復活!そして終活

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.02.08 スノーブロワー(除雪機)購入

<<   作成日時 : 2018/02/08 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 私、写真のガソリンエンジン式の「スノーブロワー(除雪機)」を、かなり前に買ってたんだよね。
 因みに、この製品は、日本では製造されていなくて、「USAホンダ」が製造しているのを、国内の業者が輸入した物である。
 税込みで、172,800円の物だ。


 しかし、使う時が無かったので、公表してなかったんだよね。
 と言うのも、私の住んでいる地域は、山際に溶け残り雪は有るけれど、平地には全くと言うほど雪が無く、折角買った「スノーブロワー」を使う時が無かったのである。


 そんな中、娘の嫁ぎ先のガレージ(車庫)前が積雪で大変だと知り、まだ使ったことの無い「スノーブロワー」を軽トラに乗せて持って行き、雪掻きをしてあげたのである。

 この「スノーブロワー」は、「シングルステージ」方式と言って、回転する箇所が「オーガ(回転刃)」だけしかなく、その「回転刃」が、
・雪を掻き集め、
・集めた雪を、上に跳ね飛ばす、
と言う二役をこなす、シンプル(簡単・単純)な仕組みである。

 それに対して、「ダブルステージ」方式は、
・オーガ(回転刃)が雪を集め、
・別のファン(回転翼)が雪を上に飛ばす、
もので、回転する部品が2ヶ所有るんだよね。

 なお、後ろに車輪が着いているが、雪掻きをしない時の移動用で、エンジンの動力は「オーガ(回転刃)」を回転させるだけで、前後の移動は人力で押したり引いたりしなければならない。
 とは言っても、バランス良く作られているので、軽く動くから、女の人でも簡単に移動出来る。

 では、
「雪を掻く時に手で押してやらなきゃならないのか?」
だが、その必要は無い。
 と言うのも、「オーガ」が雪を捉える時に本体が前に引っ張られるので、勝手に前に進んで行くからである。


 この「スノーブロワー」の最大の利点は、アスファルトやコンクリート舗装の路面が完全に顔を出すほど、しっかりと雪を掻いてくれることである。
 これは、本当に素晴らしい。
 「シングルステージ」方式の利点である。


 でも、欠点もある。
 それは、路面が完全に顔を出すほどしっかりと地面をこするので、砂利の路面だと、砂利まで巻き込んで飛ばしてしまうので、この「シングルステージ」方式は、舗装された場所かそれに近い平らな地面の場所がお勧めなのである。


 嬉しかったのは、仕事を終えて嫁ぎ先に返った娘が、ガレージ前の雪が無くなり、楽に車をガレージに入れられたのに感激し、泣きながらお礼の電話をして来たこと。
 私が、
「どうしたん?
 何で泣いてるん?」
と聞いたら、娘は、
「あまりにも有り難くて。」
と泣きながら答えていた。

 報われた想いだね。
 雪掻きをしてやって良かった。


 明日は、「除雪機」の選び方を書いてみようと思う私だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.02.08 スノーブロワー(除雪機)購入 復活!そして終活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる