの才能の持ち主である。


 ただ、あまりにも気が弱く、自分を上手に表現出来ない所為で、お笑い芸人としては上に行けない人である。
 もっと別の人生を生きた方が良かったかもね?


 人物紹介は程々にして、本題に。

 この「矢部太郎」氏が描いた、
「大家さんと僕」
と言う、
「第22回手塚治虫文化賞短編賞」
を受賞した漫画が有る。


 以前から読みたかったが、行き付けの図書館でも人気が有って、なかなか順番が廻って来ず、今になった。
 なお、昔は何百冊も本を持ってたけど、私の家が日当たりの悪い所に建ってるので、全部の本がカビだらけになってしまい、それ以来、本は買わずに、図書館で借りることにしているので、こうなるのである。


 で、この「大家さんと僕」を読んで、本当に心が癒された。
 普段は漫画を読まないかみさんも、
「読み始めると、癖になって止められない。」
と、読み切ってしまった。

 正直者で繊細で優しい「矢部太郎」氏と、上品でお金持ちでゆったりと生きている大家さんが、間借り人と大家さんの関係を超え、人間同士の、家族のような関係を持つようになって、お互いが助け合い癒し合う生活をするようになった過程が、ほのぼのとしたエピソードで綴られている。


 こんな上品でお金持ちの大家さんに、「矢部太郎」氏のような良い人が関わることになって良かったよね。
 金持ち老人を食い物にする悪徳業者がいっぱい居るのに、よくぞまあ無事に今まで生きて来られたものと、他人事ながら感謝している私だ。


 それはさておき、ほのぼのとして、癒されて、笑わせてくれて、人間を信じることの良さを感じさせてくれる、読み易い、本当に素晴らしい漫画です。
 是非ともお勧めします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.13 テレビで知ったグルメ

2019/01/13 22:58
画像


 最近のテレビは、
・健康番組、
・知識番組、
・クイズ番組、
・グルメ番組、
の多いこと多いこと。


 多分、健康やグルメは、
・視聴者のニーズも大きいだろうし、
・製作費も少なくて済むから、
テレビ局にすれば、願ったり叶ったりなんだろうね。


 そのテレビ番組を見てた時、
「美味しい焼き芋の作り方」
をやっていたので、早速、かみさんが作ってくれた。


 それは、
・炊飯器を使い、
・釜の中に100CCの水を入れ、
・玄米炊きコースで、
・2時間近く、ゆっくりと炊く。
のである。

 すると、本当に甘く出来上がるのである。
 もしも、玄米炊きコースの有る炊飯器だったら、やってみてください。
 本当に美味しいから。


  なお、
・「紅あずま」は、水分が少ないので、「ほくほく」、
・「紅はるか」は、水分が多いので、「しっとり」、
・「安納芋」は、「ねっとり」
している。

 かみさんが言うには、
「紅あずまは、水分が少ないので、
 食べていると、喉が詰まる。
 そこで、水分が多くて、水が無くても食べられる
 紅はるかが喜ばれるようになって来た。」
のだそうな。

 私も、「紅あずま」よりも、「紅はるか」、「安納芋」の方が、より美味しいと思いますが。



 もう1つ。
 コンビニ「ローソン」で売っている「悪魔のおにぎり」
のことも、テレビで観た。

 そこで、ついつい食べたくなって、1個だけ買って来て、食べてみた。


 因みに、この「悪魔のおにぎり」は、
・白出汁(しろだし)でご飯を炊き、
・イカ天の入った天かすを混ぜ込み、
・青のりや天つゆを混ぜている、
そうな。


 で、かみさんと分けっこして食べてみたのだが、確かに美味しかった。
 味が濃いので、このおにぎりを食べながらビールを飲むと、おにぎりも、ビールも、更に美味しくなるんだよね。

 ただ、紹介ページに書いてあるように、
「癖になって、何度も食べたくなる」
ことは無かった。
 と言うのも、今日もローソンに寄って、「悪魔のおにぎり」を目にしたけど、買わなかったからね。

 やっぱり、
「白いコシヒカリのおにぎりが好きだから」
かな?


 まあ、私の感想は読み流して、皆さんも、炊飯器焼き芋と悪魔のおにぎりを試してみてください。
 美味しいですよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.12 エンジンオイル交換01

2019/01/12 22:33
画像


 先日から、エンジンオイルの交換のことを書いて来た。
 今までもやって来たことだけど、何故か、最近、クローズアップ。

 そんな中、今日は、ミニ耕運機「プチな」のエンジンオイル交換を行なった。
 春から、また頑張ってもらわなきゃならないからね。


 何で1月になってからかと言うと、12月の初めまで「プチな」を動かしていたからである。
 多分、1月中にも、空き地にも防草シートを張りたいので、表面慣らしの為に働いてもらわなきゃならないみたいだ。


 ところで、このミニ耕運機「プチな」を買ったのは、4年10ヶ月前の2014年(平成26年)4月だった。
 で、一年間使って2015年の春前にエンジンオイルを交換したんだけど、それ以降は、一度もオイル交換をしていない。
 だから、約5年間弱、同じエンジオイルで動かしていたんだよね。
 と言うのも、毎日のように乗る自動車と違い、稼働時間がとても短いから、一年毎に替える必要が無いと思うからだった。


 しかし、稼働時間が少ないからと言って、5年弱も使っていれば、劣化するからねえ。
 良く無いよね。
「プチな、ご免なさい。」


 勿論、時々は、エンジンオイルの量をチェックして、足らなくならないようには気を付けていたけど、ちょっと期間が長過ぎたかもね。
 その所為か、エンジンオイルを抜いてみたら、真っ黒クロスケだった。
 反省。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2019.01.11 ドクターとの意見相違

2019/01/11 22:56
 姉は、二ヶ月に1回、主治医の診察を受けている。

 姉は、徐々に老化していくことは有るが、それ以外は、ここ数年、大きな変化が無い。
 有り難い。

 が、この診察を受けないと、常用薬が貰えない。
 そして、この常用薬を服用しないと、普通の生活が送れない。


 二ヶ月に1回の診察の合間の月は、私だけが病院に行って、診察無しで薬だけを貰っている。
 その時の申請書に書いてある、
「異常は有りません」
の欄に「〇」を点けなければ、出してもらえない。
 勿論、「異常無し」なんだけど。


 ところで、主治医ドクターが、
「新しい薬が出たので、試そう。」
「今までに無かった考え方の薬で、使ってみる価値が有る。
 是非とも使ってほしい。」
と言う。


 提案は、昨年の11月の受診日に受けた。
 その時は、
「今度の診察日まで検討するので、待ってほしい。」
と返事してたのだけど、その診察日が今日なので、返事をしなきゃならない。


 で、
「前回の説明で、副作用のリスクを聞いたけど、
 私たちは、田舎に住んでいるので、
 都会に住んでいる人たちと違って、仕事がいっぱい有る。
 だから、24時間、姉の傍に付いていられないので、
 何かが有っても、直ぐに対応出来ないことも起きる。」
「今の姉は、”小康(しょうこう)状態”にあるので、
 今の状態を保ちたい。
 これは、妻などと協議した結果だ。」
返事した。


 すると、
「折角、良い薬が出たのになあ。
 でも、話し合いをした結果なら、無理強いはしないけど。
 惜しいなあ。」
と言う。


 そして、
「カルテには、
  ”提案したが、拒否された。”
 と書いておくで。」
と言っていた。
 そんなことをわざわざ口にするのは、折角の提案を拒否されたので、悔しかったのかなあ?


 まあ、私たちは、良い決断だったと思っているんだけど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.10 ボヘミアンラプソディー

2019/01/10 22:27
 今、世界中で大ヒットして、第76回2019年「ゴールデングローブ賞」作品賞を受賞した、映画「ボヘミアンラプソディー」を観に行った。

 この映画は、
・イギリスの大人気ロックバンド「クイーン」の、
・リードボーカルの「フレディ・マーキュリー」を中心に、
・グループ誕生から、再結成までの、
・伝記的映画。
である。


 私は、若い頃、「クイーン」のファンだったので、絶対にこの映画は観るつもりだったが、かみさんは、演歌やフォークソング、ジャパンポップスを聴くので、多分、映画を観る気が無いだろうと思ってた。

 ところが、かみさんが、
「私も観たい。」
と言うので、一緒に観に行った。


 結論。
 上映時間が、2時間14分と長かったのに、知らぬ間に時間が過ぎるほど、飽きずに観終えることが出来た。
 加えて、終盤は、涙ぐみながら観続けた。

 同じくこの映画を観てた女性の二人が、帰り際に、
「途中から、涙が止まらなかったね。」
と言っていたが、同感だ。


 また、映画の中で流れる「クイーン」の演奏する曲の素晴らしいこと。
 うっとりしたり興奮したり。

 そんなわけで、皆さんにも心からお勧めします。



 なお、「クイーン」のリードボーカル「フレディ・マーキュリー」は、
・1991年に、エイズから肺炎になり、45歳で亡くなっているので、
・歌や演奏の音は、実際の「クイーン」の音源を使い、
・アメリカ人俳優ラミ・マレックが、フレディ役を務め、
 風貌やパフォーマンスも、見事に演じ切っていた、
ものだ。

 勿論、
・ギタリストの「ブライアン・ハロルド・メイ」も、
・ベーシストの「ジョン・リチャード・ディーコン」も、
・ドラマーの「ロジャー・テイラー」も、
俳優が演じている。

 それが、全く違和感無しで演じられてて、感心した。
 そんなわけで、皆さんにも心からお勧めします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.09 電子レンジとWi-Fi接続

2019/01/09 23:24
画像



 我が家の台所には、テレビを観られる設備が無い。
 元々、食事中にテレビを観る習慣が無いので、そんな物が要ると言う発想がこれっぽっちも無かったので、リフォームする時に、電気屋さんに頼まなかったのである。


 でも、かみさんが、
「調理中、一人で作っていると寂しい。」
と言うので、かみさんが調理をしながらテレビを観られるように、アンテナケーブルジャックだけでも着けておくべきだったわ。


 しかし、かみさんが、
「別にテレビを観たいわけじゃないし、
 音楽が聴けたら良いんです。」
と言うので、タブレットに、FMラジオが聴ける「radiko(ラジコ)」と言うソフト(アプリケーション)をインストールしてやった。
 すると、「radiko」でディスクジョッキーを聴きながら、料理を作るようになった。


 しかし、それだけでは飽きるだろうと、優しい私は、インターネットで観ることが出来るテレビ「AbemaTV」のソフト(アプリケーション)もインストールしてやったので、時々、「AbemaTV」でニュースを観たり聴いたりしながら、調理をするようになった。
 なお、「Abemaニュース」チャンネルは、テレビ朝日系列の最新ニュースを中心に、ニュースを流して続けてくれるので、それだけでも飽きないし、Wi-Fiで受信しているので、お得だし。


 ただ、問題が。
 と言うのも、電子レンジを使うと、「radiko」も「AbemaTV」も、受信がストップするのである。
 それも、電子レンジから数メートル離れたところにタブレットを置いているのにね。

 やっぱり、電磁波の影響が有るんだよね。



 となると、電子レンジでWi-Fi接続が邪魔されないような工夫をしなきゃならない。
 それについて、別のページに纏めたので、興味が有ったら、読んでください。

 では、いつものように、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/microwave-wifi/microwave-wifi.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.08 エンジンオイル事情

2019/01/08 21:29
 エンジンで動く機械を持っていると、そのメンテナンスが付いてくる。
 このメンテナンスを疎かにすると、
・エンジンが壊れたり、
・長持ちしなかったり、
のトラブルになることが有る。


 そのメンテナンスで欠かせないのが、
4サイクルエンジンの「エンジンオイル交換」である。

 これが結構邪魔臭いけど、折角買った物なので長持ちさせたい。
 ので、今日は、そのことを書いておく。



 私は、ガソリンエンジンが着いている機械を、
・自動車2台、
・スクーター1台、
・自走式除草機1台、
・手持ち式草刈機2台、
・ブロアー掃除機1台、
・ミニ耕運機1台、
・ブレード式除雪機1台、
・オーガ&ブロアー式除雪機1台、
の10台を持っている。
 結構有るねえ。


 なお、これらを分けると、
<4サイクルエンジン搭載で燃料はガソリン>
・自動車2台、
・スクーター1台、
・ミニ耕運機1台、
・ブレード式除雪機(スノーグレーダー)1台、
・オーガ&ブロアー式除雪機1台、
<2サイクルエンジン搭載で燃料は混合油>
・自走式除草機1台、
・手持ち式草刈機2台、
・ブロアー掃除機1台、
となる。


 因みに、
<4サイクルエンジン>は、
・エンジン音が小さい、
・エンジンの回転もスムース、
・廃棄ガスが2サイクルエンジンより綺麗、
<2サイクルエンジン>は、
・エンジン音が大きい、
・エンジンの力が強い、
・廃棄ガスが汚い、
と言う特徴が有る。

 最近は、環境汚染の防止の為に、手持ち草刈機などの小さなエンジンは2サイクルエンジンだが、或る程度の大きさのエンジンは、排気ガスの比較的綺麗な4サイクルエンジンになって来ている。


 さて、2サイクルエンジンの場合は、ガソリンにエンジオイルを混ぜて燃料タンクに入れれば、エンジンルーム内に燃料が入る時にエンジンオイルも一緒に供給されるので、細かなメンテナンスは必要でない。

 しかし、4サイクルエンジンの場合は、
・エンジンオイルは、
 別のタンクからエンジンルーム内に供給され、
 また戻って行くのだが、
・少しずつ減ったり、汚れたり、
するので、
・汚れが酷いとオイル交換をし、
・オイルが減ると補充をする、
ことが必要になる。


 このオイル交換やオイル補充が面倒だ。
 車は、デイラー(自動車販売店)でオイル交換をしてもらうが、
それ以外の機械のオイル交換は、自分でやりたい。
 とは言っても、交換も面倒臭いが、最適のオイルを選ぶのが難しい。


 と言うのも、エンジンオイルは、販売店に行くと、色々な種類の物が売られていて、どれを買ったら良いか分からなくなるからである。
 種類が多いのは、機械の使用目的や季節に合わせる為なんだけどね。



 そんなわけで、色々と調べた結果を次のアドレス(URL)に纏めたので、興味が有ったら、読んでください。

 最初に、エンジンオイルの役目についてです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/oil/engine-oil-yakume.htm

 次は、エンジンオイルの規格についてです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/oil/engine-oil-kikaku.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


我が家の興り

2019/01/07 22:52
画像


 知人と話していたら、
「自分は、自分の家の七代目だと聞いている。」
と言う。
 名家なので、そう言う言い伝えは、はっきりとなされているんだろうね。

 なお、今でこそ平均寿命が80歳を超えているが、昔は、謡(うたい)にも、
「人間五十年、化天(げてん)の内を比ぶれば、夢幻の如くなり」
と有るように、50歳生きれば上等だったようだ。

 だから、五十年×7代=350年ほど続いていると言うことか。



 因みに、家が興る(創立する)のは、
1)元となる本家が有り、
 財産分けをしてもらい、分家して新たな家を創る。
2)財産分けは無くても、
 自立して、新たな家を創る。
3)殿様などの地位の有る人から、褒美として、
 新しく家を創ることを許される(命令される)。
などが考えられる。


 では、我が家は何時から始まったのか?

 それを調べようとしても、
取り分けて名家でもなかった百姓の家だっただろうで、家系図なんて立派な物は無い。
 拠りどころになるのは、亡くなった御先祖の戒名が書かれている「過去帳」だ。


 それに依ると、過去帳の最初に書かれている御先祖が死去した時は、
「文化3年8月」
とのこと。

 これを基準にすると、
「この御先祖が、少なくとも50歳近くまで生きたとしたら、
 安永時代頃には成人に近くなっていただろうから、
 我が家の主人となっていたとすると、
 我が家は、250年ほどは歴史が有るのだろう。」
と推測するのである。
 と言うのも、享年は書かれていないので。


 ただ、
・我が家はもっと前から存在してたけど、
 記録が無いだけだったのか、
・本家から財産を分けてもらい、分家して新たな家を創ったのか、
・この御先祖が、我が家を開いたか、
は、特定することが出来ない。

 そんなわけで、「我が家の興り」を追求することは、あっけなくもこれで終わりだ。


 まあ、何と言っても田舎の百姓の家なので、何かを追及したり掘り起こしたりするつもりも無いが、
これも終活の1つとして残しておこうと言う気持ちからなので、こだわらないけどね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.06 初集会(初寄合い)

2019/01/06 22:06
 今日は、集落の「初集会」の日だ。
 集落内の全戸から、誰か一人は参加し、区内の人事や課題についての検討をする日だ。


 で、
・区長、副区長、農家組合長、副組合長、
・寺総代、宮総代、町レベルの団体の区代表委員、
などを決めて行った。


 我が集落は、役員が2年任期なので、殆どは昨年の継続で、スムースに決まった。
 が、宮総代や寺総代を務めていてくれる人が、健康上の理由などで総代を辞退したいと言われ、全体会では決め難いと言うことで、別室で選考委員会を開き、新たに、寺総代と宮総代を選出。
 選考委員長から全体会に報告し、受け入れられ、寺総代も宮総代も決定した。
 良かった。


 その選考委員会の中で、選考委員と副区長を兼ねているW氏から、男気の有る発言が有り、感心。
 我が区の未来は明るい?
 暗くするなよ!


 その後は、
・還暦などの厄歳や長寿の人の祝い、
・新年会の食事会、
となった。


 食事会で、普段飲まない日本酒をかなり飲んだので、後は自重して外出も控え、競馬のテレビ中継を見ながら、そのまま夜を迎えた。
 なお、昨年の1月以降、
「競馬は勝てないギャンブル」
と悟り、一切馬券を購入しなくなったので、気楽に競馬を観ることが出来るようになった。
 こと競馬に関しては賢くなったなあ。

 パチスロは、まだ悟りに辿り着かないみたいだけど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.05 フロントガラスのリペア修理

2019/01/05 22:57
 最初に、解説を。

 「リペア(repiar)」と言う言葉が有る。
 日本語に直すと、
・修理、
・部分修復、
・手直し、
などの意味が有るようで、「リペア修理」や「リペア補修」と言うと、「修理修理」になってしまう。

 しかし、日本では、「部分修復修理」みたいな感じで、違和感無く使われているみたいだ。
 流石、中国から漢字を、それ以降も、ポルトガルやオランダ、イギリス、アメリカなどから、柔軟に言葉を採り入れて来た日本語と日本人だ。


 さて、本題。

 私、去年の末、ルーミーで近くの県道を走っていて、
・ダンプカーとすれ違った時、
・「バシッツ」と激しい音を立てて、
・石がフロントガラスに当たり、
・フロントガラスに傷が着いた、
のである。


 その時、ドライブレコーダーが動いていたので、ナンバープレートが写っており、ナンバーが分かった。
 そこで、或る方に相談したら、何処の土建会社のダンプカーか調べてくれて、会社に連絡してくれた。
 すると、会社の担当部長さんが来てくださって、フロントガラスの傷を確認。

 で、その時、私が、
「石が飛んで来た時、すれ違ったのはお宅のダンプカーだけど、
 100%、お宅のダンプカーが飛ばしたとは断言出来ないので、
 無理は言いません。」
と言ったら、
「いえいえ、状況から考えると、
 我が社の車が原因だと思います。」
「修理代は会社で持ちますので、リペア修理してください。」
と言ってくれた。


 で、直ぐにリペア修理をしてほしかったけど、
「準備が必要なので予約修理にさせてほしい。」
とデイラー(販売店)が言い、修理の日が今日になった。


 因みに、その修理は、
・接着剤を傷に埋め、
・赤外線で乾かし、
・表面を平らにする、
だけの作業だそうな。

 そして、今回の修理費は、1万円+800円の消費税だ。


 そんなわけで、今日の午後4時前に入店して、改めて傷を診てもらうと、
・傷がギザギザだと割れる可能性が高いが、
 丸くて綺麗なので、心配が少ない。
・傷の場所が下の方だと、温風が出る場所に近いので、
 外気と室内の温度差が大きくなり、
 フロントガラスが割れる可能性が高いが、
 傷の場所が、ほぼ真ん中なので、心配が少ない。
と言う。

 そこで、
「リペア修理を止めるか?」
の話になり、帰ろうかと思ったほどだ。


 が、
「今後、何らかの衝撃が有ると、
 この傷が原因で大きく割れる可能性が有る。」
とのことで、
「お守りの意味で修理しておきましょう。」
との話になった。


 なお、修理したと言っても、傷は残ったままだ。
 その傷の中に透明な接着剤が入っていて、傷が広がらないように繋いでいるだけなんだそうな。


 結果、リペア修理をしてもらったのだが、修理が終わって店を出たのが午後6時30分だったので、2時間以上掛かったことになる。
 修理自体は簡単なことだけど、冬なので乾くのに時間が掛かったのである。

 まあ、修理してなくて、後でフロントガラスに異変が起きたら後悔することになるので、やって良かったと言うことにしておこう

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.04 私の仕事始め「防草シート張り」

2019/01/04 22:15
画像



 本来は、町道を挟んだ田んぼの持ち主が草刈りなどの管理をする場所なんだろうけど、今では我が家が管理をしている官地。
 ただ、私たちも歳を取り、だんだん出来なくなるので、防草シートを張ることにした。


 で、昨年の内に、
・防草シートを広げ、
・町道側には、押さえにビニールホースをL型ピンで固定し、
・川側は、シートが捲れ上がらないようにブロックを置き、
年を越した。


 そして、お正月三箇日が終わった今日、作業を再開。

 で、
・川側に置いたブロックを取り除き、
・ビニールホースを載せて、L型ピンで固定、
した。

 この後、芝桜か松葉菊を植えるかどうかは、かみさんしだいだ。


 とは言っても、息子親子の離れの陰なので、日当たりが悪く育ち難いから、このままでも良いかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.03 お正月三箇日の終わり

2019/01/03 22:03
 今日は、お正月三箇日の最後の日。

 昔は、地方によって違うが、
・七日正月と呼ぶ7日まで、
・小正月と呼ぶ15日まで、
を、「松の内」と考えていたが、忙しい現代においては、1月3日で「お正月」は終わりと考える人が多いだろうね。

 参考までに、お正月の行事のまとめを載せておくので、いつものように、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/bunka/syougatu.htm

 我が家のお正月最後の日は、昨晩泊まった娘と孫2人も居て、朝遅くまで寝たり、箱根駅伝を観たりして、ゆっくりまったりと過ごした。
 特に、外孫2人と私は、終日、パジャマのままだったからね。


 本当は、娘と外孫2人は、昼食を食べて帰る予定だったが、娘にとっては姑さん(外孫2人のお祖母さん)が、インフルエンザに罹ってしまい、
「孫たちは、交々さん家で預かってもらいな。」
と言う。
 私は、何の問題も無い。


 とは言っても、孫たちは、明日から部活動が有るそうで、夕食を食べて帰って行った。

 でも、夕食を食べることになったお陰で、久し振りに、かみさん手作りのカレーライスを食べることが出来て、凄く嬉しかった。
 最近のレトルトカレーは凄く美味しいけど、かみさん手作りのカレーライスが、やっぱり一番美味しいからね。


 で、夕食後、娘と外孫2人が帰って、高齢者3人の生活に戻った。
 寂しいけど、落ち着くなあ。(苦笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.02 新年会

2019/01/02 23:21
画像


 1月2日は、我が家ではもう定番の「新年会」の日。
 と言うことで、
・私の妹と義弟の夫婦2名、
・嫁いでいる娘と孫2人の計3人、
・息子親子の4人、
・私たち夫婦と姉の計3人、
の、計12人で行なう予定だった。


 ところが、若嫁さんが同窓会に行くので欠席と言う。
 ちょっと残念。


 ところが、妹の末の息子が他県から帰って来ていて、
「嫁と子ども2人を連れて、我が家に来たい。」
と言っていると、今朝になって言って来たので、来てもらった。
 結果、12−1+4で、15人で「新年会」を行なうことになった。
 賑やかになって、何よりだ。


 で、妹の息子の2人目の子どもが1歳8ヶ月の男の子だったので、女の子で小学4年生と2年生の内孫2人が、すっかりその男の子を気に入り、姉の方も交えて、4人で、
・おままごと遊び、
・かくれんぼ、
・はじめの一歩(だるまさんが転んだ)、
などで、家の中を走り回って遊んでいた。
 自分たちが姉妹なので、小さな男の子が、珍しくて可愛かったんだろうね。


 ただ、誤算も。
 事前に、
・オードブルを1パック、
・寿司を2パック、
を予約しておいたのだけど、妹の息子は、大きな身体をしていてたくさん食べるだろうと、オードブルと寿司を、1パックずつ増やしたんだよね。
 ところが、家に来たその大男が、
「胃腸を壊しているので、何も食べられない。」
と言うではないか。

 そんなわけで、丸っぽ、追加のオードブルと寿司が余ることに。
 ああ、勿体無い。


 まあ、そんなこんなも有ったけど、賑やかで楽しい「新年会」となった。

 また、オードブルと寿司は買って来たけど、かみさん手作りの、
・ポテトサラダ、
・ピザ、
・ケーキ、
などは、相変わらず美味しくて好評だった。
 ご苦労様でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019.01.01 謹賀新年

2019/01/01 23:24
画像



 明けましておめでとうございます。
 今年も、宜しくお願いいたします。


 では、昨年も書いた蘊蓄(うんちく=知識)を。

 元日と元旦は、厳密には違います。
 と言うのも、
・元日は、1月1日全部のことで、
・元旦は、1月1日の朝に限定した言い方、
なので、使い方を間違えないように。

 と言うのも、「旦」の字は、
・下の線が地平線を表し、
・上の日は太陽を表しているので、
・「地平線から太陽が昇る」様子を表現した漢字、
と言われているので、元旦は、広くは朝のことである。
 もう少し絞ると、初日の出を拝める頃、となります。


 さて、本題。

 2019年元日の私の一日は、
1)かみさんの、
・選択物干し、
・朝食作り、
などが終わった朝7時ちょうどに、起きなければならない。
 それなのに、何故か目が覚めず、かみさんが起こしに来た。
 で、時計を確認したら7時15分。
 新年早々、失敗をしてしまった。
 ヤバイぜ!

2)席に着いてお雑煮を食べた。
  お雑煮に砂糖をいっぱい入れて食べる。
  お雑煮に砂糖を入れるのを見て、かみさんは呆れていたが、
 最近は、もう何も言わない。ようやく諦めたようだ。

3)頭を剃る。
  一週間散髪していなかったので、ちょっと伸びてる。
  殆ど無い髪の毛だが、剃ると、短いなりに寒い。

4)10時から、旦那寺(菩提寺)での年賀会に出席。
  和尚さんが、隣の市のお寺の住職を兼務してて、
  この後、その寺の新年会もしなきゃならないと言うことで、
  30分もしない内に終わってしまった。
  まあ、早く終わって文句を言う人は居ないけどね。

5)従兄弟の家に、年賀の挨拶に行って、
 大阪から帰って来た従兄弟の三男親子と、
 雑談やお年玉交換を。
  この子どもたちは姉妹なんだけど、
 2人とも、とても美人で、感心する。
  我が家からはお年玉を上げてるんだけど、
 1万円ずつ、別個に私のポケットマネーからも上げてしまう。
  美人に弱いなあ。
  連れて来た犬が、相変わらず私にまぶれ着く。
 みんなが呆れるほど、狂ったようにだ。
  半年に1回のペースの再会なので、最初は戸惑ってたが、
 その内思い出したようで、必死に甘えて来ていた。
  可愛い物だ。

6)帰えり道に、集落の氏神様にお参りした。
  去年、かみさんの叔母さん2人が亡くなっているので、
 神社には行けないと言うので、私一人でお参りしたのである。

7)家に帰って、年賀状のチェックを。
  「今年限りで、年賀状を遠慮させていただきます。」
 と言う人が2人。
  かみさんが、
  「来年は、貴方もそうしたらどうですか?」
 と言う。
  どうしようかね?

8)昼食はウナギ。
  おせち料理は要らないわ。
  昼食後は昼寝が、私の生活リズムなんだけど、
 今日は、昼寝をせずにテレビを見続けた。
  と言うのも、「30年間で消えた常識・家電・・・」が面白くて、
 寝るに寝られなかったのである。

9)「年賀状を出しに行く。」
 と言う名目で出掛け、パチスロ打ちに行ってしまった。
  結果、
   ・大当たり(コイン300枚6千円分)、
   ・小当たり(コイン100枚2千円分)、
 しか掛からず、4千円負けてしまった。
  2019年の初パチスロは、負けとなった。

10)夕食は、豚汁。
  温かくて美味しかったなあ。
  お節料理よりも有り難いわ。

11)以降は、お風呂、テレビ、日記のアップ・・・。
  ああ、日常。

と言う、毎年と殆ど変わらない一日でした。

 今年も、毎日ブログ(日記)をアップしていきますので、ご愛読ください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.31 12月31日(大晦日)

2018/12/31 22:32
画像


 とうとう12月31日になってしまった。
 平成年号最後の「大晦日」である。


 「2019年」の「大晦日」は間違いなく来るが、「平成31年」の「大晦日」は、絶対に来ない。
 と言うのも、今上天皇陛下の御退位で、「平成」の年号は、4月30日で終わるからだ。
 今上天皇陛下は、とても素晴らしい方だったので、残念である。


 その「大晦日」は、お寺にお供えを持って行くことから始まった。
 他所ではどうか分からないが、私の菩提寺では、「大晦日」に、お寺で供養してもらっている位牌に、各戸が、お供え(お金)を持って行って供えるのである。


 なお、お金を入れる金封(のし袋)だが、
・お供えなので、白黒の水引、
・お供えだが、お正月なので、紅白の水引、
のどちらかになっている。

 ただ、比率は、
・白黒の水引1、
・紅白の水引9、
の割合となっている。

 また、表書きには、
・お供9、
・年賀1、
の割合だった。

 お寺から帰って来たら、かみさんが、
「ルーミーを洗いたいけど、
 雪が邪魔でルーミーを持って来れない。
 雪を掻いてください。」
と言う。
 母屋の玄関前と車庫の間で車を洗うのだが、そこには、降り積もった雪と、落ちた屋根雪が溜まっているからである。


 そこで、雪を押して行く「スノーグレーダー」で雪掻きをした。
 ここは砂利を敷いてあるので、「オーガ式除雪機」では砂利も巻き込むので、「スノーグレーダー」が最適なのだ。
 2台持ってて良かったよ。


 午後は、いつものように、お昼寝。
 それも、パジャマに着替えての本寝。
 我ながら、呆れたものだ。


 お昼寝から覚めて、久し振りにパチスロに。
 1千円目で「当たり」を掛けたが、悲しい「小当たり(コイン100枚2千円分)」。
 そのコインも無くなり、追加で3千円を入れたが「当たり」が来ず、虚しく帰って来た。
 2018年の最後のパチスロが負けで終わるとは、ちょっと悲しい。


 でも、折角のお正月を迎えるので、気持ちだけは負けずに、山ほどのお菓子を買って来てやった。
 負けて、意気消沈でみすぼらしく帰りたくはなかったからね。


 で、年越し蕎麦を食べて、何となくテレビを観ながら、この日記(ブログ)を打ち込んでいる。
 あと少しで今年が終わる。
 一年間、この日記(ブログ)にお付き合いくださり、有り難うございました。
 来年も宜しくお願い致します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.30 12月30日(小晦日)

2018/12/30 23:05
 最初に、解説を。

 「晦日(みそか・つもごり)」と言う言葉が有る。

 これは、「毎月の最後の日」と言う意味である。
 だから、1月は31日が「晦日」だけど、2月は28日が「晦日」である。

 そして、12月31日は、
・12月の最後の日であると共に、
・一年の最後の日でもあるので、
「大」を付けて、「大晦日」と呼ぶ。

 因みに、「大晦日」は、
・おおみそか、
・おおつもごり、
と呼ぶ。

 なお、「大晦日」の前日である12月30日は、「小晦日(こつもごり)」と呼ぶ。
 今日のことである。


 さて、今日の本題。
 今日12月30日は、「お正月飾り」をする、最後の日である。


 勿論、明日12月31日に「お正月飾り」をすることも有るだろうが、12月31日に飾るのは、
・「一夜飾り」と言って、
・如何にも仕方無くやったみたいで、
 神様に失礼。
なのだそうな。

 なお、29日は、「9」が着くので、「苦飾り」と言って良くないそうな。
 語呂合わせだけどね。


 そこで、今日は、
1)午前9時前から、
 雪の降り続く中、近くの山に「裏白(うらじろ)」を取りに行った。
2)かみさんが、家中の照明器具のカバー(笠)を洗うと言うので、
  ・私は、12カ所も有る、天井に設置されているカバーを外し、
  ・かみさんが洗い終えたカバーを着け直す、
 と言う作業を、12回も繰り返した。
  廊下やトイレの小さな照明器具のカバーは外さなかったけどね。
3)雪が降り止まないので、畑に行って、
 タマネギの苗を守る為に張った、サル除けネットに積った
 雪を取った。
4)昼寝から目覚めた午後3時から、
 共同墓地と、母親が眠むる身墓に、お花を供えに行った。
  ついでに、掃除もし、雪も掻いて来た。
5)ようやく「正月飾り」の設置に取り掛かり、
  ・神棚と仏壇に注連縄を飾り、
  ・みんなの町協議会が配布してくれた、
   門松代わりの印刷門松を玄関柱に貼り、
  ・玄関飾りをぶら下げ、
  ・小屋、蔵、母屋車庫、離れ車庫、農作業小屋の5カ所に、
   小さな輪締め注連縄を飾る。
 ことが出来た。
6)最後は、息子たちの住む離れの雪掻きと、
 母屋の車庫の前の雪掻きを、
 シングルオーガ除雪機で行なった。
と言う、フル回転になってしまった。


 そんなわけで、平成30年の「小晦日」もあたふたと過ぎてしまった。
 明日は、いよいよ平成最後の「大晦日」だ。
 今上天皇陛下が退位されるのが、とても残念で寂しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.29 除雪機出動

2018/12/29 23:49
画像


 昨日から、降ったり止んだりの雪が降っている。
 とは言っても、10cm程度の積雪なので、除雪機を出すほどではない。


 しかし、今後、大雪が降った時に慌てることになるのも困るので、今日、2台の除雪機を出して来て、試運転を兼ねて、雪かきをしてみることに。

 スノーグレーダーも、オーガ式も、4サイクルエンジンで動くので、
・エンジンオイルの量を確認したり、
・ガソリンを補充したり、
の準備が必要だから、早目にやっておくことにしたのだ。

 で、その準備が出来たので、
・雪を押していくスノーグレーダーで、
 母屋の車庫の前の除雪、
・雪を飛ばすオーガ式除雪機で、
 息子親子の住む離れの車庫前の除雪、
をやってみた。

 ママさんダンプで雪かきをするよりも、スノーグレーダーの方が速くて楽だが、オーガ式除雪機は、本当に楽チンで、これの楽さを知ると、スノーグレーダーでも嫌になるほどだ。


 まあ、楽で便利だけど、これらの除雪機が活躍しなくて済むのが、一番良いんだけどね。


 なお、今までにも書いたことが有るけど、除雪機の比較を書いておくので、参考にしてください。
 では、いつものように、次のアドレス(URL)でどうぞ。
 
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/snowblower/snowblower-181229.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.28 降雪とサル除けネット外し

2018/12/28 23:01
画像


 「12月28日から雪が降る。」
との天気予報が出たので、畑の天井に張ってある「サル除けネット」を、昨日(27日)の内に、外しておいた。


 と言うのも、何度も書いているように、2017年(平成29年)の2月に降った大雪で、写真のように、
・畑の周りに立てた単管パイプの支柱や、
 金網柵が倒壊、
・天井ネットも破れたりして破損、
したので、トラウマになっているのである。

 長い時間と大変な手間を掛けて、単管パイプの支柱を立て直し、金網柵を張り直した作業を、もう二度としたくないからね。


 すると、天気予報に違わず、未明から雪が降ったではないか。

 サル除けネットを外しておいて良かったよ。
 もし外してなかったら、
「大丈夫やろか?
 柵が倒れないやろか?
 ネットが破れないやろか?」
と、心配し続けなきゃならないからね。


 ただ、100%、心配が無くなったわけではない。
 と言うのも、小さくて低いけど、タマネギの苗を守るサル除けの囲いとネットを設置してあるので、それが倒壊しないか、心配が残っているのである。
 まあ、小さくて低いので、修復はあまり手間を掛け無しで出来るだろうけどね。


 それはともあれ、今回の雪で、早くも苦しんでおられる雪国の方々に、お見舞い申し上げます。
 早く止むと良いですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.26 ランチデートフレンドラッシュ

2018/12/27 22:54
 私には、時々ランチデートをしてくれる女性が、3人居てくれる。
 「はーちゃん」、「いっちゃん」、「さーちゃん」の3人である。

 3人とも、性格の良い、美人揃いだ。
 まあ、こんな私に付き合ってくれるのだから、性格が良いのに、決まっているけど。



 その3人から、アクションのラッシュが。

 先ず、「いっちゃん」から、メールが。

「色々と有って、時間が取れないので、
 ランチデートは、もう少し待っててください。」
と言うことだった。

 「いっちゃん」も、
・嫁ぎ先の嫁として、
・妻として、
・母として、
・実家にとっては、娘として、
色々と忙しいのは当然。
 だから、待ってますよ。

 でも、「いっちゃん」に会いたいから、勝手ながら、なるべく早くお願いします。

 次は、「はーちゃん」から電話が。

「夫が勤めているトマトハウスのトマトを持って行きます。」
とのこと。

 そして、2種類のトマトを、1kgずつの2袋も、持って来てくれた。
 凄くたくさんのトマトで、トマト大好きな私は、とても嬉しかった。

 早速、お昼に食べたのだが、とても美味しかった。
 「はーちゃん」、有り難う。
 旦那さん、有り難うございました。

 最後は、「さーちゃん」が来た。

 「さーちゃん」は、我が家に野菜を貰いに来たのだ。

 町中に住んでいて、野菜作りには無縁の「さーちゃん」は、
「奥さんが作っておられる有機的野菜の味は、
 スーパーマーケットの野菜では有り得ない甘さが有る。」
と喜ぶので、かみさんも、
「あれほど喜んでくれると、上げる値打ちが有る。」
と、気前良く、いっぱいの野菜を上げている。

 で、今日は、
・大根を6本、
・白菜を2球、
・「はーちゃん」が持って来てくれたトマトをいっぱい、
持って帰った。

 かみさんは、あっけらかんとした性格の「さーちゃん」のことを気に入っているので、気前良くなるんだよね。
 元は私のお友達なのに、今では、私と話さないで、かみさんと話して帰ることも有るほどだ。
 まあ、良いんだけど。


 そんなわけで、年末に、3人のランチデートフレンドが、それぞれの関りをしてくれた。
 今年一年、有り難うございました。
 来年も、宜しくお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.26 3タイプ接続のメモリ

2018/12/26 23:56
画像



 「iPhone」や「iPad」しか使わない人は、割り切っているから、そんなに悩むことは、無いかも知れない。
 だって、それで用が済んでいるんだから。

 また、android(アンドロイド)のスマートフォンとWindowsのパソコンを使っている人も、この2つの連携は簡単なので、そんなに悩むことは無いだろう。
 コード(ケーブル)で簡単に接続して、データの遣り取りが出来るからね。
 また、USBメモリーにパソコン内のデータをコピーしたりして、androidのスマートフォンやタブレットに挿せば、複雑な手順も無く、データを見たり使ったり出来るからね。


 しかし、私は、
・文書作りや日記(ブログ)の更新は、windows10のノートパソコンで、
・メールや電話、LINEなどは、android(アンドロイド)のスマートフォンで、
・youtubeや動画の視聴、インターネット検索などは、タブレットのipadで、
やっていると、
「同じデータを、この3つのIT機器で使えないか?」
と考えるようになる。


 と言うのも、Windowsマシーンやandroid端末のデータを、アップル社のiPhoneやipadで使おうとしたり、その逆をしたりしようとすると、そんなに簡単にはいかないのである。

 そこで、それをやりたい時は、「one drive」や「DropBox」などの「Cloud(クラウド)」にデータをアップして、それぞれの機器でクラウドにアクセスし、観たり出来るようにしている。

 と言っても、それなりに邪魔臭い。
 ので、何とか、簡単にデータの共有が出来ないか、考えていた。
 そして見付けたのが、写真のメモリ(フラッシュドライブ)だ。

 このUSB接続のメモリは、
・iPhoneやiPad用の、表裏一緒の端子、
・パソコン用の標準的な端子、
・スマートフォンやタブレット用のマイクロ端子、
の、3つのタイプのUSB接続端子を持っているので、例えば、このメモリに、映画のデータを記憶させておけば、パソコンでもタブレットでもスマートフォンでも、どこでも持って行って映画を観ることが出来るのである。


 今回、どれくらい利用価値が有るか分からなかったので、
・32MBの記憶容量で、
・Amazonの税込み2,780円、
の物で我慢した。


 それを早速使ってみたが、パソコンで加工し、容量の小さなMP4データに変換した映画を、
・パソコンから、このUSB接続メモリに写し、
・androidであるかみさんのタブレットや、私のスマートフォン、
・iPadタブレット、
などでも、自由に観ることが出来るようになった。

 有り難い有り難い!



 ついでに、ちょっと解説を。

 「メモリ(メモリー)」と呼ばれる「記憶装置」には、
・揮発性メモリー、
・不揮発性メモリー、
が有る。

 揮発性メモリーは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどでも同じだが、電源を切って、電気を通さなくすると、記憶されていたデータなどが消える。
 逆に、USBメモリーやSDカードなどの不揮発性メモリーは、電気を通し続けなくても、記憶しているデータが消えない。


 中断
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.25 タマネギのサル除けネット

2018/12/25 22:59
画像


 かみさんが、丹精込めて野菜作りを行なっている畑。

 サルと鳥の侵入を防ぐ為に、金網柵で畑の周りを囲い、天井には、前面にネットを張っている。
 お陰で、サルも鳥も入れないので、有機的栽培の美味しい野菜を、毎日、たっぷりと食べることが出来ている。
 感謝。


 しかし、この天井のネット、デメリットも有る。
 目の粗いネットなのに、雪が降ると、天井ネットに雪が溜まり、その重みで、畑の周りに立てた単管パイプの支柱が倒れるんだよね。
 去年(平成29年)の2月に、写真のような被害に遭って、その修復に大変な苦労をしたものだ。
 トラウマだよ。


 そこで、去年の12月から、雪が降り始める前に、天井ネットを外すようになった。
 今年もそうするつもりだ。


 しかし、問題が。
 と言うのも、大根やニンジンなどは、天井ネットを外す前に収穫を済ませ、別の場所に保存しておくのだが、タマネギはまだ苗の段階なので、そのままにしておかなければならない。
 ところが、サルの馬鹿どもは、まだ苗の内から抜いて、確認するんだよね。
 それも、1本抜いて駄目だったら諦めれば良いのに、何本も抜いて確かめるんだよね。
 そんなわけで、タマネギの苗だけは、サル除けネットをしてやらなければならないのだ。


 で、今日は、そのミッションを達成することにし、
1)タマネギの苗の植わっている畝(うね)の周りに、
 余り物の金属パイプで枠を組み、
2)桃の囲いに使っていた、漁師さんから貰ったネットを外し、
3)タマネギ用の囲い柵の載せて、広げ、
 サル除けネットを完成させた。
のである。
 これで、雪が降る天気予報が出たら、直ぐに天井ネットを外すことが出来る。


 そして、いつものように、かみさんからのお褒めのお言葉を頂きました。
 まあ、私も、いつもながら、上手く出来たとは思っているけど。


 ただ、私が死んでいなくなったら、息子は、かみさんの為に作ってやれるのかな?
 私ほど器用でないし、何も教えてないから、どうだろうね?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.24 クリスマスイブ

2018/12/24 22:39
 今日は、クリスマスイブの日。
 変な言い方だけどね。

 と言うのも、「イブ」とは夜と言う意味なので、「クリスマスイブ」と書けば、「24日の夜」限定になるので、
・「クリスマスイブ」の日と書けば、
・「クリスマスイブ」の有る日、
と言う意味になると考えて、見出しのような表題にしたのである。


 私にとって、「クリスマスイブ」は何の関係も無かったが、私の周りでは「クリスマスイブ」関係が、着実に発生していたんだよね。

 先ず、集落の子ども会が、集落公民館(集落センター)でクリスマス会を行なったんだけど、集落センターに設置してある、プロパンガスストーブの点火がとても難しく、若嫁さんから、
「お義父さん、助けてください。」
との電話が入り、昼寝から飛び起きて、駆け付けたんだよね。
 そして、悪戦苦闘の末、何とか点火し、クリスマスパーティの準備の様子を横目で見ながら、帰って来た私だ。


 ただ、内孫2号との触れ合いも。
 と言うのも、ガスストーブの点火を試みている時に、内孫2号が私に馬乗りになり燥いで来たこと。
 外孫2号は、お祖父ちゃんを喜ばすことに長けているねえ。


 次は、かみさんが、外孫たちの為に、ケーキを作ったので、それを、孫たちの家に届けに行ったこと。

 その時、
「私は、かみさんの作るケーキを食べることが無い。」
と言ったら、娘や姑さんたちが、
「お父さんも、1切れ、食べて帰ったら?」
と言ってくれたのだけど、遠慮して食べずに帰って来たんだよね。

 しかし、家に帰ってから、
「ああ、1切れ、食べたかったなあ。」
と悔やむこと悔やむこと。


 夜、外孫たちから、かみさんに電話が有り、
「凄く美味しかった。
 3」切れも食べた。」
などのお礼の言葉が有った。
 良かったねえ。


 そんなわけで、私の周りで「クリスマスイブ」は進んでいたけど、私自身には、今年も何も無い「クリスマスイブ」だった。
 まあ、我が家は禅宗の曹洞宗なので、それで良いんだけど。
 と、悔し紛れを。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.23 安納芋の焼き芋

2018/12/23 22:55
画像


 私の母親の姉の息子(従兄弟)は、とてもマメ(いそしい)な男で、法事の時も、女の人を尻目に動き、サービスしまくっていたものだ。

 で、料理屋で行なわれた「お斎(法事の会食)」が終わり、従兄弟の家に帰って来て、かみさんに迎えに来てもらった時、従兄弟がかみさんにくれたのが、「安納芋」だった。
 従兄弟は、八朔やミカン、野菜などを育てて、道の駅の市場に出荷しているなど、本当にマメなんだよね。


 その「安納芋」を、かみさんが、写真のように「焼き芋」にしてくれた。
 それが、本当に美味しくて、ついつい食べ過ぎになるほど食べてしまった。
 ご存知かと思うが、「安納芋」は、「ねっとり」とした食感なんだよね。


 因みに、有名な3種の特色を書いておくと、
・昔から有名な「紅あずま」は、「ほくほく」していて、
・最近流行りの「紅はるか」は、「しっとり」していて、
・何かと有名な「安納芋」は、「ねっとり」している、
そうな。

 とは言っても、どの品種も、焼き芋にすると美味しいよね。
 冬には「焼き芋」、超お勧めです。


 因みに、我が家では、「豚汁」を作る時も、かみさんが「里芋(サトイモ)」を食べると喉などが腫れるので、サツマイモを入れている。
 ジャガイモを入れる場合もあるけど、我が家はサツマイモである。
 なお、豚汁に入れるサツマイモは、「紅あずま」である。
 サツマイモの甘みが出るので、美味しいと思うか、甘すぎると思うかは、人の好みに依るねえ。


 「豚汁」、これもお勧めです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.22 防草シート張り完成

2018/12/22 23:28
画像


画像


 数日前から取り掛かった防草シート張りが完成した。
 慣れぬ場所の筋肉を酷使したので、太腿や腕の筋肉は痛いし、腰も痛い。
 やれやれだわ。


 ところで、この田んぼの有る場所は、地形的に、南側が低くなっているので、南側に行くと、土手畔が高くなるように作られていて、幅1.5mの防草シートを張ると、北側は丁度の幅で収まるが、南側は、畔の天場から30cmほど、シートの幅が足らなくなるんだよね。

 そこで、
A)北側は、畔の天場からの残り幅が狭く、
 南側は、残り幅が広くなるように張るか、
B)北側の、天場からの残り幅も、
 南側の、天場からの残り幅も同じ幅にする、
か、悩むことに。


 しかし、
・天場からの残り幅が同じ方が見栄えが良い、
・自走式草刈機で草刈りをする時、
 同じ幅が残っている方が、刈り易い。
と考えて、同じ幅にすることにした。


 で、作業手順としては、
1)一巻き50mの防草シートを土手畔に広げ、
2)畔の天場から同じ幅になるよう、
 防草シートの上側の端を揃えて、留めピンで仮固定し、
3)貰った消防ホースをシートの端に当てて、
 1m間隔で、留めピンで本固定し、
4)上の本固定が終わったら、
 シートの下の端にも消防ホースを当てて固定、
する作業を続け、完成したのである。


 消防ホースを下さった方や、その他の方々、ヌートリアにまで見守られながら(笑)、やっとのことで完成した。
 お世話になりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.21 ヌートリア

2018/12/21 23:52
画像



 遊びに来たヌートリアの動画です。クリックしてね。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/nougyo/nikki/2018/181221-Nutria_2.mp4


 我が家の田んぼの横に、「明渠排水」が有る。
 簡単に言えば、地表に出ている排水用水路だ。

 逆に、土の中に穴がいっぱい空いたパイプが埋められていて、周りに濾過材を入れて土や泥が入らないようにし、水だけを排水するようにした物は、「暗渠排水」と呼ばれる。

 その「明渠排水」横の土手に、防草シートを張る作業をしている。
 ここは、自走式草刈機で雑草を刈っているので、どうしても防草シートを張りたいと言うことは無かったのだが、区長さんから防草シートとシート押えピンを貰ったので、張ることにしたのだ。
 おまけに、上等のゴム引き布製ホースも貰ったので、ますます張る意欲が湧いたんだよね。


 で、先ずは、明渠排水の泥上げをした。

 因みに、明渠排水路の泥上げは、明渠排水路の下の田んぼの持ち主がすることになっているんだけど、その田んぼの持ち主は、
「冬の前に泥上げて綺麗にしても、
 冬の間にイノシシが土を落とすので、
 春先にすることにしている。」
と言っていた。


 しかし、防草シートを張るには、明渠排水路に泥が溜まっていると困るので、仕方無しに、ボランティアで泥上げをした。
 この泥上げがしんどいんだよ。
 シャベル(スコップ)で泥をすくって田んぼに投げ入れるんだけど、体力が要るし、身体中がドロドロになるし。
 ちょっと腹が立つ。


 その作業も終わり、防草シートを張り始めた。
 作業中、W氏が見学やアドバイスで付き合ってくれた。
 一人で作業していると、精神的にも疲労が溜まるが、人と喋っていると気が紛れて良いねえ。
 で、W氏が一番長く居てくれたが、その他にも、
・もう一人のW氏、
・F氏、
・T氏、
などが声を掛けてくれて、有り難いことだった。


 そんな中、吃驚するような訪問客が。
 それが、表題の「ヌートリア」だ。
 W氏が、
「あれは何や?」
と言うので、そちらを見たら、何とまあ、水張り田んぼの中を、50cmほどの獣が、ウロウロと歩いている(泳いでいる)ではないか。


 そこで、スマートフォンのカメラ機能を録画モードに切り替えて、撮影しながら近付いたら、ちっとも逃げない。
 3mほどの距離まで近付いても逃げない。
 お前、ほんまに野生動物か?


 まあ、そんなわけで、色々な人や物が来てくれて、気分転換になった一日だった。
 皆さん&ヌートリア、有り難うございました。



 因みに、ヌートリア(Nutria)は、
・ネズミ目(齧歯目)のヌートリア科に属する哺乳類で、
 大ネズミである。
・別名は沼狸で、
 昔は、海狸鼠(かいりねずみ)や舶来溝鼠(はくらいどぶねずみ)など。
・南アメリカ原産の外来種。
・上質な毛皮が安価に入手出来る為、
 戦争時には、防寒用飛行服の裏地として世界各国で飼育。
・その後、毛皮の値段が暴落したので、
 野に放たれることが多くなり、野生化した。
・害獣で、イネやムギ、野菜などを食べたり、
 深くて複雑な巣穴を作り、
 水田の畦や堤防が破壊される。
など、なかなか厄介な生き物である。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.20 年賀状事情

2018/12/20 22:59
 近くの郵便局から、
「去年と同じ枚数で年賀状を用意していますので、
 今年も購入をお願いします。」
との電話が掛かって来て、
「もう止めたいんだけど。」
と言ったが、断り切れず、200枚を買ってしまった。

 年賀状を出す人が激減しているので、郵便局の人たちも、売り上げを伸ばす為に必死だ。
 ご苦労様。


 なお、年賀状お年玉で購買意欲を高めようと、今回の年賀状お年玉の景品は、
・1等:現金30万円、
・東京 2020 オリンピックへ、ペアでご招待!
などと、豪華になっているそうな。
 あまり効果は無いと思うけどねえ。


 私の先輩のように、
「年賀状は、今年限りで遠慮させていただきます。」
と言うような思い切りも無いので、続けるつもりだ。


 そんな中、喪中の挨拶葉書が、22枚も届いた。
 肉親などが亡くなられてのことだが、中には、お付き合いしていただいていたご本人が亡くなられて、奥さんや子どもさんの名前で届いたものも有る。
 私自身が順調に歳を取っているので、お付き合いしていただいている方々も、同じスピードで歳を取られているので、こうなるんだよね。


 さて、とうとう12月も20日になってしまった。
 郵政局は、
「年賀状は、25日までにポストへ。」
と言っているし、私も早めに片付けて楽になりたいので、そろそろ仕上げようとは思うのだが、なかなか手が付かなかった。

 でも、裏面の原案が出来たので、後は、
・パソコンでの裏面印刷、
・宛名印刷、
・添え書きの手書き、
をするだけ。


 なお、先延ばしにしているのは、面倒くさいからと言う理由よりも、
「身近な不幸が有ると年賀状が無駄になるので、
 ギリギリまで待っている。」
と言う、理由にならないような理由も有る。
 これは、逃げの理由だけどね。


 でも、今度の日曜日には完成させようと決意している私だ。
 皆さんは、どうされていますか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.19 サプリメント騒動

2018/12/19 23:27
 本題に入る前に、解説を。
 と言っても、インターネットで仕入れた知識だけどね。

 「サプリメント(supplement)」とは、
・栄養補助食品、健康補助食品などと呼ばれ、
・ビタミンやミネラル、アミノ酸などの摂取をしやすくする物、
・例えばハーブのように、香りに鎮静や興奮作用など持つ物、
・例えば薬用ニンジンなどの生薬(しょうやく)、
・酵素、
・ダイエット食品、
などが有るそうな。

 今日は、その「サプリメント」の話である。

 かみさんは、身体が弱い。
 本当に弱い。


 例を挙げると、
・痩せ気味ではなく、痩せ過ぎのレベルで痩せていて、
 酷い時は、38sしかない時も有ったし、
・痩せているので、体力は無いし、疲れ易いし、持続力に欠けるし、
・脂肪が無いので、寒がりだし、
・体内低温だし、
などなど、先ずは、痩せ過ぎていることが原因の1つだ。


 テレビの「ホンマでっか!」でも、
「太っている人は、病気になり難い。」
「コレステロール値の高い人は、ガンになり難い。」
と言ってた。

 私も、
「若い内は、痩せている方が見栄えも良く綺麗。」
と思うが、
「年配になると、痩せていると、貧相で痛々しい。
 太っている方が、張りが有って綺麗。」
と思う。
 まあ、私の美的評価など、どうでも良いが。


 となると、太るのが何よりの解決だが、これがまた太れないんだよね。
 で、何で太れないかだが、胃腸が弱いのだろうね。
 だから、
・癖の強い食物、アクの強い食物を食べると下痢を起こすので、
 食べられる食品は限定されて、太れる物も食べられないし、
・胃腸が弱くて、栄養の吸収が出来ないし、
・多くを食べられないし、
などなどで、やっぱり太れないのである。


 そんなわけで、サプリメントで不足分を摂取しなければ、必要な栄養素を摂れないことも起きる。
 で、母親の体調を案じる娘も、
・水素水、
・青汁、
などを買っては、かみさんにプレゼントしてくれたりしている。
 親思いの娘だ。


 そんな中、かみさんも、あるサプリメントを定期購入して飲用していた。
 因みに、このサプリメントは、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を摂取し易くするサプリメントだそうで、
・膝関節を滑らかにさせたり、
・皮膚の表面をしっとりさせたり、
する役目を持っているそうな。
 なお、この「ヒアルロン酸」は、鶏の鶏冠(とさか)から抽出しているんだって。


 問題は、このサプリメントが高いことである。
 1粒が77円ほどするし、一日に6粒ほど飲めと言う。
 一日に460円ほども掛かるんだよね。
 この製造販売会社のホームページを見ると、自らも「値段が高い」と書いているので、本当に高いのだろう。


 で、先日、義妹の所を訪れた時に、義妹も、サプリメントや漢方薬をたくさん服用していると言う話になった時、釣られて私が、
「かみさんも、1粒77円もするサプリを、
 毎日、6粒飲んでて、一日に460円もする。
 私の発泡酒は、110円ほどなのに。」
と言ってしまった。


 そのことが、かみさんには嫌だったらしく、今日、サプリ製造販売会社に電話して、定期購入を断ってしまったらしい。
 勿論、会社は引き留めようとしたが、押し切ったらしい。


 で、私は、
「高いサプリを止めろと言うんじゃない。
 話の流れで、かみさんも高いサプリを飲んでいるから、
 義妹も仕方が無いと言う意味だった。」
「お前がそれを飲んでて、体調が保たれるなら安い物だ。」
などと弁解したが、受け入れてもらえない。


 そんなわけで、私は、かみさんが、
「今でも膝の調子が悪いと言っているのに、
 今まで飲んでいた物を止めて、
 膝関節が今以上にギクシャクしたらどうしよう?」
「それでなくても、栄養摂取が不自由分なのに、
 皮膚の滑らかさが無くなり、カサカサに荒れたらどうしよう?」
と不安になりつつある。

 困った。
 要らぬことを言わなきゃ良かった。


 サプリメントを服用していて困るのは、
「これを止めたら体調が悪くなるのでは?」
との不安に駆られて、止め難くなることだよね。
 昔、クロレラを飲んでいて大便が緑色になるほどだったが、それを止める時も勇気が要ったことを思い出した私だ。
 やれやれ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.18 長寿は良いことだけど

2018/12/18 22:12
 集落の超高齢者が亡くなられ、お葬式が行なわれ、弔問させていただいた。

 喪主が、
「亡くなった日の次の日が誕生日で、
 過不足無く、98歳の寿命を全うしました。」
と挨拶され、感心してしまった。


 とてもユーモアの有る人で、テレビに出演された時も、面白いコメントを述べられて、笑いを誘っていたものだ。
 ご冥福をお祈り申し上げます。


 ところで、私が仲間に入れてもらっているグラウンドゴルフ同好会にも、今年、米寿(88歳)の祝いを受けられた方が、4人ほど居られ、元気にグラウンドゴルフを楽しんでおられる。
 特に、
・全24ホール合計で、
・ホールインワンを5回も達成した、
方も、現在88歳の方で、その方が86歳の時に達成された、ホールインワン最多記録である。


 そんなわけで、ご長寿さんたちは、頑張っているんだよね。
 だから、長寿は、本来、大変お目出度くお祝いすべき良いことなのだ。


 ところが、最近は色々と弊害のように言われている。

 そのわけは、
・少子化で、若者が減っているのに、
・高齢者が長生きし、
年齢別のバランスが狂って来ているからである。


 振り返れば、子どもの比率が多かった時代には、高齢者が邪魔者のように言われることは少なかったんだよね。
 だから、高齢者や長寿が悪いのではなく、少子化が悪いのである。
 子どもが、昔のようにたくさん生まれていれば、こんなことにはならないのである。

 結婚しないとか子どもを産まないとかは個人の自由で権利でもあるから、他人がとやかくは言えないけど、やっぱり子どもが多く生まれるよう、子どもを多く生みたくなるよう、政府の施策を願いたいね。



 参考までに、2018年発表の2017年(平成29年)10月1日現在の人口比率を書いておく。

 次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/zinkou-hiritu/zinkou-hiritu-20171001.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.17 姉の「巻き爪」切り

2018/12/17 22:15
画像


 10月18日の介護日記にも書いたが、姉の両足の爪が、巻き爪になっている。

 皮膚科クリニックのドクターは、
「歩かないと血行が悪くなって、爪も退化する。」
とのこと。
 姉は、殆ど歩かず、家の中で座って一日を過ごしているので、こうなるんだよね。


 で、凄いことになっているので、怖くて、爪を切ってやれない。
 だから、10月は、皮膚科クリニックに行って、ドクターに切ってもらったのである。


 その時、爪を切り終わったドクターが、
「これで2ヶ月間は大丈夫でしょう。」
と言ってくれたが、その2ヶ月が経ってしまい、姉の爪が、また指の先を巻き込むくらいに伸びてしまった。


 そこで、また皮膚科クリニックに連れて行って切ってもらおうかと思ったが、
「こんなことを繰り返すくらいなら、
 良い爪切りを買って、私が切ってやろう。」
と思い、写真のニッパー式爪切りを買ったのである。
 Amazonで、1,080円。
 凄く良さ気。

 で、今日、爪を切ってやったのだが、
・刃先が絶妙にカーブしているし、
・凄い切れ味なので、
上手に切ることが出来た。


 これで、皮膚科クリニックに連れて行く、
・通院時間と、
・治療費と、
・連れて行く労力を、
節約することが出来た。
 良かったよう。


 この爪切り、結構安いけど、超お勧めです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.16 AbemaTV(アベマティーヴィー)

2018/12/16 23:38
画像



 我が家の台所(キッチン)には、テレビが置いてない。
 まあ、多くの家は置いていないのかもしれないけど。
 ただ、ダイニングキッチン(食堂+台所)だと、テレビを置いている家も有るだろう。


 ちょっと後悔しているのは、数年前に母屋をリフォームしたんだけど、その時に、ダイニングキッチンにテレビを着ければ良かったと言うこと。
 元々、我が家は、食事をしながらテレビを観ることは、一切してなかったんだが、かみさんが、一人寂しく料理を作る時に、せめてテレビを観ることが出来れば良かったのにと、思うからである。


 なお、
・春から秋にかけては、
 ダイニングキッチンと客間(元は居間)の間の引き戸を
 開けっ放しにしているので、
 客間のテレビを観ながら調理は出来るんだが、
・冬は客間の境を開けっ放しにすると、
 寒いし、エアコンの無駄になるので、締め切っているので、
 客間のテレビが観られない
のである。

 そんなわけで、かみさんが、
「料理を作っている時、音楽か何かを聞きたい。」
と言うので、ラジオを買って、ダイニングキッチンに置いてやろうと思った。


 しかし、困ったことに、我が家は中山間地に有る所為で、特にダイニングキッチンが有る1階だと、AMラジオもFMラジオも、綺麗に受信出来ないのである。
 山間の田舎は、何かに付けて辛いんだよね。

 また、そんなに都会でなくても、平地なら、「ワンセグテレビ放送」を受信出来るのだが、山間に住んでいる所為で、「ワンセグ電波」を受信出来ないんだよね。
 本当に、山間の田舎は、何かに付けて辛いんだよね。


 そこで、ラジオは諦めて、タブレットでも、インターネットで受信出来る、
1)ラジオソフトの「radiko(ラジコ)」、
2)動画配信ソフトの「AbemaTV」、
をインストールしてあげている。

 これだと、Wi-Fiで電波を飛ばして、タブレットで受信すれば良いので、
・鮮明な音声や動画を視聴することが出来るし、
・無料で受信することが出来る、
のである。
 有り難い。


 なお、「AbemaTV」は、ニュースやドラマ、アニメやゲーム、格闘技、将棋、釣り、などなど、20チャンネルほどが選べる。
 若者が好む格闘ゲームなども有るが、かみさんは、「radiko」を聴く場合は「ディスクジョッキー」が中心だし、「AbemaTV」の視聴は、24時間ニュース番組オンリーのようだ。

 私も、「AbemaTV」のソフトをインストールしてやった時に試しに視聴したが、「AbemaTV」の24時間ニュース番組は軽快だし、良い物をインストールしてやったわさ。


 皆さんも、田舎に住んでいて、「ワンセグテレビ放送」が受信出来ない場合で、スマートフォンやタブレットの容量に余裕が有ったら、インストールしてみてください。

 まあ、「ワンセグテレビ放送」と「AbemaTV」とは、放送内容に関しての基本的な考え方が違うので、「ワンセグテレビ放送」の代わりに「AbemaTV」をと言うものではないんだけどね。



 因みに、「radiko」は、
・自分の住んでいるエリアだと無料で受信することが出来るが、
・日本全国のラジオを聞きたい場合は、
 月額378円を払って、プレミアム会員になる必要が有る、
んだよね。

 また、「AbemaTV」も、
・無料でテレビ番組を視聴出来るが、
・有料契約をすると、
 終了した放送を、オンデマンドで再視聴出来たりする、
んだよね。

 なお、「AbemaTV(アベマティヴィー)」は、
・テレビ朝日の最高責任者とサイバーエージェントの社長が、
 酒を飲みながら意気投合して作ったそうだが、
・「アベマTV」と言うややこしい名前だが、
 サイバーエージェントが運営しているブログは「アメーバ」なので、
 本当は「アメーバTV」にしたかったのに、
・既に、カナダで「アメーバTV」と言う名前が使われていて使えず、
 仕方無しに、「アベマTV」にしたそうで、
 後で、この名前を後悔した。
そうな。

 ついでに、Abemaを逆から読むと、Amebaになるんだけど、遊びか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.15 PayPayで買い物体験

2018/12/15 22:41


 「PayPay」の20%キャッシュバックイベントが終了した後になって、やっとのことで、「PayPay」の買い物を体験した。
 遅過ぎるけどね。


 で、その体験だが、
・「PayPay」残高が2,000円しかないので、
 2,000円を超えないようにしないと、
・1円でも超えると、「PayPay」残高を1円も遣わずに、
 全額プリペイド支払いになってしまうので、
・レジのお姉さんに、
 「2,000円ギリギリまでをPayPayで払い、
  残りはWAONで払うから、
  絶対に、2,000円以内で、一旦止めてね。」
 と頼み、
・1,998円で、一度目の支払いをした。
のである。

 そんなわけで、2円だけが、「PayPay残高」に残ってしまった。


 加えて、今回の買い物の「PayPayボーナス」が9円、1月9日に付与されるそうな。
 これは、200円の買い物をすると、1円のキャッシュバックをすると言うことだね。
 100億円あげちゃうイベントを展開した割には、渋いなあ。
 100円の買い物で1円の付与にしなよ。


 ところで、今日の「PayPay」支払いは、
・店に置いてあるQRコードをカメラで写すと、
 スマートフォンに、金額を入力する画面が出るので、
・支払代金の1,998円を、私が入力し、
・店員に確認してもらい、
 店員がレジの処理をすると、
  「ペイペイ」
 との合成音声が聞こえて、支払い完了。
となった。
 結構邪魔臭い。


 やっぱり、WAONとか楽天edyの方が使い易いわ。
 「PayPay」は、もう特別なメリットも無いから、当分放置だな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.14 PayPay(ペイペイ)祭終わる

2018/12/14 22:20
 スマートフォンにアプリ(ソフト)をインストールし、
・商品を買った支払いを、現金を遣わずに電子的に決済したり、
・お金の移動も、電子的に済ませたり、
する、手助けアプリ(ソフト)の「PayPay」。

 普及させる為に、
・商品を購入した代金の20%をキャッシュバックさせる、
 40回に1回、支払金額の全額を返す、
 と言うイベントを、
・100億に達するまでか、平成31年3月31日までか、
 のどちらかまで行なう、
と発表した。
 凄い太っ腹だ。


 すると、アプリ(ソフト)をインストールして買い物をする人が殺到し、
・何とまあ、イベント開始からたったの10日間で、
 キャッシュバック金額が100億円に到達したそうで、
・12月13日の23時59分で、イベント終了、
となったのである。

 そんなわけで、私は、「PayPay」の恩恵に与ることも無く、終わってしまったんだよね。
 それも、
「PayPayとは何ぞや?」
の解説ページまで作っておきながらだ。
 笑えるよね。
 ガハハハハアアアアアァァァァァァ・・・。(涙)


 私は、今日(12月14日)に、姉を病院に連れて行く予約日だったので、
ついでに行き付けの家電量販店に行って、
・プリンター、
・ブラウンシェーバーのアルコール洗浄液、
・自走掃除機に巻き込まれて被膜が破れた
 タブレットiPad用充電コード、
・テレビ録画用のハードディスクドライブ、
など、2万円超えの買い物を、「PayPay」でして、
4千円超えのキャッシュバックを貰うつもりだったんだよね。


 それなのに、その前日に、100億円イベントが終わるなんて。
 あんまりだよね。


 なお、私の知人は、
・ビルトインIHクッキングヒーターを、20万円以上出して買って、
・4万円以上のキャッシュバックを貰った。
そうな。
 良かったねえ。


 こんなことから、買おうと思っていた物が買えなかった私は、
・今使っているプリンターは、まだ使えるので、
 新しくプリンターを買う必要は、無いよね。
・タブレットiPad用の充電コードも、
 被膜が捲れているが、まだまだ使えるもんね。
・テレビ録画用のハードディスクドライブは、1台持っているから、
 不要な録画を消せば、もう1台買わなくても済むしーーー。
・無駄な浪費をしなくて済んで、良かった良かった。
と開き直っている。
 まあ、アルコール洗浄液は買わなきゃならないけどね。


 これは、開き直りでもあるけど、本当の気持ちでもある。
 絶対に必要ではなかった買い物なのに、
「20%のキャッシュバックでかえるなら、お得だし。」
「せめて一度、PayPayを試したい。」
と言う、考え足らずなことだから。


 しかし、
・キャッシュバックで貰った500円、
・試しチャージ1,500円、
の、合計2,000円のチャージ残高は、遣い切らなきゃアプリ(ソフト)も消せない。
 発泡酒でも買って、チャラにしようかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.13 防草シート用ホースを貰った

2018/12/13 23:26
画像



 我が集落では、昨年度から、町道や農道の法面、河川の法面などに、防草シートを張るのが流行っている。
 まあ、区の方針でもあるんだけど。


 で、我が家も町道の法面や河川の法面に張っているのは、11月の日記(ブログ)に書いたとおりだ。
 そして、防草シートを張っただけでは、雑草が枯れて根も無くなるので、法面や畔が弱って行く。
 そこで、芝桜や松葉菊を植えたりして、法面や畔の弱るのを防いでいる。


 ところで、防草シートは、そんなに強い物ではないので、端っこが晒(さら)されたままだと、解(ほつ)れてきたり、草刈機の回転刃で破れたりする恐れが有る。
 そこで、消防自動車に積んである放水ホースの古くなった物や、ホース屋さんから古くなった物を払い下げて貰って、防草シートの縁を覆うように張り付けることが流行っている。
 このホースはしっかりした布製の内側にゴムが塗ってあるので、とても強い。
 だから、これを防草シートの上に張ると、随分と補強出来るからね。


 しかし、防草シートを張っているみんなが欲しがるので、底をつきだした。
 そんなわけで、ビニールゴムのホースで代用しようと思ってたんだよね。
 このビニールゴムのホースは弱いので、草刈機の回転刃が当たると簡単に切れるだろうけど、布製ホースが無いんだから、仕方が無いわな。


 ところが、今日、知人が、未使用の布製ホースを5本もくれたではないか。
 その知人は、何故か、100本近いホースを持っているんだよね。
 それも、未使用の物を。


 で、持っている理由や誰から手に入れたかを聞いても、
「それは言えん。」
と言って教えてくれない。

 また、
「このことを日記に書く。」
と言ったら、
「あかん。」
とも言ってた。


 でも、感謝の気持ちを表したくて、書いてしまった。
 ただ、名前とかイニシャルは書かないから、何処の誰だか分からないので良いでしょう。

 本当に助かるわ。
 これで、明渠排水(めいきよはいすい=排水溝)の土手にも防草シートを張る意欲が湧いて来た。
 本当に有り難うね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.12 PayPay(ペイペイ)のまとめ

2018/12/12 22:44
 一日中雨が降っていて、外での作業が出来ない。

 と言うことで、「PayPay」について、今日は、支払い方法とまとめを書いてみた。

 取り敢えずは、「PayPay」の紹介が出来たと思うのだが、どんなものでしょうか?
 分かり難かったら、ご免なさいね。


 と言うことで、最後もそれぞれのページに書きまとめたので、次のアドレス(URL)で読んでください。


 先ずは、「ヤフー専用支払い方法」のページです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-05.htm

 最後に、「まとめ」のページです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-06.htm

 そして、「PayPayの全体の紹介」フレームページです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.11 PayPay(ペイペイ)の実際

2018/12/11 23:53
 「PayPay」について、日曜日に書いたが、
・銀行口座登録を行ない、
・500円のボーナスをもらい、
・今日、実際にチャージ出来た、
ので、「PayPay」インストールから、実際の使用体験を書いてみることにした。


 と言うことで、いつものように別のページにしたので、次のアドレス(URL)で読んでください。

 まず、「口座の登録とチャージの成功」のページです。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-04.htm

 次は、「PayPay紹介フレームの全体」のページです。

http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-fra.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.10 プリンター値段の不思議

2018/12/10 23:16
 これは、エプソンのプリンターにもキャノンのプリンターにも共通する話題だけど。


 私、昔、
「少しでも安いプリンターを買いたい。」
ことが起きて、その時に買ったのが、
「エプソン社のPX-045A」
と言うプリンターだった。


 使用目的は、かみさんのパッチワーク&ソーイングの型紙コピーが、主目的である。
 このコピーは、パソコンに繋いで印刷するのではないので、パソコン連携は二の次だ。
 だから、パソコンとの接続はUSB接続だけしかないけど、Wi-Fi印刷機能の付いている物よりも2千円ほど安い物を買ったんだよね。


 なお、このプリンターは、
・発売開始日が、2012年(平成24年)で、
・印刷とコピー機能だけで、スキャナー機能は無く、
・インクは4色独立型で、
・Wi-Fi無線印刷は出来ない、
と言う、機能的には低い物だった。

 今のように、
・Wi-Fi印刷は当たり前、
・6色の細密綺麗印刷は当然、
・両面印刷も出来る、
などとプリンターが進化した今の時代では、とてもじゃないが高機能とは言えない、中の下のプリンターである。


 そのプリンターを買ったのは、
・行き付けの家電量販店で、
・購入代金は、たったの6,990円、
と言うものだった。
 たったの6,990円だよ。
 安かったよね。
 かみさんも満足しているし。


 ところが、現在、インターネット通販で売られている、同じプリンターの代金を確認すると、何とまあ、19,500円もするではないか。
 発売開始日が今から6年も前なので、メーカー(エプソン社)は製造販売終了だ。
 なので、何処かの販売店が持っている製品しか残っていないのだが、それが、19,500円もするので、理解不能だ。
 多分、持っている店も、機能が低いので売れなくて、持て余しているはずだ。
 それなのに、19,500円の値段を付けている意味が分からない。
 そんな、機能が低いのに高い物、誰が買うのかねえ?


 なお、私が買った時に、たったの6,990円だったのは、年末セールスの目玉商品だったからだろう。
 メーカーが、年賀状作成時期に合わせて、低コスト生産の薄利多売を狙ったキャンペーン価格製品だったんだろうね。


 実は、今も使っているキャノンのプリンターでも、同じことが起きている。
 と言うのも、キャノンが既に製造販売を終了しているプリンターも、
・買った時は、13,900円ほどだったのに、
・現在のインターネット通販では、24,500円もしている、
のである。


 このプリンターも、年末セールで安く買ったものだ。
 同じように、メーカーの薄利多売キャンペーンだったんだろうね。


 ところで、キャンペーンで安く買えたのは良かったけど、何か、引っ掛かるものが有る。
 と言うのも、
「薄利多売製品の品質は、信じて良いのだろうか?」
と言うことだ。
 果てさて???


 と言いながらも、また年末セールで、もう1台プリンターを買おうとしている私だ。
 懲りないねえ。
 病気です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.09 PayPay(ペイペイ)

2018/12/09 23:31
 今、テレビやインターネットでバンバンCMを流している電子決済アプリ(ソフト)「PayPay(ペイケイ)」を、スマートフォンにインストールした。

 インストールしただけでなく、実際に使えるように、銀行口座の登録も済ませた。
 なお、今日は日曜日なので、銀行は業務してないから、実際に使えるのは、明日(月曜日)以降になる。


 しかし、CMを見ていると、
・支払金額の20%バックは全員に、
・40回に1回の割合で、支払い金額の全額バック、
などの特典が有るそうな。

 そんなわけで、欲に駆られて明日を楽しみにしている私だ。


 なお、「PayPay」がどう言う物か、私なりに書いてみたので、参考にしてください。
 ただ、私もまだ使っていないので、間違いも有るかも知れないが、自己責任で読んでください。



 では、いつものように、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/paypay/paypay-181209.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.08 安定株の勧め

2018/12/08 22:22
 退職してから、月々の定期収入が無くなった。
 これは、とても辛い。
 年金は貰っているが、全額、かみさんに渡るので、自分のお金と言う感覚が皆無だ。

 だから、仕事が辛くても、我慢して働いた方が良い。
 勿論、過労死や職場でのいじめ、不適応からは逃げた方が良いけど、我慢出来る程度なら、我慢した方が良い。


 さて、そんな私にとって、とても有り難いのは、安定株からの配当金だ。
 今、中間配当の時期なので、中間配当金が送られて来ているのである。


 例を書くと、今、「関西電力」と、ガスや電気のお客様争奪合戦を行なっている「大阪ガス」の株を持っているのだが、
・株価は、12月7日の終値が1株2,102円で、
・株売買可能数量が100株単位なので、
・株を買おうとすると、21万円ほどは必要だが、
・12月の中間配当金は、1株に付き25円00銭なので、
・最小の100株だけしか持っていなくても、
 2,500円の配当金が貰える。
のである。


 人によっては、
「たったそれだけ?」
と言う人がいるかも知れないが、そんな人は、世の中を知らない人か、お金持ちで僅かなお金なんかに拘らない人だ。

 と言うのも、今は、超低金利時代で、
・仮に、20万円を普通預金に入れておいても、
・普通預金金利が、0.001%しかないので、
・貰える利息が、200円円しかない、
んだよ。
 それも一年間でだよ。


 それに対して、大阪ガスの配当金は、100株で、半年で2,500円、一年換算で5,000円貰えることになるんだから、大違いだよね。
 勿論、1000株持っていれば5万円に・・・・・。
 まあ、その為には、200万円ほど出資しなければならないんだけどね。

 でも、普通貯金だと、200万円でも利息はたったの2,000円だから、株の配当がどれだけ有利か分かるだろう。


 ただ、株は上がり下がりするもので、
・会社の業績が悪化したり経営失敗したりすると、
 株の値打ちは下がるし、
・場合によっては倒産して、株の値打ちが0円になり、全てを無くす。
ことも起きる。


 だから、配当金狙いなら、経営の安定した会社の株を買うこと。
 売り買いを繰り返し、利ザヤを狙うなら、勝負株を買うこと。
 だね。


 腹立たしいのは、
・所得税で15.315%、
・住民税で5.00%
・合計で20.315%、
もの税金を取られること。
 と言うことで、5,000円の配当金を貰っても、1,000円ちょっとの税金を取られるんだぜ。

 いくら、
「納税は国民の義務」
とは言ってもなあ。


 だから、有り得ない報酬を貰いながら、尚且つ、狡いことをしようとするカルロス・ゴーンの話を聞くと、むかっ腹が立つんだよね。
 頑張れ、検察!
 フランスに負けるなよ!


 この内容、以前、同じようなことを書いた気が、今、してきたけど、それならご免なさい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.07 凄い手押し車

2018/12/07 22:16
画像


 姉の要介護状況が、加齢と共に、徐々に悪くなりつつある。
 まあ、仕方が無いことだけどね。


 救いは、要介護認定を申請したら、「要介護1」の認定を受けられたこと。
 そのお陰で、介護用品を購入したりレンタルしたりした時に、介護保険から補助を受けられるので、助かるからね。


 で、早速レンタルしたのは、姉が室内を移動する時に支えになる「手押し車」である。
 何せ、姉が、ダイニング(食事部屋)や洗面所に歩く時、よろけたり転んだりすることが多くなって来たので、どうしても手押し車が欲しかったのである。


 さて、その手押し車を、介護事業会社に持って来てもらったのだが、その性能の凄さにビックリしている、私とかみさんだ。

 と言うのも、
・体重65kgほどの私が、試しに、ぶら下がってみても、
 前輪が全く浮かないので、
 姉が、どんな姿勢で寄り掛かっても、倒れることが無い。
・ちょっとスピードが出ると、自動ブレーキが掛かるなど、
 スピード制御が常に働いているので、
  ”速く進み過ぎて、手押し車が先に行き、
   姉が前のめりに倒れる”
 と言うことが、絶対に無い。
からである。
 素晴らしい性能だわ。
 正に、介護用品だわ。


 宣伝になるけど、この製品を作ったナブテスコと言う会社のことをウィキペディアで調べてみたら、
・航空機の飛行姿勢を制御する、
 フライト・コントロール・アクチュエーターでは世界有数、
・産業用ロボットの関節などに使用される精密減速機は、
 世界市場トップとなる約60%のシェア、
・新幹線等においてブレーキ装置で約50%のシェア、
・ドア開閉装置で約70%の国内市場シェア、
 建物用自動ドア開閉装置で約50%の国内市場シェア、
を持つ会社なのだそうな。
 こんな凄い手押し車が作れるのも納得だわさ。

 こう言う高性能な手押し車なので、姉の適応も早く、安定して室内を移動出来るようになった。
 そして、安定して歩けることが良い影響を与えているのか、生活面全体的に体調や適応力が戻って来たように思う。

 介護認定を受けられて、本当に良かった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.06 タイヤ交換

2018/12/07 00:01
 天気予報では、土日に雪が降るそうな。
 おいおい、早くない?


 と言うことで、取り敢えずは、毎日使う軽トラックのタイヤ交換をすることに。
 なお、乗用車のルーミーは、デイラーの総合メンテナンス特約にお金を払って入っているので、来週、デイラーにしてもらうことになっている。


 昔は、
・私の愛車ウィンダム、
・かみさんの軽自動車、
・娘の普通車、
・軽トラック、
の4台も、私一人でタイヤ交換してたんだから、良くやってたものだ。


 今は、油圧式フロアージャッキやインパクトドライバーを使って、素早くタイヤ交換出来るけど、その頃は、手回しジャッキと、L型レンチ、十字レンチだけでやってたので、時間と力が必要で大変だったのに、良くやってたものだ。
 まあ、若かったから出来たんだけどね。


 では、私のタイヤ交換の手順を紹介しますので、次のアドレス(URL)でどうぞ。
http://komox2.sakura.ne.jp/gakusyu/taiya-koukan/181206-taiyakoukan.htm
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2018.12.05 死の予知

2018/12/05 22:41
 かみさんの母親は、4男3女の7人兄弟姉妹だったそうな。
 昔は、兄弟姉妹が多くて、賑やかだったねえ。
 ちょっと羨ましいわ。


 その兄弟姉妹も、戦争に行って結核になり亡くなった人は早かったけど、それ以外の6人は、それなりに歳を重ねて来られたようだ。
 ただ、かみさんの母親は、病弱だったので、72歳亡くなられたが。
 優しい、良い人だったねええ。

 良い人ほど早く亡くなり、憎たらしい人は長生きをする。
 「憎まれっ子世に憚る」
だな。
 私は、長生き出来ないなあ。
 良い人だもの。(ガハハハハ)。


 ところで、今朝、6人居た伯父さん叔母さんの、かみさんの生まれ故郷に住んでおられた最後の1人が、亡くなられたそうな。
 かみさんの母親の、直ぐ下の妹である。

 前日まで普通にしておられたのに、急に体調が悪くなり、心拍停止になったが、一時回復し一晩持ったが、今朝になって駄目だったそうな。
 ご冥福をお祈り申し上げます。


 かみさんは、今日、ちょうど、生まれ故郷の町で開催されているパッチワーク&ソーイング教室に参加しており、帰り途中に寄って、お悔やみを述べて来たそうな。
 で、その時に聞いて来た話が、ちょっとヤバい。

 先日のこと、かみさんの兄貴の奥さんが、亡くなった叔母さんの家にハウス栽培トマトを持って行ってあげたのだが、その時、叔母さんは蔵に入っていて、出て来て話すには、
「この前に亡くなった末の妹が、死んだ時、
 良い着物を着せてもらっていたので、
 私も、死んだ時、着せてもらう着物を捜していた。」
とのこと。

 また、
「これは〇〇(かみさん)に、これは△△(かみさんの妹)に。」
と、形見分けが袋に入れて置いてあったそうな。

 まあ、87歳だったので、そう言う言動が有っても不思議じゃないんだけどね。


 親戚の誰かが亡くなる前に予知夢を見るかみさんだが、今回はあまりにも急だった所為か、予知夢を見なかったなあ。
 普通の人間になったのかな?
 それは、良いことか悪いことなのか、果てさて?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.04 門扉支柱の加工

2018/12/04 21:53
 11月29日の日記(ブログ)に書いたように、果樹園の入り口に設置していた門扉(もんぴ=ドア)を外すことにして、門扉は簡単に外せたが、門扉を支える支柱が抜けずに、悪戦苦闘した。

 何とか支柱を抜いたが、軽トラックで力任せに引っ張ったら、先端から30pのところで、曲がってしまった。
 これでは、再び打ち込むことが出来ない。

 すなわち、
・曲がった部分を真っ直ぐに伸ばすか、
・曲がった部分で切り取ってしまうか、
のどちらかにしないと、再利用出来ないではないか。


 そこで、
「この太さの支柱を真っ直ぐに伸ばすのは不可能」
と考えて、切り取ることにした。


 その顛末を纏めたので、次のアドレス(URL)で、読んでくださいね。
http://komox2.sakura.ne.jp/kaisyuu/sityu-nuki/181204-sityu-kakou.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.03 ネコ行方不明事件

2018/12/03 23:20
 私の集落に、動物をこよなく愛する女性が居る。

 息子さんが小学生の頃、理科の授業で受精卵を孵化させて生まれた鶏の雛を、息子さんが貰って来たら、鶏の母親のように親身になって上手に育てて、その女性が集落内を歩くと、まるで犬の散歩のように鶏が着いて歩くようになったほどだ。
 動物への愛が深いんだねえ。


 その女性の家に、他所からネコが来た。

 女性の娘さんが結婚し、他所に嫁いだのだが、赤ちゃんが生まれたところ、動物性アレルギーの恐れが有ると言うことで、飼いネコを、母屋に住む姑さんに預かってもらったそうな。

 ところが、そのネコが凄く凶暴なネコだったので、姑さんが、
「こんなネコは、とてもじゃないが預かれない。」
と拒否し、娘さんの親元である我が集落の家に、そのネコが来ることになったのである。


 ネコは、元来、警戒心が強く、変わった場所に置かれると不安で怯えまくるのだが、我が集落に来たネコも、
「借りて来たネコ」
の言葉が有るように、最初の三日間だけは、怯えて凄く大人しかったそうな。


 ところが、その家に慣れたら、すっかり凶暴な性格が戻って来て、集落内を徘徊し、手当たり次第に喧嘩を仕掛け、集落内のネコたちを、傷だらけにするようになったのである。
 だから、近所の人たちも、警戒しまくりだったんだよね。


 我が家はネコを飼っていないので被害は無いし、逆に、狩りが上手なネコなので、我が家の周りのモグラを狩りまくるので、かみさんが、
「モグラが居なくなって、嬉しい。」
と言うほどだ。
 ただ、我が家の畑で、ウンコをしまくるのは困るけどね。

 なお、私は、この猫とお友達で、私の呼び掛けなどには、良く反応してくれる仲である。


 さて、そのネコの飼い主の女性が、数日前から、
「トロ(ネコの名前)が、行方不明になった。」
と心配して、かみさんにも訴えていたそうな。

 私は、
「自分よりも強い者は居ないと思っているネコやから、
 アライグマやテンとかと喧嘩し、殺されたのでは?」
と心配したりしてたんだけどね。


 すると、
「W氏の持っている小屋の中でネコの泣き声がする。」
と言う情報が、小屋の近くに住む別の女性から有り、飼い主の女性が小屋に近付いて声を掛けたら、そのネコが狂ったように鳴きまくるのだそうな。
 飼い主の声に反応したんだね。
 因みに、W氏は、この日記にも時々登場するW氏である。


 そこで、W氏の家に行き、家の人に小屋を開けてもらうように頼みに行ったが、
「Wは出掛けているし、鍵も持って出ている。
 連絡も出来ない。」
とのことで、直ぐには開けてもらえない。

 仕方無く、飼い主の女性は、食べ物と水を持って来て、小屋の前で、W氏の帰りを待っていたそうな。
 それも、泣きながら。
 物凄い凶暴なネコだけど、その女性には懐いていて、ゴミ出しの時は、その女性と一緒に行き帰りをしていたほど、懐いていたからね。


 その後、W氏が帰宅し、やっとのことで小屋を開けてもらえ、数日振りにネコが救出されたそうな。
 良かったねえ。


 これに懲りて、徘徊や他のネコ攻撃は控えるように。
 って、聞くわけないか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.02 簡易水道の管理

2018/12/02 23:26
 私の集落は3つの谷に別れて家が並んでいるのだが、私の家が有る西の谷地区では、超簡易水道を運用している。

 この簡易水道は、
〇谷川から水を取り、
〇炭や石などを入れて、ゴミや砂を取り除く、
  3基の濾過槽(ろかそう)を経由し、
〇20立方メートル(20t)の貯水槽に水を貯め、
〇貯水槽の有る山の中から、下った各戸へと、
  大きな高低差で配水している。
ものである。


 調理や洗濯などは町の上水道で行なうが、この無料で使い放題の簡易水道は、夏の野菜への水遣りもふんだんに出来るし、色々な洗い物も出来るし、冬の融雪装置にも利用出来るし、こんなに有り難いことは無い。
 また、どんな水不足の夏でも、一度も水が枯れたことは無い、頼りになる簡易水道である。


 この簡易水道の掃除を、毎年、
・7月の最終日曜日、
・12月の第一日曜日、
の2回、行なっている。
 泥が溜まるからである。

 掃除の内容は、
・炭や石を取り出して、泥を洗い落とす、
・濾過槽に溜まった砂や泥を掻き出し、
 中を綺麗に洗う。
と言うものである。


 私、この水道組合の世話役を、長年務めているんだけど、世話役の仕事としては、
・日頃や、台風、大水の後の点検と補修、
・会計、
・組合員への掃除などの呼び掛け、
・掃除前後の準備や片付け、
など、色々と有るんだよね。


 特に、台風の後などは、取水口に土砂が詰まり、水の取り入れが出来なくなることが有るので、一人じゃ熊とかが怖いので、かみさんに同行してもらい、熊などを見張ってもらいながら作業しなきゃならないしね。

 また、今日の一斉掃除の時は、組合員各位に参加してもらうんだけど、みんなが作業をする前に、
・貯水槽に溜まった水を抜く作業をしたり、
・濾過槽に水が入らないようにしておいたり、
・掃除で泥が混じった水が、各戸に配水されないように、
 ポイントの切り替えをしておいたり、
など、みんなが掃除作業に集まる1時間前から準備に走り回り、掃除が終わったらポイントバルブを戻したり、の作業をしているのである。


 まあ、みんなの役に立っているので、それを納得材料に続けているんだし、終わった後の達成感も嬉しいしね。

 ただ、歳を取って来たので誰かに代わってほしいものだが、果てさて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.12.01 「オーパーツ 死を招く至宝」

2018/12/01 23:53
 前にも書いたが、数ある文学賞の中に、「このミステリーがすごい大賞」と言うものが有る。

 この文学賞は、
・「宝島社」が主催し、
・大賞作品には、1,200万円、
 優秀賞作品には、200万円、
・「賞をとれなくても作品にしたい」と言う「隠し玉」の宝島社賞、
が与えられる。
 受賞作品の中には、映画化された物も多い。

 その「このミステリーがすごい大賞」の、第16回(2017年)大賞を受賞した、
・蒼井 碧(あおい ぺき)著作、
・十三髑髏の謎、
を読んだ。


 なお、「蒼井碧」と言うペンネームだが、代表作の「十三髑髏の謎」などの短編集で「このミステリーが凄い大賞」を受賞した時は、「水無原崇也」のペンネームだった。

 また、短編集の単行本としての名前は、
「オーパーツ 死を招く至宝」
と言うものである。


 さて、その粗筋とネタバレを、いつものように別ページで紹介しますので、次のアドレス(URL)で読んでください。
http://komox2.sakura.ne.jp/nou-doku/dokusyo/ooparts/ooparts-181201.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018.11.30 舞鶴市「金剛院」

2018/11/30 22:58
画像


 かみさんが、
「以前行った、舞鶴市の「金剛院」に行きたい。」
と言っていたのだが、姉の不調や介護ケアプラン打ち合わせ、その他の用事などで、延び延びになっていた。


 で、ようやく時間を見付けて出掛けたのだが、
「多分、遅過ぎて、紅葉が終わっているのでは?」
と言いながらの訪問だった。


 因みに、この金剛院だが、
「鹿原山 滋恩寺 金剛院」
と言うところで、ここは、
・東舞鶴の東の端、福井県との県境に近い、
 国道27号線から300mほど入った所に有るお寺で、
・西暦829年(天長6年)に、
 第51代平城天皇の第三皇子「高岳親王」が建立した。
・西暦1082年(永保2年)に、
 第72代「白川天皇」が病気になった時、
 若狭から波切不動明王を迎えて本尊とし祈願したら、
 見事に治癒したので、
 荒れていたお寺を復興し、三重塔も建立し、
 滋恩寺の名前を与えた。
・安土桃山時代の武将で舞鶴の田辺城に住んでいた
 「細川幽斉」が、楓(かえで)を植樹し、庭も造るなど、
 歴代の田辺城主も手厚く庇護したと言う。
由緒正しきお寺である。

 結果、完全に紅葉が終わり、それどころか、葉っぱが殆ど落ちて、観光客も、本当にまばらだった。
 そう言えば、平成28年に来た時も、11月23日と遅かったので、紅葉が終わりかけていたのだから、11月の終わりとなれば遅過ぎるのは当たり前だ。


 まあ、良かったのは、観光客が殆ど居ないので、自由に歩いたり出来たこと。
 お陰で、誰の邪魔にもならず、誰に邪魔されることも無く、本殿への階段も数えることが出来て、105段と判明。
 ただし、一昨年の日記では、106段と書いている。
 どっちだ?


 なお、膝を痛めているかみさんは、階段を昇ることが出来ず、下でウロウロしていた。
 歳は取りたくないねえ。


 来年は、せめて、11月の中旬までに来なくっちゃね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

復活!そして終活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる